ワンピース 831話 不思議な森の冒険

公開日: 

サニー号はホールケーキアイランド南西の海岸近くまで来ていた。

スポンサードリンク

ブルック
「行きますよ~!!」

ルフィ
「何度見てもわくわくすんなァ!!」

キャロット
「え~何コレ何コレ」

「チャンネル3!!」

ルフィ
「出たァー!!

ワンピース831

ブルックとペドロが乗っている

ペドロ
「潜水艇とは一体・・・!!」

ブルック
「ヨホホ 私もこの一味に入って初めて乗ったんですよ 大丈夫、私が運転しますから!!」

ペドロ
「すまないルフィ おれが勝手に行くと言いながらブルックの手を煩わせてしまう」

ブルック
「力になれるハズです!!潜入なら得意分野」

口から魂を出すブルック

キャロット
「キャー何か出た!!」

ブルック
「必ずやポーネグリフの写しをこの手に!!」

ルフィ
「おう!!頼むぞブルック、ペドロ!!サンジとプリンに合流したらこの辺りで待ってるよ!!」

ペドロ
「互いにくれぐれも気をつけよう・・・!!ペコムズのメッセージを忘れるな!!」

ワンピース831

ルフィ達は上陸!!

ルフィ
「よし上陸!!
着いたぞ、ビッグマムの島!!」

ルフィ
「冒険のにおいがする!!」

ナミ
「絶対イヤよ!!」

ルフィ
「おーいサンジー!!プリ~ン!!約束通り来たぞ~!!」

ナミ
「ちょっと遅れたけどね ホントに2人が見えたの!?ルフィ!!」

ルフィ
「いたよ!!間違いねェって!!マストの上から2人が見えた!!」

キャロット
「私達が見た時はもういなかったよね」

チョッパー
「お?ナミ!!地面食ってみろ!!かたい生クリームだ!!うま!!」

ナミ
「ホントだ!メレンゲね この島もお菓子だらけなのかしら」

チョッパー
「え~、住みてェ!!」

ワンピース831

ナミ
「南西の海岸はここで間違いないし・・・あんたはウソはつかないけど 居て居なくなる理由がわからないのよね」

ルフィ
「ん!?」

チョッパー
「あれ!?」

ワンピース831

サンジの方に走り出すキャロット

ルフィ
「おい!!サンジ~!!」

ナミ
「え!?どこ!?どうしたの!?」

ルフィ
「サンジがいたよ今!!あいつ何隠れてんだ!!」

ナミ
「ホント!?」

しかし・・・

キャロット
「あれ!?」

ルフィ
「え!?どこ行った!?見失ったー!!でもウマそう!!」

チョッパー
「おかしの森だー!!」

キャロット
「いい香り。」

ルフィ
「おーい!!サンジ~!!出て来~い!!」

ナミ
「3人共見たんなら間違いないわね!!でも何でいなくなるの!?・・・何かバツが悪いのかな・・・!!」

ルフィ
「手分けして捜すぞ!!おれこっち行くケーキのある方」

チョッパー
「おれまっすぐ!!何か甘いキャラメルの匂いがする方」

キャロット
「じゃ私こっちね!!見てキレー ジェリービーンズ!!」

ナミ
「ちょっと待てーっ!!二次災害の予感っ!!」

ルフィ
「何だよ!!今見失ったんだからカンで追いかけるしかねェだろ!!」

ナミ
「典型的な迷子の思考に加えてあんた達何か別の欲求につき動かされてない!?
わかったわよ!!一緒に捜すから3人とも私のそばを離れない事、いい!?」

皆一緒にサンジを捜し始める

チョッパー
「この花お菓子だぞ!!」

キャロット
「うそー」

ナミ
「目移りしないの!!」

ルフィ
「よく見たら色んな所が食いもんだな!!」

ナミ
「それがおかしいとは思わないの!?ここは敵地よ!?ある程度捜してサンジ君達見つからなかったらすぐ引き返すわよ」

3人
「え?!?」

チョッパー
「甘っ!!わーこの緑の川メロンジュースだ!!」

ルフィ
「ホントかァ!?」

キャロット
「この橋もよく見たらドーナツ!!」

ナミ
「ちょっと!!いい加減に・・・」

その時・・・橋の下で巨大なワニが口を広げている・・・

チョッパー
「え!?」

ルフィ
「橋を渡れ!!」

ワンピース831

喋るワニ
「なんだ 人間か・・・」

ナミ
「・・・え?」

ワニは去っていく・・・

ルフィ
「じゃ何だと思って食いついたんだ!!」

突っ込むナミ
「そこじゃない!!ワニが服着て帽子被って喋ったのよ!?この森やっぱり危ないし変だよ!!」

ルフィ
「・・・そんな事いちいち驚いてたらお前・・・」

ナミ
「いや!!そうなんだけど・・・!!やっぱりプリンを信じて海岸で待つべきよ!!見て、すでに帰り道が危うい!!」

ルフィ
「ただの橋だ、川をジャンプすればいつでも帰れる」

キャロット
「あれ?」

チョッパー
「ん?」

スポンサードリンク

首を左右に降るキャロット
「あれ?あれ?」

そこにはもう1人ルフィが・・・

ワンピース831

 ”誰だお前” っておれはルフィだよ!!マネすんじゃねェっ!!」

ナミ
「何!?どうなってんの!?どっちがルフィ!?全く同じ動きで同じ事喋ってる!!」

チョッパー
「・・・いや!!ちょっと違う!!鏡に映った “鏡像” みたいに キズもアクセサリーも全部反転してる!!

“向こう側” の奴はおれ達の知らないルフィだ!!」

ナミ
「ホントに鏡があるみたい!!一体誰なの あんた誰!?」

ルフィ
「答えろよ!!お前!!」

その時、キャロットがサンジを見つける
「あ!!いた!!サンジがいたよっ!!あそこ!!木の上!!」

ワンピース831

おーいサン・・・!!」

サンジの方に行こうとしたが、もう1人の自分にぶつかって倒れるルフィ

ルフィ
「どけお前~っ!!」

チョッパー
「あっ!!また逃げた!!サンジー!!」

腕を振りかぶるルフィ
「こんにゃろ どけェ~!!」

もう1人のルフィも同じ動きをするので拳同士がぶつかり合う

ルフィ
「くそォ!!お前ら先に行け!!サンジを追え!!」

チョッパー
「わ!!わかった!!」

ナミ
「バラバラになんないで!!チョッパー、キャロット!!やっぱりおかしいってこの森!!またきっと何か起きる」

ルフィ
「ゴムゴムのォ~・・・ガトリング~!!・・・誰なんだお前ェ~っ!!」

サンジを追った3人は悲鳴を上げている・・・

ワンピース831

でっかい人
「好きで埋まってんだよね~」

チョッパー
「えー!?バカなのかコイツ!!心配して損した!!」

でっかい人
「ジュース飲みたい」

チョッパー
「知らねェよ!!」

ナミ
「チョッパーダメよ、まともに取り合っちゃ!!こっちがおかしくなっちゃう!!」

でっかい人
「待て待て己ら・・・ ウヌはアップルジュースが大好きよね 左に行くとアッップルジュースの滝あるよね ウヌあれ大好き~」

でっかい人を通り過ぎていく3人

ナミ
「ムシムシ!!サンジ君を捜すのよ!!・・・これ夢じゃないかしら」

でっかい人
「捜し人だな己ら・・・!!ここを通ったぞ アップルジュースをくれたら教えてやるよね」

その時・・・鶴?に乗った兎が斬り掛かってくる

気付いたキャロットがかわす
「危ないナミ!!」

斬られた木
「ぎゃあー!!」

ナミ
「え!?え!?」

話し合う3人

ナミ
「木もワニも喋る・・・今のウサギ私達をころす気だわ!!すぐルフィの所へ!!まだ帰り道はわかる!!」

チョッパー
「でもサンジは!?」

ナミ
「・・・もう本物かどうかもわかんない 本当にサンジ君なら私達がこんな目に合うのを黙って見てる!?」

その時、ログポースの針がクルクルと回り出し・・・木に掛かっている時計の針も回り出す

ナミ
「え!?方角が!!時間が!!何から何まで変よこの森!!」

ワンピース831

–831話ここまで

次回 ワンピース 832話へつづく

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑