監獄学園-プリズンスクール- 222話 オール・ユー・ニード・イズ・シール

公開日: 

ケイトによる万里たちの救済案。
その目的とは?

スポンサードリンク

ケイト
「このシールでおっぱい隠せばまだ戦えるわね!
ちょうど4枚あるし・・・芽衣子と万里の分」

万里
「な!?」

ガクト
「なるほど・・・確かにあのシールがあれば・・」

シンゴ
「今の詰み状態から抜け出せる!」

杏子
「どういう事?」

ガクト
「あのクマさんシールをオッパイに貼る事で現状の手が使えない状態から・・・
自由に手が動かせ・・・再び戦えるという事でゴザル!」

ジョー
「なるほど!それを会長と副会長が・・ゲホッ」

シンゴ
「戦いのために貼るべきだな!」

ガクト
「しかしあの誇り高き会長殿がそれを受け入れるかどうか・・・」

ケイトの意図を計りかねて思案する万里。

ケイト
「でも・・・タダではあげないわよ。

監獄学園222

理事長たち。

理事長、銃を有力者さんに突きつけている。
(理事長の背後には依然として熊)
「さぁ・・・何をしている!
さっさと下着を下ろし・・・
尻の穴をこっちに見せ・・・ろ!」

有力者さん
「ぐっ・・・断る!
尻の穴に武器なんか隠すわけがないだろうが!!」

理事長
「ならば・・・
私も後ろを振り向かん。
何がクマだ。馬鹿馬鹿しい」

有力者さん
「後ろ向くだけだろこの馬鹿者!
このままじゃ全員しぬぞ!!」

理事長
「全員だと!?やはり貴様さっ傷能力のある武器を・・・」

騎馬戦。

監獄学園222

ケイト
「そう!みんなに見えるようにちゃんと背筋を伸ばしてね」


「ふざけんな・・・
ウチの会長がそんな事するか!!
バカじゃねーの」

ケイト
「バカ?何なのその言い草は・・・
こっちは好意で言ってあげているのよ?
別にもうここで勝負を終わらせてもいいの!
万里!
花ちゃんの代わりに謝ってよ」


「な・・何で会長が・・・」

監獄学園222

万里
「ま・・待って!!謝るわ!」


「会長!!」

万里
「花が・・・
暴言を吐いてしまった事を謝ります・・・ごめんなさい・・・」

ケイト、ニコッ
「・・・OK!じゃあ許してあげる」


「会長ゴメン・・・
私が・・余計な事言って・・・」

万里
「いいの・・
ケイトの要求はめちゃくちゃだけどあのシールがあれば確かに助かる・・・
この先どうするかは私に任せてほしい・・・」


「会長・・それって・・オッパイを・・」

芽衣子
「万里・・・さん・・・」

ケイト
「納得したみたいね。さっ!万里早くオッパイ見せてよ!!」

万里
「花の暴言は謝罪したけど、私がオッパイを見せるとは言ってないわ・・・」

ケイト
「ふーん・・・まぁ・・・
あなたはともかく芽衣子はこのシール欲しいんじゃないかと思ったけど・・・
残り3枚・・・誰か一人は片方しか隠せないわね・・・
うーん・・それじゃあ」

ケイト
「シール破っていくからその間に、見せるかどうか早く決めてね」

スポンサードリンク

理事長たち。

有力者さん、ついにパンツを脱いで尻を理事長の方に向けている。
腰の上には猫。
「ぐぅ・・・どうだ・・・
これで・・・満足か!?
さぁ!早く後ろ向くんだ・・
そうすれば何故俺がここまでしているのかわかる!!」

理事長
「ハニー今だ!スマホでこの変質者の写真を撮るん・・・・だ!!」

ハニーはスマホを用意する。

有力者さん
「え!?オ・・オイ、バカな真似はやめろ!」

理事長
「動くな!
尻の穴に鉛球をぶち込む・・・ぞ!
この写真は私達の保険・・・・
今後貴様ら組織が私に手を出せばこの写真を・・・」

監獄学園222

監獄学園222

騎馬戦。

ケイト、シールをゆっくり破っていく
「ガッカリだわ・・・もう半分いったけど」

万里
「?」

ケイト
「2枚目ももう半分破けてるのに・・・
待ってるだけなのね・・芽衣子」

芽衣子
「!?」

ケイト
「自分が犠牲になるとか何か・・
言いだすかと思ったんだけどな・・・
万里が何とかしてくれるのを待つだけ・・・
与えてもらうのを待つだけの鳥の雛みたいねぇ・・・」

芽衣子
「わ・・わた・・・
わたし・・あの・・」

ケイト
「黙って待ってれば通り過ぎる嵐だと思ってるの?
昔と同じね・・・
卑怯なのよ。あなたは何も変わっていない」

芽衣子
「わた・・し・・が・・

監獄学園222

それで・・シールを・・くだ・・さい・・」

ケイト
「何て事・・・
あの芽衣子がそんな事を言うなんて・・!!
感動的だわ!
自己犠牲で友人を救おうとする物語ね!
なんて素敵なの・・!?
・・・・
でも」

監獄学園222

だって・・・芽衣子あなたわかって言ってるでしょう。
絶対に万里はあなたにそんな事させないって・・・
最後には万里が助けてくれる・・・
だから安心して危ないふりをすることができる。
本当はする気無いくせに」

芽衣子
「ち・・ちがいます・・私・・そんな事。
本当にオッパイを・・・」

ケイト
「じゃあ出してみなさいよ」

芽衣子
「ふぇ・・・?」

ケイト
「ホラ・・早く。万里!
このブタがたるんだオッパイ晒すって!
手をどけてあげて!」

芽衣子
「ふぁ・・・わわ・・私・・大丈夫です」

万里
「・・・・」

監獄学園222

本っ当吐き気がするわ!
芽衣子の卑怯っぷりには・・
万里がそんな事しないって私でもわかるのにあなたがわからないハズないじゃない?」

芽衣子
「ぶぇ・・・ぶぇ・・・
わわ・・万里さんわたし・・・」

万里
「芽衣子・・・大丈夫よ。
ケイトの言葉に耳を貸さないで」

監獄学園222

芽衣子
「ふぇ!?」

ケイト
「これで残り2枚。芽衣子のせいで完全に一人分になっちゃった・・ねぇ・・どうするの?」

–222話ここまで

次回 監獄学園 223話へつづく

○感想

ケイトの鬼っぷりが恐ろしい。

凄みすら感じます

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑