ブリーチ 679話 THE END

公開日: 

にじり寄る絶望。

スポンサードリンク

ユーハバッハ
「 “全知全能(ジ・オールマイティ)” は “未来を視る” 力では無い ”未来を改変する” 力だ

ブリーチ679

私はこの眼に映る未来の全てに 干渉できるだけの事だ
一護よ お前は今迄幾度と無く絶望を乗り越え、未来を変えてきただろう 
何故それができたか解るか
そこに私が居なかったからだ
一護よ 未来を変えてみせろ
それがどれほど素晴らしい未来だろうと 私はそれを “視ている”
そして お前が変えたその未来さえ斬り刻んでみせよう
さあ、絶望してくれるなよ 一護」

一護
「ああああああああああ」

石田とハッシュヴァルト。

石田は追いつめられて立ち上がることもできない。

ハッシュヴァルト
「・・・私の聖文字は “B” ”世界調和(ザ・バランス)”
範囲世界に起こる不運を 幸運な者に分け与えることで世界の調和を保つ
そして 我が身に起こる “不運” は全て この “身代わりの盾(フロイントシルト)” で受ける事ができる
お前に勝ち目は無い、石田雨竜 お前から訊き出せる事も最早無いだろう
何も語らぬならそれも良い これまでだ」

石田
「・・・待て・・・! 
・・・君は・・・見たくはないのか・・・
僕の・・・聖文字を・・・」

ブリーチ679

ハッシュヴァルト
「・・・どういう意味だ」

石田
「僕の・・・聖文字・・・ “A” ”完全反立(アンチサーシス)” 」

ブリーチ679

「・・・な・・・何だこれは・・・!」

石田
「 “完全反立” 指定した2点の間に “既に起きた” 出来事を “逆転” させる事ができる 今回はシンプルに僕と君の “傷” を “逆転” させた」

ブリーチ679

ハッシュヴァルト
「・・・成程・・・素晴らしい力だ・・・陛下が・・・目をお掛けになるのも無理は無い・・・
起きた事を・・・逆転させる力なら・・・陛下の御力に刃向かえるのは・・・お前だけかも知れないのだからな・・・」

スポンサードリンク

石田
「・・・どういう意味だ・・・君の言っていた “全知全能” の真の力の事を言っているのか・・・!?」

ハッシュヴァルト
「・・・好きな様に取るがいい 私に言えるのは・・・お前をここで足止めしたのは正解だったという事だ・・・」

走り出す石田

ハッシュヴァルト
「・・・行かせると・・・思うか」

傷を負い、倒れる石田

ハッシュヴァルト
「お前の “完全反立” は素晴らしいが 私の “世界調和” とは “釣り合わない”
言った筈だ ”不運” は分け与えられる そして我が身の不運は “全て” この “身代わりの盾” で受ける事ができる
つまりはこういう事だ お前が私の体に傷を与えた “幸運” は、同量の “不運” としてお前に降り注ぎ
私の体に与えられた “不運” は、この “身代わりの盾” に移し取られ・・・

ブリーチ679

ハッシュヴァルト
「 “勝ち目は無い” と言った筈だ、石田雨竜」

石田はなんとか立ち上がろうともがく

ハッシュヴァルト
「・・・まだ諦めないのか ・・・お前は賢い男だ 私にも陛下にも敵わぬという事は理解できている筈だ
・・・ “お前の姿が見えない” と言ったが撤回する お前は、あの信じ難い程愚かな人間共と とても良く似ている」

剣を振り下ろすハッシュヴァルト

場面は一護達の所へ

ユーハバッハに一方的にやられる一護

一護の頭を掴むユーハバッハ
「もう諦めたのか、一護 お前らしくも無い」

一護
(俺の剣も通じねえ 井上の盾も通じねえ

ブリーチ679

ユーハバッハ
「・・・これまでか、つまらぬ ・・・いや愉しませて貰ったと言うべきか さあ、お前の最後の使命だ
お前に与えた我が力 返して貰うぞ」

ユーハバッハは一護の顔を鷲掴みにする。

–679話ここまで

次回 ブリーチ 680話へつづく

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑