七つの大罪 186話 リオネス防衛戦

公開日: 

エスタロッサの方へ飛んでいくゼルドリス
「まずい・・・兄者ーっ!!
兄者ーっ!!」

スポンサードリンク

ゼルドリスはエスタロッサが飛ばされるのを止めようとするも止まらない!!

ゼルドリス
「くっ・・・」

エスタロッサ
「エスカ・・・ノォオオオオール!!」

二人一緒にふっ飛ばされてしまい、爆発!

エスカノール
「どれ・・・
王都(リオネス)に戻ろう・・・

七つの大罪186

モンスピート達はその光景を見ていた

モンスピート
「人間の中にもとんでもない化け物がいたものだねえ・・・エ
スタロッサとゼルドリスの魔力が一瞬で遠方の彼方に消えてしまったよ
どうするデリエリ?我々も遊びに行ってみる?」

デリエリ
「ケツから言って スジが通らねえ」

モンスピート
「我らはあくまでこの国の攻略に手こずっていたフラウドリンの助っ人として来たのだから

城を堕とすのが先決であって遊び優先は筋が通らない・・・そういうこと?」

デリエリ
「ん」

熱で溶けた鎧を脱ぐ聖騎士達

ハウザー
「鎧は熱で使いものにねらねえ!!さっさと脱いで城に撤退だ!!」

その言葉を聞いてハウザーの胸ぐらを掴むギルサンダー
「逃げる気かハウザー!?」

ハウザー
「バカ野郎!!城には陛下や王女達がいるんだぞ!?」

ギルサンダー
「だが・・・魔神族は目の前に」

胸ぐらを掴み返すハウザー
「俺達は今〈十戒〉の戒禁で戦うことを封じられてんだぞ!!だが体を張って守ることならできる・・・違うか、ギル!?」

スレイダー
「ハウザーの言う通りだ・・・町の人々と守りに行ってる聖騎士達は俺達が誘導するぜ」

サイモン
「陛下達のことは頼む」

バン
「どうやら町に行く手間が省けたみてーだな♪」

七つの大罪186

ギルサンダー
「ギルフロスト・・・全員城へ避難次第、城に魔力防御壁を!!」

ギルフロスト
「任せてギル!」

誘導に前に出るグスタフ
「みんな!!急いで中へ・・・ え・・・」

しかし次の瞬間、グスタフがナイフで刺されている・・・

スレイダー
「な・・・!!」

マルマスも刺される

戻ってきた人達は皆、刃物を振り回す

ハウザー
「お前らおかしいぞ!!」

ギルサンダー
「お前達・・・何のつもりだ!?」

聖騎士
「魔神王に従わぬ反逆者に鉄槌を下すのが我ら僕の使命!!
ギルサンダー殿・・・しんで下さい!!」

グスタフ
「こ・・・こいつら何かの魔力にかかってる!?いや・・・魔力にしては異質な感じがする・・・!」

刺されているバン
「くそ・・・これも戒禁か・・・♪」

モンスピート
「そうそう・・・悪いことは言わない もう降伏しなさいよ 正直この状況でのキミらの勝算は・・・ねぇデリエリ?」

デリエリ
「0な」

スポンサードリンク

その時・・・

デンゼル
「勝算はある」

デンゼルがデスピアスと共にやってくる

モンスピート
「ん?」

デンゼル
「お前達を今ここでころす」

七つの大罪186

バン
「おいデンゼル♪ 奴らにハッタリは効かねえぞ?」

デンゼル
「〈強欲の罪〉バン 陛下と王女達をくれぐれも頼む」

デスピアス
「デンゼル様・・・本当に実行するおつもりですか・・・!?まだその時では・・・」

デンゼル
「今がその時なのだ 案ずるでない・・・覚悟はできておる
王国の未来の・・・若人達の為ならば喜んでこの老骨の命 差し出そう さあ、下がれデスピアス」

涙を浮かべているデスピアス

バルトラの護衛にはアーデン達やギーラ

ギーラ
「さっきまで騒がしかった 城の外が急に静かに・・・」

デルドレー
「デンゼル様 大丈夫かしら」

デンゼル
「兄上・・・さらばだ」

バルトラ
「・・・馬鹿者め・・・!!」

モンスピート
「さっき我々をころすとかって聞こえた気がしたんだが」

デンゼル
「耳はいいようだな」

デリエリ
「誰が?どうやって?」

モンスピート
「たかがあか(赤色魔神)に毛が生えた程度の闘級のジジイが・・・」

デンゼル
「お前達をころすのは私ではない ルギツ ヨリ ロデ・・・ “ネロバスタ” 」

呪文を唱え、剣を抜くデンゼル

デリエリ
「剣の中にいる・・・!!」

デンゼル
「ニワレ カノヒリ オクシュクフ カノヒリ ケゾンニク ノワレ マシタイト ミヲコノ キタラシア ニリヨロシ ザンゲサ!!」

手の甲を切って、そのちで円を描くデンゼル

ハウザー
「何かが・・・来る!!」

デンゼル
「顕現せよ」

七つの大罪186

バン
「これは・・・!!ケルヌンノスの角笛から感じた気配に似た・・・」

デスピアス
「デンゼル様は命を代償に その身に顕現させる道を選択された!!女神族を」

デンゼルの中に入っていく女神族

グレイロード
「嫌なモノを感じていた これが・・・正体」

モンスピート
「とんだサプライズのご登場だね」

七つの大罪186

–186話ここまで

次回 七つの大罪 187話へつづく

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑