ハンターハンター 359話 出航

公開日: 

今、出立の刻!!

ボオオオオと第一層の船の汽笛が鳴り響く。
豪華客船レベルの大きである。

スポンサードリンク

B・W1号 出航!!!

ハンターハンター359

実況
『ご乗船の皆様!! B・Wは無事大海原へ旅立ちました!!
これから船は2ヶ月かけて暗黒大陸を目指します!!』

2層シアター会場
壇上の大型スクリーンにこれからの予定航路が表示されている

進行役の女性

2ハンターハンター359

ハンターハンター359

未開海域で怖いのは海より空です!!
激しい嵐や竜巻・雷雨等の厳しい気候変動に加え 様々な飛行生物が縄張り争いや生存競争を繰り広げており
空路は非常に危険で船体上部のドームも閉めざるを得ません!! 残念!
そしてそこからおよそ5週間!! 荒波に揺られますとォォ
いよいよ暗黒大陸に到着でーす!!』

会場から大きな拍手と歓声

ハンターハンター359

道中に小さな島があってそこに中継基地を作りノヴが物資と人材の流通を管理
暗黒大陸から中継基地までの輸送はトキャリーヌが担当するわ」

トキャリーヌ
(ぽっちゃりおかっぱ女)
「ただアシの能力はノヴほど便利じゃないからねー 瞬間移動でもないし搭載能力も低いよ
なる早であと2・3人輸送係を見つけて」
(う・・・カオちっさ 目でっか 体ほっそ となりハズ)

ゲル
「探索中だけどキビシイわ」
(う・・・カワイイ さわりたい・・・)

1層 ビヨンド拘束室。

ハンターハンター359

檻の中にあるベッドで退屈そうに本を読むビヨンド。
左手は手枷で拘束されている。

檻の前で監視しているカンザイ・サッチョウ・サイユウの3人。

カンザイ
「監視に3人も置く必要本当にあんのかよ?絶対人材のムダ使いだとおもうがなー」

サイユウ
「お前抜けろよ 無能(マイナス)がいなくなりゃその分プラスになるからな」

カンザイ
「ははは そっくりそのまま返すわ」

サッチョウ
(有事の為に1・2層にも十二支ん(メンバー)を複数置きたいのだろうが・・・
船上での脱走には何のメリットも無い ビヨンドの監視に3人は多いな)

サッチョウ
「ローテーションを決めて一人は国王軍のサポート任務が出来る様ミザイに進言してみよう」

どこかの客室。

狭い4人部屋に例のメガネ(特別渡航局の新人)の姿。
新世界紀行を読書中。たくさんの付箋が張られている。

ハンターハンター359

メガネ「お前らもこれから向かう迷宮都市の章くらい読めよ オレが死んだらお前らの誰かが首席管理次官だぞ?」

同僚A「んな訳ないじゃん」

同僚B「お前が死ぬとしたらオレら全員の後だから」

同僚C「ハンター教会が全面的にガードしてくれてるんだから問題ないよ 公式には含まれてないけど今の国際渡航許可庁の長官
も『唯一の生存者』の一人じゃん」

同僚A「お前はビヨンドの成果を裏付ける『生き証人』なんだ 絶対安全だよ」

メガネ「・・・・・・」

同僚B「長官にも言われたろ 鉄板の出世コースさ心配するな オレ達の事もよろしくな」

まったく危機感のない同僚たち。

3層中央医療室。

慌ただしく働くチードルとレオリオ

チードル「抗ヒスタミン錠200箱C棚上段 ジフェニドール錠150箱C棚下段ね」

レオリオ「ハイ!!ハイ!!」

チードル「ラベル貼って一列無くなり次第補充! スタッフに数の管理を徹底させて!」

ほかに何人ものスタッフの姿。

「急患!! 2番へ搬送!!」
「薬局に兵隊さん要請して!」
「駆け込み購入者が殺到してモメてるわ」
「ハーイ」

4層カキン国王軍会議室。

ミザイと軍関係者がブリーフィング中

3層中央裁判所。
ボトバイが裁判中(裁判官として)

1層男子トイレの個室。

険しい顔のクラピカ。
眼前には血を全て抜き取られてシオシオの状態のし体

ハンターハンター359

黒服「ウッディーだな」

「全身の血を抜かれてる 定時報告がないから様子を見に来たらこの状態だった」

「カギは掛かっていなかったが小便だけならオレもわざわざカギはしないな」

「死亡時刻は12時15分から30分までの15分間」

クラピカ
「侵入者の形跡は見つかっていないんだな?
ああ全く無い 残念だが容疑者はこのエリアの中の誰かだ」

クラピカ「そうとも限らない」

黒服「?」

ウッディーの死体を抱き、首筋に空いた穴を確認するクラピカ「・・・・・・」

クラピカ「服を脱がせるぞ」

ハンターハンター359

黒服「うおっ・・・」

クラピカ
「状況から見て念による攻撃と考えるのが妥当だろう
今後のために全員正直に答えてくれ
犯人は外部の念能力者である可能性が高い
この中に念を使える者がいたら名乗り出てくれ」

戸惑う黒服A
「ネン・・・?それは超能力なのか?」

黒服B
「使えるも何もそんな能力初耳だ 何か得体の知れない生物とかじゃなく!?」

クラピカ
(思ったよりも状況は悪いな・・・
ここで鎖を使うのもリスキーだし
王族側の護衛が白を切るのはまだわかるが ハンター達の態度が解せない・・・!
彼らが率先して協力姿勢を示せば王族側の対応も違ってくるだろうに・・・)

ひとまずウッディーの遺体を王立軍に引き渡す。

クラピカ
「もうすぐセレモニー会場から御二人をお迎えする時間だ
遺体は今すぐ軍に引き渡し これからは必ず複数人での行動を心掛けてくれ」

そこでクラピカの背後にハンター達がやってくる。
背中越しに声をかけるクラピカ。

クラピカ
「何故名乗り出なかった?
確かに協会にとって念は最大の守秘事項だが 今はそれを上回る非常事態だという事はわかるだろう
機敏に対応しないとこの先乗り切れないぞ」

ハンターA
「・・・逆にこちらが聞きたい 何故あの場面で念の事をもち出したんだ?」

クラピカ
「何だと?」

ハンターA
「我々の任務は王妃と王子のガードに限定されている」

ハンターB
「あれは完全にカキン軍の内紛だろう?」

クラピカ(? まさか・・・)

スポンサードリンク

ハンターA
「軍人の中に念能力者がいるなら我々が名乗り出るのは逆効果だ カキンの内輪もめにわざわざ首を突っ込むぞと宣言するようなものだ
こちらが任務に集中していれば巻き込む事はしないだろう」

クラピカ
(継承戦の事を・・・知らされてないのか・・・!!)
「君達は・・・カキンの公式サイトから応募したんじゃないのか?」

ハンター
「ん? もちろんサイトを通じてエントリーした」

クラピカ
「ならばその後王妃に会っただろう?」

ハンターB
「面会の項目だな 我々は免除されている
我々は君と違い渡航の発表直後にはカキンと接触していてエントリーはあくまで形式上のものだ
だから王族や軍の複雑な事情も君よりよく知っている! 王妃に気に入られている様だが少し自重してくれないか?」

クラピカ
(パリストン経由・・・継承戦の事は知らされていない・・・というよりパリストンさえ知らないと考えた方が自然だ
事情を知った上で募集に応じたのはオレ一人・・・!)

冷や汗のクラピカ。

1層セレモニー会場。

黒服
「オイト王妃御退室の御時間でございます」

護衛に囲まれ、退出していくオイトを見ているベンジャミン「・・・・・・」

VIPに囲まれ、にこやかに笑顔を振りまきながらも心中は継承戦のことで一杯の様子。

ベンジャミン
(結局出航セレモニーも全員参加・・・14人によるバトルロイヤルか
王と王立軍の監視があったとは言え・・・なめられたものだな
第一王子のオレ様を押しのけて王になろうなどという愚挙!!
極刑に値する!!!
もしも他の王子にころされたならば 幸運に思え!!
オレ様はただではころさぬ!!)

禍々しいオーラを発するベンジャミン

ハンターハンター359

12モモゼ、13マラヤームと次々に退席していく。

黒服
「カチョウ様 御退室の御時間です」

カチョウ
「ええ フーちん行こ」

黒服
「は・・・しかしながら一名ずつご退席いただきます決まりでして」

カチョウ
「いいじゃない 連絡通路から扉まで見送ってもらうだけよ」

フウゲツ「そうよ」

ハンターハンター359

フウゲツ
「カーちんあの・・・あたしね今回の継承戦・・・・・・」

フウゲツに耳打ちするカチョウ

カチョウ
(気安く呼ぶんじゃねーよバカが!! よく聞きな 二人で協力して他の王子(連中)仕留めるよ!!)

青ざめるフウゲツ

カチョウ
(上手く2人だけが残ったらあたしから王(パパ)にお前がしなずにすむ様頼んであげる 護衛に共闘するよう話つけとけ
わかったか!? 笑えよボケ!! カメラに映ってんだよ!!)

ぎこちなく笑うフウゲツ

カチョウ
「じゃーねフーちん? 約束よ!!!」

沈むセンリツ
(聞いちゃった・・・・・・コワ~)

カチョウ「RG財団のジジイ王(パパ)に言って席離してよ!! あたしの事すごいエロイ目で見てきてキモイ!!」

護衛「はい」

顔で護衛を選ぶという評判のカチョウ。
周囲を囲むのは選りすぐりのブサメン護衛たちだった。

護衛になおも怒鳴りつけるカチョウの横で、はっとした表情のセンリツ

センリツ
(このコ・・・自分を偽ってる・・・!?)

【再びクラピカ視点】

オイトを引き連れて戻ったクラピカ。
居室では4人の護衛が血を吸われて死んでいた。

ハンターハンター359

クラピカ
「一体何があったんだ!?」

使用人
「わかりません 私達はそれぞれ調理や開梱をしていました!!」

クラピカ
「最後に彼らを見たのは!?」

黒服
「15分前の定時報告だ!!
見たわけじゃないが異常なしと報告があった」

鎖を具現化するクラピカ
左手には拳銃

ハンターハンター359

クラピカ
「王妃 私の後ろへ」

ハンターに拳銃を突きつける

クラピカ
「お前たちはリビングへ行け」

両手をあげるハンターたち。

クラピカ
「これから私の知っている事を全て話す その上でいくつか質問する
嘘をつけば鎖が回る 回れば撃つ・・・!」

出航の汽笛はゲーム(ころし合い)開始の合図・・・!!

–359話ここまで

次回 ハンターハンター 360話へつづく

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑