ブリーチ 683話 The Dark Side of Two World Ends

公開日: 

沈む瀞霊廷!!

スポンサードリンク

ユーハバッハ
「瀕しだな一護、見るに耐えん 
何故、井上織姫に傷を治させてから来なかった?
奴自身も瀕しだったからか?
それとも治してから追ったのでは間に合わぬと思ったか?
お前が来たところで変えられるものなど何一つ無いと言うのに」

蛇尾丸を向ける恋次

ユーハバッハ
「お前もだ 阿散井恋次!」

恋次
「卍解

ブリーチ683

しかしその左腕はいとも簡単に斬り落とされる・・・

恋次
「ぐ・・・クソ・・・ッ」

ユーハバッハ
「まだ理解できんか 卍解など役には立たん 全ての卍解は未来に於いて既に砕かれている
私に立ち向かうお前達は お前達自身が理解できるよう 私のこの手で砕くがな!」

そこに斬り掛かっていく藍染

かわすユーハバッハ
「藍染!お前が阿散井恋次を庇うか!面白い!共通の敵を前に団結するのはお前の忌み嫌う敗者の習性だろう!」

ブリーチ683

地中から龍が出てきて足場がバラバラに崩れる

その足場を移動してユーハバッハに突っ込んでいく藍染

スポンサードリンク

ユーハバッハ
「そして気付いているか藍染惣右介

お前の鏡花水月も “既に折れているぞ” !」

藍染の剣にもヒビが入っている

左手で吹き飛ばされる藍染

ユーハバッハ
「・・・無駄だ それも視えているぞ、一護」

ブリーチ683

素手で剣を止めるユーハバッハ
「・・・残念だったな 戦況を見て瞬時に藍染惣右介との共闘に転じた事は上出来だ
だが鏡花水月も我が力には及ばぬ 
初撃で我が力に吹き飛ばされたのが阿散井恋次 次に私に腕を?がれたのは貴様だ、一護
全て 視えている」

砕ける一護の剣

ユーハバッハ
「終わりだ、一護」

ブリーチ683

吐血する一護

ユーハバッハ
「・・・さらばだ一護 お前の抵抗は心地良かった せめてソウルソサエティと共に滅べ」

口を開いた一護
「・・・そうか」

しかしそれは・・・

藍染
「黒崎一護に視えているか」

次の瞬間、ユーハバッハを後ろから貫く一本の剣

ブリーチ683

–683話ここまで

次回 ブリーチ 684話へつづく

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑