ワンピース 834話 おれの夢

公開日: 

囚われのサンジ・・・

両腕につけられたリング。
(この島から出ようとすると、両腕が吹き飛ぶ!)

スポンサードリンク

ジャッジ
「結婚はして貰うぞ!!」

力づくで外そうとするサンジ
「フザけんな!!外せ!!」

レイジュ
「ダメよ、無理に取ろうとしちゃ!」

ワンピース834

レイジュ
「カギ以外に外す術はない、当然でしょ?」

外に出たサンジ。

一人じっと両手を見つめる

手に包帯を巻いてもらっているサンジ

「こんなに傷つけて」

ゼフ
「お前の手は!!ケンカをする為についてんのか!?」

頭にたんこぶのサンジ
「イテー!!」

頭を掻きむしって叫ぶサンジ
「クッソォ~!!」

首都 “スイートシティ” 付近

街人達、各々新聞を読みながら
「ジンベエ親分が裏切ったって!?」
「昨日ママとの間にそんな事が・・・!!」
「ジンベエ親分、ママの癇癪を止めてくれた所までカッコよかったのに ママに “ここを出て行きたい” と啖呵切った後・・・!!
“落とし前” にビビって!!願いを取り下げたんだと!!」
「ウソだろ!?ダセェ!!」
「ワハハハみっともねェ!!」
「 “海侠のジンベエ” とは名ばかりか 見損なった!!」
「裏切り者だった上に “フヌケ野郎” か!!」

街に潜入しているブルックとペドロもその新聞を目にする

ブルック
(ジンベエさん・・・!!ビッグ・マムの傘下でしたか・・・それで魚人島はビッグ・マムに守られて・・・)

ペドロ
「元 “王下七武海” だな このクラスが “傘下” とは・・・!!
ブルック、この男を知ってるのか!?」

ブルック
「・・・ええ 我々にとってはとても大切な人物・・・!!」

ブルックはジンベエの言葉
“人の道に仁義を通し・・・スッキリと身軽になった時、もう一度誘ってくれんか・・・麦わらの一味に!!”
を思い返す

ブルック
(そういう事だったんですね・・・!!・・・しかしこの記事、ジンベエさんらしくないですね・・・!!もう我々の所に来てくれないんですか?)

ペドロ
「おい!!ブルック!!」

窓を指差すペドロ

その中ではプリンがドレス選びをさせられている

プリン
「お願い!!ちょっとだけ用事があって!」

タマゴ男爵
「今はドレス選び以上に大切な用事はありません!聞きわけてシルブプレ プリン様!」

ワンピース834

小声で話すブルックとペドロ

ブルック
「え~っ!?ちょっとプリンさん!!コレ一体どういう事!?」

ペドロ
「取り巻きに捕まって身動きが取れなかった様だな」

ブルック
「てっきり今頃ルフィさん達と合流している頃かと!!」

ペドロ
「この分だとサンジには我々が来ている事すら伝わっていまい・・・!!」

ブルック
「ルフィさんが海岸に見た影って何だったんでしょ!!」

ペドロ
「さァ何かの見間違いだった事に ・・・!!あいつは・・・タマゴ男爵・・・!!」


「タマゴ男爵、お話が」

建物から出てくるタマゴ男爵


「昨日 “ショコラタウン” に停泊した麦わらの船ですが」

ブルックとペドロ
(!? バレてる~っ!!)


「出航時、すでにペコムズ氏の姿は確認できなかったと・・・」

2人
(筒抜け~!!)


「・・・そして本日・・・!! “誘惑の森” に迷い込んだ麦わらの4人!!・・・もう逃げ場はありません、捕えたも同然!!」

3人の手配書とキャロットの似顔絵の紙を取り出す兵


「・・・しかしあと2名の行方が知れず」

ギクーッとする2人

ブルックの手配書とヒョウのミンクと書かれた似顔絵の紙を取り出す兵
「こいつらです」

2人
(我々だーっ!!)

ペドロ
「筒抜けにも程がある!!始めから全てバレてた!!」

ブルック
「一体どこに監視の目が!?」

タマゴ男爵
「そのミンク族はヒョウじゃないでソワール ジャガーのミンク、名はペドロ!!」


「ご存知で?」

タマゴ男爵
「昔ちょっとな・・・」

ペドロ
「・・・」

タマゴ男爵
「そいつならば行動に心当たりがあるフィーユ・・・とにかくお前達、ペコムズを捜せ!!」


「了解」

タマゴ男爵
「せっかく生きていたのだボン 長くコンビを組んでいたよしみで一緒にママに許しを乞うてやろうと思っていたのに 世話のやける男でマロン・・・」

2人
(えらい事になって来た~!!)

ホールケーキアイランド北東の海岸・・・

赤ん坊
「オギャーホギャー」

ベッジ
「おう黙れジュニア!!」

赤ん坊
「フギャー」

ベッジ
「静かにィ~ちろよ~」

ワンピース834

海岸の先端には鎖で巻かれているペコムズ
「・・・見てられねェな・・・ガオ!!」

ベッジ
「眩しいだろ? “生まれてきた命” ・・・お前は “消えゆく命” 
まるで絵画だ・・・お前はそういう道を選んだのさ 
ペコムズ・・・チャンスは与えたぞ」

ペコムズ
「チャンスとは思えなかったぜ ガオ!!」

ベッジ
「 “ゾウ” の一件もそうだったが・・・人情なんかクソの役にも立たねェ 向いてねェのさ・・・お前はこの世界に
この海岸は誰かを消すのにうってつけの場所だ 何の証拠も残らねェからな」

海には獰猛そうなサメが泳ぎ回っている

ペコムズ
「・・・」

銃を向けるベッジ
「言い残す言葉は?」

ペコムズ
「・・・」

泣き出す赤ん坊
「オギャーホギャー」

ペコムズ
「てめェママをナメすぎなんだよ!!」

赤ん坊
「ホギャー!!」

引き金をひくベッジ

海に落ちていくペコムズ

スポンサードリンク

ホールケーキ城・・・女王の間

ビッグ・マム
「資金提供は充分にしてたよね シーザー・クラウン・・・!!」

シーザー
「・・・は はは・・・ははい!!勿論研究はずっと続けていました!!」

ビッグ・マム
「おれの夢は・・・!!
世界中のあらゆる人種が “家族” となり “同じ目線” で食卓を囲む事・・・!!
・・・それを叶えてくれるのはお前さシーザー!!おれの家族を巨大化させて欲しいんだ!!科学の力で!!
お前毎度言ってたよねェ!!もう少しで完成しそうだからもう少し研究費を上乗せしてくれって!!
おれは嬉しくてずいぶん金を積んだ!!
成果はどうだった?」

シーザー
「ええ・・・そりゃもうお陰様で」
( “人体の巨大化” ・・・!!
実験ならやってたさ そんな技術、世界中が欲しがってるからな!!
・・・だがおれの実験はガキを巨大に育てる実験!!
命の保証なし
このババーの言う魔法の様に人を巨大化する薬なんてどう考えたって不可能な技術・・・!!
だからおれは金だけ積ませて
夜な夜な “ガールズシップ” を島に呼び、金は酒と女につぎ込んじまったよ!!シュロロロロ!!
あの頃は幸せだったぜ!!
ジョーカーの陰に隠れてやりたい放題!!
だがまさかジョーカーが破れ、こんな転落人生を歩もうとは!!)

ビッグ・マム
「何の顔芸だい?」

シーザー
「ウエア~!!
いやァそれもこれもどれも!!
あの麦わらのルフィのせいなんだ!!
ビッグ・マム!!
あんたの為に寝る間も惜しんで続けた研究!!
もう少しで日の目を見ようという所へ!!
麦わらとトラファルガー・ローが現れた!!
あいつらさえ来なきゃ!!
“巨人薬” はとうに完成していたんだ!!
この天才にかかればっ!!
惜しむらくは・・・
世界政府が高度な技術で作り上げた研究所・・・!!
あの完全なる環境あってこその研究成果・・・!!
あんたの投じた莫大な資金!!そしてあの研究所!!
これがない今・・・もうおれにはあの “巨人薬” を作る事ァでぎねェ!!」

そう言って涙を流して見せるシーザー

ビッグ・マム
「研究所なら “パンクハザード” と同じやつを作っといた」

シーザー
「え!?」

ビッグ・マム
「設計図は昔入手してね 
ウチのキャンディ大臣は飴細工で何でも作っちまうのさ
大丈夫、溶けやしない鉄を含ませ加工してある 研究の為なら金はいくらでも使っていい」

シーザー
「えェ~っ!?」

ビッグ・マム
「で?いつできる?1週間?2週間?ハ~ハハハハ・・・ママママ楽しみだね~」

研究所に向かったシーザー
(バカ言ってんじゃねェよ!!人類が何百年研究しても!!・・・それはできなかったんだよ!!)

研究所にはキャンディ大臣・シャーロット家長男のペロスペロー(ペロペロの実のキャンディ人間)

「ペロリンペロリン♪お気に召したかねシーザー君 くくくく・・・

ワンピース834

面白いね、コレは」

心臓を握られるシーザー
「ウギ!!」

ペロスペロー
「貴様が “巨人薬” の製造にかけていい時間は2週間!!それ以上かかった場合、お前をキャンディマンにしてナメちゃうぜ♪くくくく・・・」

シーザー
(2週間後にはころされる!!何とかせねば!!)

場面は誘惑の森

走り回っているルフィ
「ゼェ・・・ゼェ・・・何十回目だ お前の顔見んの!!・・・また見つけてきた」

ルフィはサンジとプリンを捕まえてきている

埋まった巨人
「いるなーいっぱい」

そしてそこには動物のように鳴く沢山のサンジやナミ達・・・

ワンピース834

–834話ここまで

次回 ワンピース 835話へつづく

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑