DAYS 158話 進化の途中

公開日:  最終更新日:2016/07/06

実況
「聖蹟失点!!
2対2!!
再び追いつかれてしまった!!
後半24分、試合は振り出しに!!
交代枠を使い切っている聖蹟に打つ手はあるのか!?」

スポンサードリンク

実況
「ついに一星聖蹟に追いつく!!
2対2同点!!
起点となったのはやはり相庭未蘭!!
個人技から新納のゴールをお膳立て!!」

相庭、仲間から手荒い祝福を受けている。

バシバシ叩かれながら
「わははナイスだ。」
「ワンマークごときで沈黙しやがって!!」
「何が仲間じゃねえだ!!」
「やればできるじゃねーか!!」

相庭
「だーーっ!!
うるせー!!
痛てーんだよ!!!」

新納「あはははは」

奥が相庭に拳を突き出して
「勝つぞ、この試合。」

相庭
「・・・・!!
たりめーだろが。」

皆に笑顔が戻って来た。

円陣組んで
「こっから逆転すんぞ!!
一星気合入れろ!!」

観客
「これで一星はノリ出すぞ。」
「ああ、流れが来てる!!」
「逆に聖蹟は・・・」

水樹が右手をグッパグッパしている。

今帰仁と新戸部「・・・・」

実況
「一瞬の隙を突かれた聖蹟ディフェンス陣!!
動揺が広がる!!」

臼井が今帰仁と新戸部の肩を叩く
「ドンマイ忘れよう!!
すぐ切り替えだ!!」

今帰仁
「臼井先輩・・・・!!」

臼井
「相庭が捨て駒になるパターンもある。
今後は注意しよう。」

今帰仁と新戸部「ハイ!!」

風間
(残り20分弱か・・・
PK戦は避けてえな・・・・)

新納が風間の所に寄ってきて
「これで2対1。
はっはっはー。」

去っていく新納。

灰原がバケツに水を汲んできた。
「よし!!」

風間
「いや、水ぶっかけなくて大丈夫っす。
俺冷静っす。」

大柴
「ぐぬー、相庭めー。」

灰原、大柴の頭から水をぶっかける。

「なんだよ!!」

「シバ、落ち着け!!」

デイズ158

実況
「聖蹟のキックオフでリスタート!!
聖蹟再び勝ち越せるか!!」

水樹
「大柴!!
さっきのあの”ボタン”みたいな必殺技の名前なんだっけ?」

大柴
「あ?
ボタン?」

実況
「選手権注目の2回戦!!
残り18分!!
気力と気力の勝負になって来た!!」

君下、相庭を見て
(昔と違うのはそっちも同じか。
選抜の時はパスなんてなかった。)

観客
「聖蹟は風間をボランチに下げてバランスをとるのか。」
「あいつはオールマイティだからな。」
「けどそれだとフォワードが1枚減る。」
「攻め手がないな。」
「でもいるんだよ、聖蹟には。
ここぞって時にどうにかする奴が。」

君下が左サイドの水樹にバス

しかしこれは君下のパスが遅く、一星にクリアーされる。

珍しく君下のイージーミスか!?

君下、手の甲に発疹?

デイズ158

デイズ158

スタンド。

タクと亜土夢が観に来た。

亜土夢
「びっくりですよタクさん。
急に聖蹟の試合を観たいだなんて。

デイズ158

・・・
水樹だよ。」

スポンサードリンク

「水樹?
あー、確かに全国ではまだノーゴールでしたっけ?
なんか変なモノ食ったんじゃないすか。
それよりおれは相庭未蘭の方が親近感ありますね~。
名前的に。」

タク
「例えば・・・
軽トラにF1のエンジンを乗せたらどうなるか・・・
興味がわかないか?」

亜土夢
「なんすかそれ?
車の話?」

速瀬がスローイン!!

出すところがなく困っていると

水樹が下がって、そこに出す!!

大柴
「来い!!」

しかし大柴にはマークがついている。

大柴
「うおいコラァ!!」

水樹は大柴に出す。

大柴
「分かって来たじゃねえか!」

しかし水樹は一旦大柴に渡したボールを大柴の足ごと蹴って強引に奪う!!

デイズ158

風間
「スイッチ!!」

水樹がボタンだと思っていたのはスイッチのことだった。

水樹
「それだ。」

速い!
ディフェンスが捕まえられない!!

神村がやっと追いつき、足を出して来るが、その足ごと蹴ってシュート!!

デイズ158

度肝を抜かれた観客たち。

「水樹、ディフェンスの足ごともってったー!!」
「とんでもない破壊力!!」
「しかしシュートはバーの上!!
ゴールには繋がらず!!」

相庭「・・・」

タク
「人の成長というのは、決して緩やかな登り坂ではない。
不断の努力が作り出す階段なんだ。」

亜土夢
「水樹がその階段を登ったと?」

タク
「身体だけはな。
水樹の身体は今、急激なスピードで成長している。
けどその成長に精神の部分が追い付いていない。
バランスが崩れているんだ。」

聖蹟コーナーキック。

蹴るのは君下!!

水樹が君下の近くで
「君下、くれ。」

君下は水樹に!

ショートコーナー!!

灰原
「あ!!」

相庭だ!!
相庭がマークに行く!!

観客
「水樹対相庭!!」
「これは見ものだ!!」
「どっちが上なんだ!?」

デイズ158

相庭
「スイッチだと?
味方の足ごと刈る奴があるか。
人の技パクりやがって。」

臼井
(水樹・・・
そいつは要注意だ。)

タク
「だがそろそろ精神の方が追い付いてきてもいい頃だ。」

亜土夢
「それって・・・」

水樹、何かボソボソ言っている
「--・・・・・
今日勝って・・・」

相庭、イラッ「あ?」

デイズ158

タク
「名付けた奴を褒めるべきだな。
”怪物”と。」

デイズ158

–158話ここまで

次回 DAYS 159話へつづく

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑