ワンピース 830話 賭けられる男

公開日: 

数時間前・・・

海底でジンベエが魚人族に話している。

スポンサードリンク

ワンピース830

まだ若いが!!
この海の王になるのは・・・!!
現 “四皇” の誰でもない!!
麦わらのルフィじゃとわしは思うとる!!
わしゃああの男の力になりたい!!
麦わらの船に乗り、この命をルフィの為に使いたい!!
結果それは魚人族が真の自由を勝ち取る旅にもなるハズじゃ!!」

アラディン
「ルフィ君の話ならこの2年、お前からさんざん聞かされた・・・
そんなにホレ込んだ男ならむしろそうすりゃいいと思ってた」

ジンベエ、照れ
「! ホ・・・ホントか 
わしゃそんなに話したか」

アラディン
「ふふ 行ってこいよジンベエ!!」

ジンベエ
「・・・ええのか・・・!!」

魚人達
「誰が文句を言う資格があるってんだ船長!!」

「ネプチューン軍の兵士だったあんたが海賊になったのも、マリージョアから逃げ出した元奴隷のおれ達と共に戦う為!!」

「 “七武海” になったのもおれ達 “魚人族” の立場を向上させる為」
「・・・そしてこのビッグ・マム海賊団の傘下に入ったのも!!」

「おれ達の身の安全と・・・そして故郷 “リュウグウ王国” をビッグ・マムの名で守る為」
「船長はいつでも誰かの為に人生を選択してきた!!」

アラディン
「もう充分だ、ジンベエ」

魚人達
「そうだ、自由になってくれ!!ジンベエさん!!」
「これからは!!自分の為に生きて下さい!!」

呆気にとられているような顔のジンベエ
「・・・」

魚人達
「行ってこいジンベエ」
「そうだジンベエ船長!!」
「おれ達ならしっかりやってける、見くびるな!!」

頭を下げるジンベエ
「・・・みなすまん!!」

魚人達
「・・・しかし そうは決めてもビッグ・マムが船長を簡単に手放すとは・・・」

「おれ達にも怒りが飛び火してきたら逃げるしかねェな わはは!!」
「・・・だがアラディンさんはどうする?」

「プラリネ姐さんと結婚してビッグ・マムと血縁を結んじまったしなァ」

ワンピース830

そこにそのプラリネがやってくる
「おやおや!!みんなあたしのこと心配してくれてるの?シャシャシャ~」

ワンピース830

ギクッとする魚人達
「うお!!姐さん!!まさか今の話聞こえて・・・」

プラリネ
「何よ水臭い、あたしに隠し事!?」

魚人達
「ひっ」

プラリネ
「アラディン!!アンタまさかママが怒り出したらあたしを置き去りにしようと思ってたんじゃないよね!?」

慌てるアラディン
「いや勿論相談くらいは!!」

プラリネ
「相談なんてするまでもないっ!!
ママよりアンタを取るに決まってんじゃない~
もしもの時はあたしも連れてって~」

そう言ってアラディンを抱きしめるプラリネ

魚人達
「キャー。
熱い~」

ジンベエ
「すまんなワダツミ、連れてきて早々に」

ワダツミ
「いーらいーら みんなと一緒でおれ楽しいろ!!」

ジンベエ
「・・・しかしプラリネ やはりママは・・・わしを・・・わしらを許さんと思うか」

プラリネ
「・・・そうねー 前例はなくもないけど 傘下をやめたいって言った奴は全員しんだわねシャシャシャ!!」

場面はホールケーキアイランドの首都・スイートシティ

町の子供
「しんじゃイヤだよモスカート様~!!」


「どいていろ」

**
「早く運んで」

***
「はっ」

そして黒い幽霊のような奴にこう言うモンドール(鼻が長い男)

「いいなお前ら!! “1秒残らず” だ!!」

子供
「ねえ!!ジンベエ親分もころされちゃうの!?モンドール様~っ!!」

モンドール
「知るかよ!!ママを怒らせりゃあ実の息子でもこうなる!!それだけは確かだ!!」

ホールケーキ城で話すビッグ・マムとジンベエ

ビッグ・マム
「出てくんだねェ・・・ジンベエ・・・!!」

喋るケーキ達
「どうして親分!?」
「行かないで親分!!なぜ行くの!?」

そう言うケーキを掴んで食べるビッグ・マム
「黙れ!!

ワンピース830

・・・だが親子の盃を返されるのは親の恥だよ 
ジンベエ・・・おれはお前という一大戦力を失うのさ・・・!!」

ジンベエ
「ええまァ・・・」

ビッグ・マム
「 “まァ” じゃねェ お前も何か失えよ!!それが “落とし前” ってモンだ!!

ママママ・・・ ”ルーレット” 持って来い!!ハ~ハハハハ・・・さ~お前が “失うもの” !!な~んだ!?」

ワンピース830

夜になり、水あめの海に足を取られるサニー号

チョッパー
「甘え~!!」

ルフィ
「いいじゃねェか もうここで止まって寝よう」

ナミ
「イヤよ!!またアリが襲ってきたらどうすんの!?」

火で水あめを溶かしながらサニー号を引っ張って進む

ワンピース830

ブルック
「あのアリの大軍も眠らせただけですから!」

キャロット
「起きたらまた大変だね!」

ペドロ
「おれは昔、あの海アリ達に船を食われた」

ナミ
「こわ」

スポンサードリンク

ルフィ
「昔ってお前、何しにここへ来たんだ?」

キャロット
「ペドロは昔、ペコムズと一緒に海賊やってたんだよ!」

ルフィ
「え!?そうなのか!?」

ペドロ
「世間知らずでな、探検家のつもりだったが賞金首になってしまった ペコムズ達と一緒にいたのは途中までだ

ゆガラ達になら言えるが・・・ポーネグリフを探していたんだ・・・!!ネコマムシの旦那の役に立ちたくて・・・!!

・・・とうとうビッグ・マムのナワバリに足を踏み入れたのが最後の航海 おれはここで一度敗れている!!あまり話した事はないが」

一同
「!!」

キャロット
「そうだったんだ」

ブルック
「・・・」

ナミ
「イヤな思い出があるのにここへ!?」

ペドロ
「おれの経験がサンジ奪還に少しでも役立つのなら本望だ・・・それにおれが付いて来たのもムダとは言えないかもしれない・・・」

ルフィ
「?」

ペドロ
「 “くじらの樹” にて2人の王がゆガラ達にロードポーネグリフを見せただろう」

ルフィ
「うん」

ペドロ
「おれは驚いた・・・恩人とはいえ・・・光月家でもない者にアレを見せるのは実に26年ぶり・・・!!ゴール・D・ロジャーの海賊団に見せて以来の事だ」

驚く一同
「!? 海賊王」

ペドロ
「ロジャーはその後 “ラフテル” に行きつき “海賊王” と呼ばれた」

ルフィ
「・・・」

ペドロ
「イヌアラシ公爵とネコマムシの旦那はその姿をゆガラ達と重ねている ロードポーネグリフが “必要になる程の” 者達と見込んでいるのだ!!

カイドウとの戦いに勝てたら次はどうする!?」

ルフィ
「えー?!そんな先の事まで考えちゃ・・・」

ペドロ
「次はビッグ・マムの持つロードポーネグリフが必要になる!!」

ルフィ
「!!」

ペドロ
「ならばこれ程のチャンスはない!!ここまで懐に潜り込めたなら・・・!!サンジ奪還と共にビッグ・マムのロードポーネグリフを奪うべきだ!!」

ルフィ
「!! そりゃロビンにも頼まれたけど・・・」

ペドロ
「島に着いたらおれに少し時間をくれないか 今度は奪ってみせる!!」

ルフィ
「え!!おれ達の為なら一緒に行くよ!!」

ペドロ
「いや・・・サンジをしっかりと守ってくれ 取り戻した後も容易じゃないぞ」

ルフィ
「・・・そっか・・・!!じゃ頼むよ!!ししし」

ペドロ
「よし決まりだ!!」

ナミ
「そんな簡単に・・・」

キャロット
「あはは」

ずっと無言で聞いていたブルック
「・・・ルフィさんは・・・ “こういう” 星の下に生まれたんですかねーヨホホ・・・」

ルフィ
「ん?何だブルック」

ブルック
「いえいえ私もそうですし・・・」

ルフィ
「何だお前、変な奴だな」

ブルック
「ヨホホホ~」

その時・・・海アリの大軍が目を覚ます・・・

翌日・・・

ルフィ
「お~い!!みんな起きろ~!!着いたぞ~!!」

目を輝かせるキャロット
「わー!!」

ワンピース830

ペドロ
「あの1番高いホールケーキがビッグ・マムの住む城だ」

チョッパー
「城~っ!?」

ブルック
「ナミさん、このまままっすぐですか!?」

ナミ
「ええ!あの岬が唯一警備網が届かないって」

ルフィ
「あーっ!!海岸に誰かいるぞ~!?」

–830話ここまで

次回 ワンピース 831話へつづく

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑