ニセコイ 226話 ケツベツ

公開日: 

それが、紡ぎ出された解答ー

スポンサードリンク

小咲はついに楽に想いを伝えた。

楽は涙を流す。


「オレも好きだよ 小野寺
ずっとずっと好きだったんだ 
中学の頃から
ずっと・・・小野寺の事が好きだった・・・」

小咲
「・・・うん ありがとう
さっき・・・分かった 嬉しいよ 凄く・・・本当に・・・
・・・でも 今はもう違うんだよね?」


「・・・うん・・・」

小咲
「一条君の中にはもう 別の誰かがいるんだよね・・・?」


「・・・うん・・・」

小咲
「・・・そっか・・・」

鍵を渡す小咲
「これ持ってって」


「!」

小咲
「私・・・思い出したんだ 一条君の約束した女の子が誰なのか
でも きっともうコレを持ってるのはふさわしくないと思うから・・・
中に何が入ってるのかまでは私は思い出せなかったけど 
どうするかは一条君に任せるよ
さあ行って きっと待ってるよ」


「・・・あぁ 行ってくる」

頂上の方を向き、歩き出す落。

ニセコイ226

楽は走り出す

楽が走って行った先をずっと見ている小咲の所にるりと集がやってくる

るり
「あーいたいた ようやく見つけたわ小咲~!
あれ?あんた1人なの?
一条君は?
千棘ちゃんは見つかったの?」

小咲は背を向けたまま。

るり
「・・・? 小咲・・・?」

小咲
「・・・一条君なら 千棘ちゃんに会いに行ってるよ」

るり
「・・・あんた・・・」

小咲
「・・・不思議だね 
思ったより・・・悲しくないんだ・・・
もっといっぱい泣いちゃうかと思ってたのに 
自分でもよく分からないの 
自分の気持ちが・・・」

振り返る小咲

ニセコイ226

るり
「・・・バカね ヒドイ顔よ・・・」

小咲を抱きしめるるり
「バカ・・・ホントに バカなんだから・・・」

また涙が流れる小咲
「・・・うん・・・ごめんね・・・」

スポンサードリンク

頂上へ向かう楽はペンダントを取り出す

ニセコイ226

”どうするのかは一条君に任せるよ”

鍵を使って開けてみる。

ニセコイ226


「・・・指環と・・・これは・・・手紙・・・?」

思い出した楽
「そうか・・・小野寺がオレの・・・
(これが オレがずっと探し求めていた物の答え 
そして自分で手放してしまった物・・・)
「やっぱり指環だったんだな、絵本になぞらえて 
こっちのはなんだろう・・・」

楽は手紙を開く
「・・・大きくなったこさきへ 
あーなるほど、大きくなって再会した時のお互いに向けて手紙を書いたのか 
オレなんて書いたんだろ

“大きくなったこさきへ” ”お元気ですか ぼくは多分元気です” プッ

“大きくなってけっこんしたらいっぱい好きな動物をかおうな 
ゆびわも本物の物を買ってあげます
けっこんしたらこさきの料理を毎日食べたいです”

 ハハッ・・・我ながらかわいい内容だなおい
小野寺の方は何て書いてあるんだろ ええと・・・」

“大きくなったらくくんへ
大人になったらくくんはきっととっても背が高くなってるんだろうね
早く大きくなって会いたいです 
会ってたくさんお話がしたいです
きっとまた会えると信じてます
とっても時間がたってると思うけど きっと私はずっとらくくんのことが好きだと思います
らくくんはいまもわたしのことすきですか?”

楽手紙を胸に抱え込み、、うずくまってしまう
「・・・ぐっ・・・」
(後悔はしない ずっと想い続けて来た事 それがすれ違ってしまった事も 後悔だけはしないと決めた
オレはずっと 小野寺のそばにいるのが幸せだった

ニセコイ226

でもあの日 思っちまったんだ オレ
あの日 あいつの事を好きだと気付いた日・・・
口うるさくてわがままで 何考えてんのかわけわかんなくて ケンカばっかですぐ殴る
とてもいつも幸せでなんていられねぇけど

ニセコイ226

こいつとなら オレが想像もしなかった世界に
1人だけじゃたどり着けないような世界にも
2人でなら行けるような気がする だから・・・)

楽は再び歩き出す
(・・・これであっさりフラれたらダサイことこの上ないんだけど・・・
とにかく・・・オレはもう決めた あとは・・・)

楽は千棘の姿を見て立ち止まる。

ニセコイ226

–226話ここまで

次回 ニセコイ 227話へつづく

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑