フェアリーテイル 489話 ユニバースワン

公開日: 

オーガストが怒った!!

ブランディッシュ
「おじいちゃ・・・」

スポンサードリンク

フェアリーテイル489

オーガストがブランディッシュの前に右手を出すとブランディッシュは意識を失う。

ルーシィ
「ブランディッシュ!!」

オーガストが目を見開く

ナツ
「ルーシィ!!」

ナツがルーシィをかばって飛び込む・・・

ドランバルト
「!!」

オーガスト
「溶けろ」

フェアリーテイル489

「あああああああぁぁぁ」

マカロフ
「何じゃあの光は・・・」

ウォーレン
「東の方からだ!!」

アルザック
「ナツ・・・ルーシィ・・・」

ビスカ
「ハッピー」

地下では・・・

カナ
「フェアリーグリッター!!」

フェアリーテイル489

メイビス
「うあああぁあぁあ」

カナ
「初代・・・!!初代!!」

メイビスのラクリマがヒビが入り・・・ついにラクリマが壊れる

フェアリーテイル489

メイビスの体を受け止めるカナ
「初代!!
無事なのかい!?
初代・・・!!」

メイビス
「筋肉が萎縮してますね 
うまく体が動かせません」

ホッとするカナ

スポンサードリンク

霊峰ゾニア。

アイリーン
「では始めましょうか」

フェアリーテイル489

ガードするアクノロギア、それは踏みしめた地面に足が食い込んでいく程の威力・・・

アクノロギア
「大気への付加(エンチャント)・・・」

続いて地面をもえぐっていく程の突風?でアクノロギアを吹き飛ばすアイリーン

着地するアクノロギア
「全てのものに魔法付加を与える者 高位付加術士(ハイエンチャンター)か ははっ」

アクノロギアが右手を上げる、するとアイリーンの立っている地面の下から攻撃が放たれる

後方に宙返りをしてかわすアイリーン
「ふぅ」

アクノロギア
「黒魔導士仕込みの “魔力” にしてはなかなかだ、面白い」

アイリーン
「それはどうもありがとう そなたは噂以上ですわ、陛下が怖れるのも無理はないわね

しかしフェアリーハートを手に入れた陛下ならどうかしらね」

アクノロギア
「黒魔導士が我を超える存在になると?」

アイリーン
「可能性はありますわ」

アクノロギア
「それまで人間共には手を出すなという話なら聞く気はない」

アイリーン
「あら・・・そなたも元は人間と聞いてますわ おかしな言い方をするのね けど・・・そなたの予想通りよ、邪魔してほしくないの
陛下はね、どこかゲーム感覚なのよ しっかりしてもらわないと 戦争を早く終わらせる為にね」

フェアリーテイル489

アイリーン
「そう・・・400年前にもそれ以前にも存在しなかった魔法 これは新時代の魔法なの」

アクノロギア
「大地・・・大地全体にエンチャントしたというのか」

アイリーン
「そうよ、フィオーレ王国全土にね」

アクノロギア
「うぬは・・・一体・・・」

アイリーン
「アイリーンと申します また会えるといいわね アクノロギア様」

光がフィオーレ全体に広がっていく・・・

涙を流すリリーもその光に気付く

フェアリーテイル489

エルザを背負っているグレイ達
「空が・・・」
「光?」

ディマリアは牢の中で歯をカチカチ・・・と鳴らしている

メイビス
「まぶしい・・・」

ゼレフ
「アイリーン・・・
君はあの魔法を使ったのかい? 

フェアリーテイル489

–489話ここまで

次回 フェアリーテイル 490話へつづく

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑