ブリーチ 678話 The Future Black

公開日: 

挫折、敗北、蹉跌、その全てを。

スポンサードリンク

一護
「・・・ “絶望” が何だって・・・? 
よく知ってるぜ・・・
今まで何度もしてきたし・・・今まで何度も・・・」

ブリーチ678

卍解 “天鎖斬月” !!」

ブリーチ678

しかし次の瞬間・・・?

刀の先が折れている・・・

一護
(天鎖斬月が 折れてる・・・!?)

ユーハバッハの方を見る一護

折られたその剣先を手から落として見せるユーハバッハ

一護
(何だ、何が起きてる!?折られたのか?いや、あいつの霊圧は感じなかった あいつはそこから動いてない筈だ!!)

ユーハバッハ
「そう怖い顔をするな一護 敬意を表したのだ、お前の力に
新たな “天鎖斬月” 、”恐るべき卍解” だ そう判断したから・・・
“未来で折っておいたのだ” 」

目を見開き、驚く一護。

ユーハバッハ
「何を言っているか解らぬか 
だが理解に時間を割く暇など無いぞ一護、”油断はせぬ” と言ったろう」

ブリーチ678

その角を一護に投げつけるユーハバッハ

刀で弾く一護

スポンサードリンク

しかしすでに一護の背後にいるユーハバッハ

吹き飛ばされる一護

続いて脇腹を斬られ吹き飛ぶ一護

畳みかけるユーハバッハ・・・

剣を振り下ろすユーハバッハ

ブリーチ678

一護
「井上!!」

しかし・・・斬られる一護・・・

織姫
「なんで・・・防いだのに・・・!」

ユーハバッハ
「・・・疑問は無かったのか? 
”ただ未来が視えるだけで” お前が足を踏み下ろす全ての場所に寸分違わず罠を仕掛けられる事に
既に頭を過っているだろう、それが正解だ ”未来は変えられる” お前はそう言ったな

ブリーチ678

さあ 絶望してくれるなよ 一護」

圧倒的実力差!!

–678話ここまで

次回 ブリーチ 679話へつづく

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑