DAYS 156話 限界領域

公開日: 

2対1でリード中の聖蹟!
勝負を決める3点目なるか!!

スポンサードリンク

実況
「君下のスルーパスに反応した大柴がGKと1対1!!
聖蹟大チャンス!!」

大柴
「沈め敵役共。」

キーパー
「どっちだ。
右か?左か?」

デイズ156

デイズ156

観客
「GK残した、足に当てた!!」

大柴
「奇跡!!」

君下
「おい」

実況
「ラインを割る!!
そのままコーナーか!?
いや、まだだ・・・」

デイズ156

「水樹が追いつく!!
聖蹟チャンス!!
ゴールはガラ空きだ!!」

大柴
「よし、来い!!」

水樹
「うん」

実況
「水樹、中へ入れる!!」

デイズ156

大柴
「どこに上げてんだ下手くそ!!」

実況
「ボールは逆サイドへ流れる!!」

大柴
「キャプテン交代だ!!」

水樹
「ごめんね」

灰原
「世話がやけんなあ」

観客
「灰原だーー!!
また上がってきたーー!!」

デイズ156

だが新納もついてきてる!
止められるか!?

デイズ156

灰原
「凄えな、お前・・・」

灰原がパスした相手はつくし。

デイズ156

風間
「つくし、フリーだ!!」


「させん。」

デイズ156


「ファウルだ!!」

千手
「いや、ボールにいってる」

実況
「こぼれた!!一星クリアー!!」

つくし
(最後・・・この足を、伸ばすぐらいなら・・・)

デイズ156


「何!?」

つくし
(あとはお願い、風間くん・・・)

実況
「ゴール正面、フリー!!風間・・・」

風間
「任された。」
(狙うは左上!!)

ゴール左上に向かってシュートを打とうとした瞬間

デイズ156

実況
「一星止めたーー!!後
ろから相庭がスライディング!!」

聖蹟の選手
「風間は大丈夫か!?」

風間はひょいと体を起こす。

「怪我はない、平気だ!!」

スポンサードリンク

実況
「しかしこれは危険なファウル!!
完全に後ろからだ!!相庭にはイエロー!!
警告が出る!!
もう1枚もらったら退場!!
これは一星にとって痛い!!」

風間はつくしに声をかける
「大丈夫か、つくし?」

実況
「あー、そしてここで聖蹟は交代!!
17番が下がる!!(来須が入る)」

実況
「開始直後から全力で走り続け、何度もプレーに関与していたが・・・
後半10分、ついに限界・・・
ここで身を引く!!」

デイズ156

つくしと来須がタッチをする。

つくし
「・・・・お願い・・・来須くん」

来須
「おう」

デイズ156

デイズ156

つくしはスタンドに向かって礼をしてベンチへ。

聖蹟ベンチ
「ナイスファイ柄本!!」
「マジよかったぞ!!」
「フラフラじゃねぇか、座って休んでろ!!」

ベンチに座るつくし。

デイズ156

デイズ156

急にピッチの方が騒がしくなる。

観客
「仲間割れだ!!」


「何してるんだ相庭!!
お前の仕事は前線で張っていることだろう!!
仲間を信じられないのか!?
お前が退場したら全て水の泡だ!!」

相庭
「仲間?笑わせるな」


「な・・・何だと!?」

神村
「待て、ここで争ってもしかない。
相庭も頭を冷やせ」

デイズ156

大柴
「FKか、それも悪くない」

蹴る気満々の大柴を君下が後ろから蹴り飛ばす。

観客
「そうだ!!ゴール正面で、聖蹟のFKだ!!」

実況
「後半10分!!2対1。
聖蹟リードでフリーキックのスペシャリスト君下!!
聖蹟はこれを決めたら大きい!!」

キーパー
「壁、左にもう2歩!!」

観客
「一星が狙うのはこれを防いでのカウンターだな」

神村
「相庭、お前は前線で待ってろ!!必ず繋ぐ!!」

しかし相庭は・・・

デイズ156

観客
「相庭が・・・ゴールの中まで入って守備!?」


「バカが」

君下
「・・・・・・」

相庭
「さあ、どうする?」

このワンプレーが勝負の境界線!!

–156話ここまで

次回 DAYS 157話へつづく

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑