バトルスタディーズ 76話 暗雲いろいろ

公開日: 

朝日出コーチ
「今日は1周インターいこか。」
※1周は約400メートル

金川達3年が先頭で引っ張る!
「ペース上げろ!
55秒切れへんぞ!!」

「ハイ」

スポンサードリンク

しかし走り始めてすぐに金川に異変が!

急に走ることをやめて離脱してしまった。

バトルスタディーズ76

狩野
「金川さん!」

海宝
「アサ!
部長に電話してくれ!!」

朝日出コーチ
「ハイ!」

海宝コーチが金川の元に駆け寄る。
「金川どこや!?
足か!?」

金川は足を抑えてる。
「クッ・・・
クソがっ・・・」

「こりゃ参った・・・」

バトルスタディーズ76

あれからアイツは毎日気ぃ狂ったように走ってた・・・
誰がどー見てもオーバーワークや。
ワシがブレーキをかけてやるべきやったか・・・」

古谷
「無理無理。
神の助言も聞かん男やぞ。」

烏丸
「そうじゃったな・・・
ハァ・・・
足・・どうもなかったらえぇが・・・」

後ろの扉が開き
「2年ルイージ入ります。
失礼します。
こんばんは。」

烏丸
「なんじゃ?」

古谷
「金川帰って来たんか?」

ルイージ
「いいえ。
門松のことで相談がありまして。」

「?」

一通り説明を聞いた後・・・

烏丸
「手ぇ出すな。」

「・・・ハイ。」

「DL学園の1年生部員が水を飲んだため2年生部員が体罰を与えた・・
それで出場停止くらうか?」

「いいえ。」

「伝統には柔軟であるべきや。
時代に合わせて変えなアカンのじゃ。
何度も言わすな。」

「・・・・・・
・・・ハイ。」

「去ね」

「ハイ
失礼します。」

ルイージが出て行き・・

烏丸
「エースが病院送りでチームが揺れとる時に・・・
水飲んだ飲んでへんて・・・
ため息止まらんわ。」

2年生のマリオ・天津・錦・長野が森の中を歩いている。

長野
「大丈夫かな金川さん。」

マリオ
「歩かれてたし、骨はイッてへんやろ。
まぁ天津にとってはチャンスやな。
近畿大会で結果出して

バトルスタディーズ76

天津は金川に言われた
”お前オレからエース獲る気ないやろ?”
を思い出して暗い顔。

そこにルイージが走ってくる。
「聞いてくれ!ありえへん!!」

長野
「声デカいねんルイージ!
シバくぞ。」

マリオ
「どないしてん?」

5人は座って話すことに。

ルイージ
「1年がルール破ったのに手ェ出すなって!
鉄の掟て何のためにあんねん!
納得いかん!!」

長野
「わかったから落ち着け。
しゃあないやろミミズハゲ。

バトルスタディーズ76

ルイージ
「だいたいお前ら指導員が甘いんじゃハゲ!」

マリオ
「上級生気取りでイキッてんちゃぞ!
カスコラァ!!」

長野
「あ゛あ゛!?
ラーメン屋のオッサンに脳みそのシワ作ってもらえ!
お前らは下に指導する品がないねん!」

錦「ムムム」

2対2で掴み合いに発展しそうになり

天津
「やめろやめろ。
烏丸さんの決めたことや。
今は従おう。」

スポンサードリンク

月光寮・乾燥室。

門松、毛利、鬼頭、丸山で話している。

毛利
「・・・相棒絶対に行くな!
ブチれ!!」

門松「・・・」

バトルスタディーズ76

丸山
「・・・いやそれは違うと思うで鬼頭。
ルイージさんは間違ったことは言ってなかった。
ほんでブチるのはさすがにアカンのちゃう?」

鬼頭
「・・・ん~?
何か言うたぁ?
逃げた豚に発言権はないよ~。」

バトルスタディーズ76

鬼頭
「まぁあんだけ派手に活躍されたら嫉妬もするわな~。
なぁ毛利さん?」

毛利
「フン!
スターの宿命よ・・・
・・・・!
だからかっ
最近洗い終わった藤巻さんの洗濯物。
ドロドロにされてることあんねん!
あれルイージの仕業か!!」

バトルスタディーズ76

鬼頭
「試合で結果出しても寮帰れば奴隷生活・・・
おかしいと思いませ~ん。
上下関係ユルい高校なら今頃毛利も門松も自由に練習できるやろしぃ~。
余裕で1年からレギュラーとってますよ~。
もしかしたらプロのスカウトの目にもとまるかも。
でもDLにおったら無理っすよね~。」

毛利
「ほんまやな・・・
チャンス逃がしてるやん。」

鬼頭
「・・・・僕ね。
一つ提案があるんですよ~。
この3人で他校に編入とかどーっすか?
DLじゃなくてもプロ行けまっせ~。」

バトルスタディーズ76

何言ってんの鬼頭・・・・」

「さっき言ったよね?
ブタ君。
おれ等と対等に生活すんな。」

そこに

バトルスタディーズ76

烏丸と古谷。

烏丸
「春の近畿は甲子園とは関係ないから無理して出る必要はない・・・
説得するしかないな・・・」

古谷
「聞くわけないやろ。
アイツの兵安への対抗心はハンパない。

バトルスタディーズ76

自分のせいで負けたって、まだずっと引きずってる。
その相手ともっぺんやれるちゅうときにベンチでおとなしく座ってられると思うか?」

「・・・・
大事なんは夏や。
投げささん。」

そこに金川が足を引きずって現れる。

烏丸
「金川・・・足・・・大丈夫なんか?」

金川
「全治2週間とかほざきよる。
ヤブ医者や。」

古谷
「2週間!?」

烏丸
「・・・・
お前やっぱり・・・
近畿大会出られへんやんけ。」

金川
「アホか。
オレは投げる。」

–76話ここまで

次回 バトルスタディーズ 77話へつづく

○感想

鬼頭悪いな~。

鬼頭の悪行が白日の下に晒されるときはくるのでしょうか?

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑