七つの大罪 179話 希望を求めて

公開日: 

メリオダス敗北から1か月。
ブリタニアは<十戒>の手に堕ち、全ての希望は砕かれた。

スポンサードリンク

反撃に転じるアーサー!!

七つの大罪179

魔神、倒れる。

アーサーは喜びでその場に仰向けに寝転がる
「や・・・やったーっ!!」

騎士達
「お・・・おおっ!やりましたなアーサー様!!」

「・・・しかし魔神族がこれほど強力とは」

「1、2匹倒すのにこれでは先が思いやられるのう」

七つの大罪179

騎士達
「アーサー王・・・!」

「ならばその光はアーサー様じゃの」

アーサー
「わ・・・私が?まさか!!私が光なんておこがましい!ななし殿がいなければ正直危なかった ななし殿ありがとう!!」

ななし
「・・・その化け猫がついている限りお前はしぬまい」

七つの大罪179

その時、空から青色の魔神族が数体やってくる

騎士
「アーサー王!!魔神の増援です!!」

アーサー
「う・・・うーん さすがに連戦は厳しいから・・・撤退ー!!」

魔神族の攻撃をかわしながら逃げるアーサー達

アーサー
「く~っ!!もっともっともっと強くならねば!!」

その時!!

七つの大罪179

驚くアーサー
「!! しゃ・・・喋った!?喋れたのかキャス!?」

ななし
(薄気味の悪い猫だ・・・)

アーサー
「い・・・1人称 “ポク” なの?」

ななし
(・・・そこじゃなかろう!)

七つの大罪179

人々が聖騎士を生贄にすべく追っている
「くそ・・・逃がした!!野郎・・・パッと消えたかと思えば別の所に現れやがる」

「今頃、白夢の森に逃げちまってるよ」
「追うか?」
「いや・・・」

「最近、森の中でとんでもねぇ化け物を見かけたって噂が後を絶たねぇからな・・・」

白夢の森の方へ逃げている聖騎士
「霧が濃くなってきたようだ ついてたみたいですねぇ・・・イヒヒッ・・・ついてる・・・か
自分で言ってて笑けてきますよ 今やどこへ逃げようと魔神どもで溢れかえってるというのにねぇ」

スポンサードリンク

その聖騎士は宿に泊まっている時、魔神と人々に襲われた

人々
「早く知らせよう・・・」
「聖騎士の魂を差し出せば俺達助かるんだ!!」

それを思い出して身震いする聖騎士
「七つの大罪に打ちのめされ、王国を追われた次は・・・魔神族のエサですか・・・豪勢な展開だ イヒッ・・・ヒ・・・」

その時・・・どんっ・・・という大きな音がする

聖騎士
「な・・・?足音・・・?ま・・・魔神?
あ・・・あ・・・ああああ 

七つの大罪179

目の前に現れた巨大な影におののく聖騎士
「(これが”し”・・・ ・・・意外とあっけないものですね イヒヒ・・・ヒ・・・)」

ベッドの上で目を覚ます聖騎士
「こ・・・こは?」


「おーい!!エール5杯追加!!」

声がしてビクッとする聖騎士

酒を飲んでいる人達
「乾杯ー!!」

「しっかし山ん中でここを見つけた時はおったまげたぜ!!」

「俺もてっきりあの世に来ちまったかと思ったもんな」

「不思議だねえ 3日前まではここにゃ何もなかったのに」

部屋から出てみる聖騎士
「酒場・・・?」

女の子がお酒を持ってくる
「お待ちどおさまー!!」


「よっ、待ってました!!」

聖騎士
「あ・・・あれは・・・」

七つの大罪179

–179話ここまで

次回 七つの大罪 180話へつづく

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑