ハイキュー!! 210話 スタート地点未到達

公開日: 

烏養
「春高まで1か月、バレーで唯一究極の “個人技” を磨いてもらおうと思う
 サーブだ
いつも言ってるが漫然と回数を “こなす” んじゃねえぞ 
常に試合の状態を意識してだ」

スポンサードリンク

一同
「ウス!」

皆サーブ練習に入る。

烏養
「じゃあすまん先生 ちょっとひとっ走り行ってくる」

武田
「山形でしたね」

烏養
「ああ、大学の先輩に用がある 
途中で邪魔んならん程度に白鳥沢に顔出してくる」

武田
「すみません」

烏養
「日向の説教は明日1回戻った時だな・・・
一応たっつん(滝ノ上)呼んである。
もう少ししたら来るはずだ」

武田
「ありがとうございます そう言えば烏養先生がいらっしゃるかもって話は・・・」

烏養
「ああ・・・あ~じじいな ちょっと前から体調崩してまた検査入院してんだ」

武田
「! そうですか・・・」

烏養
「いやいや大した事じゃねえから!
じゃ行ってくる!」

武田
「お願いします」

白鳥沢の体育館。

鷲匠
「・・・普段は予選で争う敵同士だろう だ
が少なくともここに居る間は敵じゃねえ
普段と違うという事はそれだけで貴重な刺激だ 
盗めるものは盗み、高めあえ 以上」

穴原
「えーっとまずは対人パス 
相手の名前覚えるところからな 
できるだけ実力差の有る同士で組むように」

ハイキュー210

月島と組んだ人
(うわーアイツ(日向)まじで余ってる 烏野のレギュラーなのに)

白鳥沢の控えの1年生・1
「お・・・俺ら白鳥沢の控えの1年ス 
烏野のボール拾いの人って聞いたんスけど・・・(うわ烏野の10番じゃん)」

日向
「ウス!」

白鳥沢の控えの1年生・2
「俺らも強化選抜のサポートなんで宜しく・・・」

日向
「しアス!!」

スポーツ飲料を作りにいく日向

白鳥沢の控え1年が百沢を見て話してる

白鳥沢の控えの1年生・1
「でっけえな~2m」

白鳥沢の控えの1年生・2
「2mもあったらどんな視界なんだろ」

白鳥沢の控えの1年生・1
「俺達とはスタート地点が違うわ~」

対人パスが終わり次の練習は・・・

穴原
「じゃあ次スパイクー」

日向
「!!」
(スパイク・・・!!)

スパイクと聞いて日向は思わず参加しようとする

鷲匠
「オイ、ボール拾いはそっちじゃねえよ」

日向
「すんません間違えましたっ!」

トスを上げる黄金川
(置くだけ・・・置くだけ・・・!)

ハイキュー210

黄金川
「トスどうだ!?」

月島
「・・・いいんじゃない」

黄金川
「もっとなんか言えよ!」

穴原
「伊達工・黄金川 技術は未熟ですが身長もまだまだ伸びてるみたいですしいいですね、大型セッター」

鷲匠
「ん」

ハイキュー210

その時、ボール拾いをしている白鳥沢の控え1年にスパイクのボールが当たり、ネットの方へと転がっていく・・・

1年
「あっ、やべっ」

ハイキュー210

1年
(ええ~・・・なんか俺らより怒られてる・・・)

少し離れた所で話している他校の監督達
「鷲匠先生はどうしてあの子帰さないんだろ?
練習入れないなら強制送還すりゃいいのに
小さい選手には基本興味無いんだよな?
もったいねえよな~烏野10番だぞ 
春高の予選見たろ?
俺だったらウイングスパイカーで育てるな~」

「白鳥沢、今年は烏野に春高持ってかれたからな 
ちょっとした仕返しだったりして」

「そんな大人気ないことするわけねえだろ!」

その会話が聞こえてるのか聞こえてないのか・・・
鷲匠は無言で練習を見つめている

そして練習が終わり、外は暗くなっている

黄金川
「ハラへったー!」

体育館から出ていく選手達

ハイキュー210

金田一
(あのチビ・・・中学ん時みたいな素人くささはもう無くなってる 
相当ボールに触ってやがんな・・・)

金田一、国見に
「・・・つーか “あいつ” ここに居ないって事はやっぱりアッチかよ」

東京都北区にある味の素ナショナルトレーニングセンター。

バレーボール専用体育館。

影山
(床が板じゃねえ!)

ハイキュー210

で、プレーを逐一確認できるんだって」

「すげー」

それを聞いてソワ・・・とする影山

ここで集合がかかる。

コーチ
「じゃあ監督、一言お願いします」

監督
「はいはい えーっとオジサン達の話聞き飽きてると思うんで手短に
“日本、高さとパワーの前に破れる”

ハイキュー210

あらゆる事は “備わっている” ものではなく、”発揮” されるものだ 
世界を相手に暴れてくれ
バレーボールはもっと面白いと証明しよう」

身長低めの人がいる事に気づいた影山

ハイキュー210

(日向・・・よりは多少デカいか・・・
リベロか?雑誌で見た・・・事も無ぇな多分)

スポンサードリンク

場面は戻って、1人練習する日向

サーブをスカす日向
(クッソ サーブトス難しい・・・!
そう言えばボール拾いだけって初めてだな 
他の部ではやらされたっけな・・・ 
ママさんも中学の女子も練習入れてもらったもんな)

色んなことを思い返す日向。

ハイキュー210

そこにやってくる月島
「チョット、さっさと帰る準備してよ
コッチは影山(おうさま)と違って公欠扱いじゃないって聞いたろ 
明日までは普通に学校あるんだから」

日向
「・・・月島サン・・・」

月島
「?」

日向
「ご・・・ご・・・ごめいわく」

遮る月島
「謝んのとかやめてくれる 
君の猪突猛進バカは今に始まったことじゃない
ろくにボール触れなくて悔しい?
自業自得だよね
 ”やっぱりやめます” って泣きついてみる?

ハイキュー210

月島は言いたい事言ってスッキリ。

走り出す日向
「ちくしょおぉおぉお」

教官室で話す穴原と鷲匠

穴原
「いやー烏野の日向、時間ギリギリまでボール触ってましたねー?まあ押しかけはびっくりしましたけども」

鷲匠
「無茶やる若僧は嫌いじゃねえよ」

穴原
「?」

鷲匠
「でも 例えばあの小僧がこの合宿中、なにか直向きな努力・根性を見せようとも
練習に加えるつもりは無えよ」

穴原
「・・・」

白鳥沢学生寮。

牛島の部屋に入る天童
「ヘーイ!今週のジャンプ返してー!」

牛島
「今まだ “ムダ毛スッキリスベスベ美肌” のところを読んでいる」

天童
「広告より先にマンガ読んでヨ!!

ハイキュー210

–210話ここまで

次回、ハイキュー!! 211話へつづく

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑