ハイキュー!! 213話 ボール拾いLv.1

公開日: 

宮城県1年選抜強化合宿、二日目の練習が終わって・・・

3年が先に上がっていく

「ありがとうございました!」
「したー!!」

スポンサードリンク

天童
「じゃあね工 また来るヨ~」

五色
「ハイッ」

ハイキュー213

鷲匠
「呼ばれてねえ奴に飯も寝床も無えからな」

日向
「・・・あっ ハイ!!」

天童が小声で牛島に
「寝床はあるよね!?
普通の合宿より人数少ないしどうせ雑魚寝じゃん?
どう見ても場所とらないでしょあのおチビ!」

牛島
「・・・日向翔陽は無いチャンスを創りに来た 
それが上手くいったのかはさておき、”選ばれない” という事が奴の現状で それは今後もあり得る事だ」

天童
「・・・ナルホドね~」

日向
「ボトル洗った!モップ手伝う!」

赤倉
「早!サンキュー!」

日向
「なあ ボール拾いの時、何考えてる?」

寒河江
「? 何って・・・ “取り零したら監督にドヤされる” かな」

赤倉
「確かにそれで拾えてるとこある」

生唾を飲む日向
「それがカッコイイ球拾いのコツか・・・!?」

赤倉
「カッコイイ球拾いって何だ」

ハイキュー213

黄金川
「なあ!自主練付き合ってくれよ!ちょっとだけ!」

月島と国見
「エンリョします」

金田一
「お前聞く相手が悪いよ 俺やるけど?」

黄金川
「金田一ッ・・・!」

長松
「俺ブロック跳んでイイっすか!」

金田一
「おう」

日向
「自主練っスか?

ハイキュー213

金田一
「お、おう」
(打たねえのかよ・・・)

日向
「お前はやんねえの!?」

五色
「! 何で俺が」

日向
「お前のキレッキレストレート見せてくれ・・・!」

五色
「!!」

日向
「ブロックでストレート警戒してても止めらんねえのなー!
こうスパーン!て あれどうやんだよ!?」

五色
(ひ・・・久しく無かったこの感じ・・・!
冷たい先輩や読めない先輩に囲まれて忘れていたこの・・・
ちやほや感・・・!!)
「ス・・・ストレートだけでいいのかよ」

日向
「クロスも!!」

金田一
(アイツ意外とチョロいな・・・?)

ボール拾いにつく日向
(まずは位置 長松のブロックがあるから少しはコースが絞れる
とにかく触る ボールの落下点に どれだけ速く入れるか

ハイキュー213

日向
(タイミングへたくそか!!
・・・ “ジャンプ” するのが目的じゃない 身体をフラットに)

そこから数球・・・タイミングはまだ合わせれない

日向
(遅い 遅い 全然遅い)

スポンサードリンク

次はレフトの五色にトスが上がる

よく見る日向
(五色!キレキレストレートくる? 
いやコレ多分・・・クロスだ)

ハイキュー213

今ストレートにはブロックが居て 
で!トスが少し短かった!
いつものアンテナスレスレキレキレには打てない!)

五色
「トス、アンテナまで伸ばしてくれた方が打ち分けしやすいんだけど」

黄金川
「ラジャ!」

日向
「(トスからコースがわかる事もあるぞ・・・!)」

その後もボール拾いを続ける日向

自主練終えて、1人帰る日向

ぐーーぎゅるぎゅる

腹が鳴る日向
(家までガマンか 
昨日はガマンできなくてハンバーガー食っちゃったんだよな・・・
強豪校のメシってどんなだろ?
月島はちゃんと食ったのかな 
アイツ先輩居ないとすぐ残すからな
・・・家までバス・電車1時間とチャリンコ30分か・・・ 
コーチはいつも “すぐ帰って飯食え” って言うよな)」

烏養の言葉
「壊れた筋肉を飯食って修復する そうやって筋肉がつく そうやって強くなる」

日向
(おれの筋肉は今まさに回復したがっている・・・!!」
(いつもなら家に直行してすぐ飯があったからちゃんと考えた事なかった
今、何を食えばいい?)」

日向は烏養に電話をかける

烏養
「あいよどうした」

日向
「コーチ、おれは何を食べればいいですか?」

烏養
「あ? あぁー・・・」
(なんとなく状況わかった・・・)

日向
「すんません コーチに聞いてもいいデスカ・・・」

烏養
「わはは!
俺に聞かずに誰に聞くんだ!
まずはアミノ酸入りスポーツドリンク・・・は飲んでるか
それとタンパク質、今はコンビニでも買えるプロテインがある 
と同時に必要なのが糖質、バナナや100%オレンジジュースなんかだな」

メモをとる日向

烏養
「・・・で」

ハイキュー213

日向
(新しい歯ブラシセット・・・
お前の出番はまだ先のようだ 
もうちょい待ってろよ)

走って家路につく日向

合宿3日目。

スパイク練習が始まる

日向
「じゃあおれコッチ守ります!!」

寒河江
「お、おう! ボール拾いに気合い入りすぎじゃね?」

五色
「昨日の夜も延々拾ってたぞ」

寒河江
「マジかよ!」

ボール拾いの位置についた日向

それを見た国見
「・・・あいつ

ハイキュー213

赤倉は慣れた様子でボール拾いをしている

それを見た日向
(取るだけじゃなく次の動作をスムーズに)

ライトの百沢にトスが上がる

日向
(これはスパイク・レシーブ おれはコートの一角を任されたレシーバーだ)

ハイキュー213

ハイキュー213

ボールを寒河江へスムーズに渡す。

親指をグッと立てる寒河江

日向、嬉しそう。

しかし次の瞬間

ハイキュー213

月島
「バーカ」

金田一
「す、すまんと思ってる」

鷲匠
「ちゃんと見ろつってんだろ」

日向、激痛に耐えながら
「ン゛ニ゛ュウッ ア゛イ゛ッ!!」

–213話ここまで

次回、ハイキュー!! 214話へつづく

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑