七つの大罪 180話 さまよえる騎士

公開日: 

豚の帽子亭。
今日も元気に営業中!

スポンサードリンク

客たち、飲みながら
「そういや聞いたか? “さまよう銀の騎士” の噂・・・!!」

「ギンギラの鎧を着こんだ・・・最近出没するっていうユーレイ騎士だろ?」

七つの大罪180

ホーク
「エリザベスちゃん・・・すっかりたくましくなったな!」

ここでエリザベス、滑って転んでパイはお客の頭の上。

ホーク
「・・・」

客達
「俺達なら大丈夫!」
「そうそう、気にせずがんばれ!!」
(かわいいから許す)

エリザベス、笑顔で
「ハイッ!!頑張ります!!」

ホーク
「本当にたくましくなった・・・」

ホーク、聖騎士に気づいて
「よお!目が覚めたか?」

七つの大罪180

エリザベス
「すっかり良くなったみたいね」

ホーク
「だな」

生唾を呑む聖騎士
「(ということはあの男も・・・!!)」

ホーク
「コラ!!やらしい目でエリザベスちゃんを見てんじゃねえ!!
この新衣装はなァ、メリオダスのメリオダスによるメリオダスの(満足の)為に作ったもんなんだぜ!!」

聖騎士
(正体が割れる前に退散せねば まずは話をそらして・・・)
「いえ・・・その・・・
助けていただき感謝してます 
と・・・ところでこんな森で何を・・・?」

ホーク
「商売に決まってんだろが!」

エリザベス
「この豚の帽子亭は移動酒場なんです」

聖騎士
「酒場・・・こんな状況下でよくできますね」

ホーク
「どんな状況だろうとハラは減るし酒も飲みてえだろ?」

客達
「そーだそーだ豚さんの言う通りだ!!」
「魔神族の顔色をうかがって生きるなんて御免だぜ!」

「・・・と言って何ができるわけじゃあねえけどよ」
「俺達にとって酒場はまさに天国なわけさ」

聖騎士
「・・・」

帰る客達
「今度はオラ達の村にも来てくれよなー!」

見送るエリザベスとホーク

ホーク
「それまでしぬなよ豚野郎どもー!!」

聖騎士
「じゃ・・・じゃあ私もこの辺でおいとまさせていただ・・・」

ぐきゅるるん・・・

聖騎士の腹が鳴る。

優しいエリザベスは

七つの大罪180

聖騎士
「い・・・いただきます・・・ げろばっ!!」

吹き出す聖騎士

ホーク
「エリザベスちゃんはメリオダスとはまた違った意味でベタなまずさを作る天性の持ち主なんだぜ!!」

ガーンとしているエリザベス
「あの・・・無理せず残して下さい」

聖騎士
「い・・・いえ大丈夫 ”まずい” とわかれば食べられないことはない “まずさ” です」

机を舐めているホーク
「失礼だなてめえ
ところでよゴルギウス」

ホークの顔にスープを吹き出す聖騎士ゴルギウス

ホーク
「人の顔面に何すんじゃー!!」

ホークは素早く自分の顔を舐める。

ゴルギウス、距離をとる
「私に気付いていたのですか!?」

ホーク
「1度嗅いだ奴のニオイは忘れねえ フ・・・」

ゴルギウス
「知ってたらなぜ助けた!?
私はウィアード・ファングとしてあなた達と戦った敵ですよ!?

七つの大罪180

エリザベス
「メリオダス様だってきっと同じことをしたと思います」

剣に手をかけるゴルギウス
「フン・・・どうせ生きていたところで待っているのは別の結末(バッドエンド)・・・もはや我々にできることは何もない・・・!!」

七つの大罪180

剣から手を離すゴルギウス
「・・・フ まるで話になりません 私とあなた方では考えが全く違う・・・
・・・食事はまずかったが感謝します 
ではさようなら、あなた方とは2度と会うことはないでしょうね」

豚の帽子亭から出たゴルギウス
「やれやれ 暗闇で生きてきた私には眩しすぎますよ」

エリザベスはベッドの上で目を開かないメリオダスに話をしている

エリザベス
「さっきまでお店にゴルギウスさんがいたんですよ!
ひとりぼっちで辛そうでした・・・
他のお客さんもみんな不安で・・・けど必しに耐えてるんです 
・・・だからお願い目を開けて
みんなが待ってるの メリオダス様、あなたのことを・・・」

七つの大罪180

その頃ホークは床を舐めている

ホーク
「・・・よし 
舐め残しなーし!!
完璧な仕上がり!!
俺スゲェ ん?」

何かの匂いに気付いたホーク
「なんだこの鉄くせぇニオイは? !!」

匂いに続いて鎧の足音がする・・・

ホーク
「ま・・・まさかこれは客の連中が話をしていた・・・ 
あり?なんだろうこのデジャブは・・・」

入ってくる鎧の騎士
「ここが・・・豚の帽子亭・・・?」

ビビるホーク
「で・・・でたぁぁあぁ~っ!!
ユーレイ騎士だーっ!!」

七つの大罪180

エリザベス
「ホークちゃん!?大声を出して何かあったの!?お客さん?」

鎧騎士
「・・・おお、エリザベス様・・・立派に成長されましたね 
バイゼルでお見かけした時はまさかあなたとは思わず声をかけられなかった
最後にお会いしたのはもう10年以上前になりますからね・・・」

胄を脱ぐ鎧騎士

エリザベス
「そ・・・そんなあなたは・・・
聖騎士長ザラトラス様!!」

七つの大罪180

–180話ここまで

次回 七つの大罪 181話へつづく

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑