食戟のソーマ 178話 輝く街

公開日: 

二次試験は終わり、吹雪は止む。

黒服
「二次試験の合格者は集まりなさい。
次の試験に向けての配布物がある。」

スポンサードリンク

創真達は封筒を受け取る。

黒服
「次の目的地への乗車チケットだ チケットに記載されている発車時刻の10分前に駅ホームに集合しなさい・・・遅れないように!」

タクミ
「・・・ん?しかし出発は夜だろう?まだ夕方の4時過ぎじゃないか」

イサミ
「ずいぶん時間あるよねー」

黒服
「出発までの時間は・・・各自、自由行動とする!」

吉野
「わぁーい!!」

極星寮メンバー達は札幌の繁華街に繰り出す!

食戟のソーマ178

目を輝かせる吉野
「見てよ見てよ!通りがどこまでも直線!!縦も横も!路面電車走ってるー!つきあたりが見えないくらい続いてるよー!!」

イサミ
「街全体が碁盤の目みたいになってるんだねー」

吉野
「ねぇねぇ歩こー歩こ観光しよー!そんで美味しいもの食べよーよ!」

青木
「ラーメン」

伊武崎
「ジンギスカン」

佐藤
「寿司!」


「別行動した方がよさそうね それぞれが行きたい所を自由に回ってみましょうよ」

えりな
「ですがいいこと?これもまた北海道講座の一環とお思いなさい 現地で実際に味わう事こそ1番の勉強なのですからね!」

創真
「とりあえず目につくもん食ってみるかー 

食戟のソーマ178

創真とタクミは買ったソフトクリームを一口なめると

タクミ
「なんだこの豊かなコクは・・・!!過不足なき甘み・・・清らかなのに濃い!濃厚すぎるぞ!!」

創真
「どんな牛乳使ったらこんな美味いソフトクリームになるんだよ・・・!?
北海道おそるべし!!こりゃ本腰入れて食べ歩くっきゃねーな!」

タクミ
「あぁ!何を食べるか慎重に見極めなければ!」

ガイドマップを見る2人

創真
「なになに狸小路・・・ここは飲食店もかなり多そうだぜ」

タクミ
「観光客向けではなく地元民が集まりそうなエリアを探すか そのまますすきのまで下ってみよう」

吉野
(大衆食堂コンビがもうエンジン全開だ!)

にくみ
「アルディーニ・・・兄貴と一緒に行かねぇのか?」

イサミ
「ボクはこの大通公園あたりを歩きたいって思ってたからー」

丸井
「札幌駅前に海産系の加工物を販売する有名店があるんだそうだ」


「あ!そこ私も行ってみたかったの!麹漬けなんかもできるのよね 新戸さんもどう?乾物もあるそうだから薬膳の参考になるかもしれないわよ」

秘書子
「・・・え!で、でも私は・・・」

えりなの方をちらっと見る秘書子

えりな
「いいわよ緋沙子、お行きなさいよ 緋沙子だって自由に行動する権利があるもの」

秘書子
「えりな様・・・!」

田所
「薙切さんは行きたい所あるの?」

えりな
「・・・そうね 私も大通公園を歩こうかしら」

田所
「そうなんだ・・・私も一緒に行っていいかなぁ」

えりな
「えぇ、勿論よ」

秘書子
「田所恵がいるのなら安心だな えりな様のこと頼んだぞ!」

田所
「は、はい」

それぞれ行動を始めた一同

田所
「・・・という訳でとりあえずこの4人で歩いてみよっか」

イサミ
「なんか珍しい組み合わせだねー」

田所
「わ・・・!なんかイベントやってるよ!すごい人 食べ物の出店もあるみたい!」

イサミ
「へー 冬の空の下、温かいもの食べるなんて最高だねー」

にくみ
「あっ・・・あの!えりな様!何か食べたいものありますか!?あたし何でも買ってきますんで!」

えりな
「だ、大丈夫よ 水戸さん」

周りを見渡すえりな
「・・・そういえば・・・冬の札幌へ来たのは初めてね」

田所
「薙切さん・・・来たことあったんだね北海道」

えりな
「えぇ・・・薙切家の後継者としての責務でおじい様と何度かね」

田所
「責務・・・」

えりな
「そう 神の舌を持つ者として味見役を行う傍らで 私はフード業界の重鎮達と面会する日々を送っていたの
将来、薙切家を・・・日本の美食界を担う為には 私という人間を相手に売り込み、信用と畏怖の念を植え付けることは不可欠だったから
要は上を目指す為のビジネス・・・私が薙切の邸宅から外出する時にはいつもそんな思惑だけがあったわ
今思うと・・・あの頃の私は 何も見ようとしてなかったのかもしれないわね」

にくみ
「そんな事ないですよ・・・ あたし・・・水戸グループの娘として子供の頃、何度かえりな様にお目にかかった事があって・・・
その頃からえりな様は・・・凄い方でした あたしはえりな様が抱えてた辛さとか わかってる・・・つもりですから・・・っ!」

えりな
「水戸さん・・・?」

にくみ
「あ、いえ!その・・・な・・・薙切家とあたしの家じゃ格が全然違いますし、あたしなんかがえりな様と自分を重ねるなんておこがましいってわかってます!!
・・・けどあたしも・・・家の事で縛られてたから
あたしは・・・家のプレッシャーに潰されちゃって それで・・・最近まで結構荒んじまってたりしてたんですけど

食戟のソーマ178

あ・・・あたし!あっちのほう見に行こっかな!!し、失礼しますえりな様!」

頬を染めてもじもじして話していたにくみは走り出す

イサミ
「えー 女の子ひとりで行くの危ないよー じゃボク、水戸さんについてくからー」

田所
「う、うん ありがとイサミくん」

2人になった田所とえりな

田所
「・・・よかったねっ 水戸さんと仲直りできて・・・」

えりな
「別に仲違いしてたというわけでもないのだけど・・・」
(敗北した水戸さんを一方的に切った私をそんな風に思ってくれてたなんて・・・)
「・・・田所さんも・・・昨夜・・・お茶をありがとう」

スポンサードリンク

田所
「えっ そ、そんな・・・お礼なんかいいよぉ・・・私は薙切さんに勉強会のお返しがしたかっただけで・・・
私に出来る事あったら言ってね また読みたい漫画とかあったら貸すから・・・」

えりな
「え?あの少女漫画、田所さんの物だったのー!?

幸平くんたら何も言わないんだもの・・・!・・・いえ・・・聞かなかった私も私だけれど・・・ごめんなさい ずっと借りたままで・・・」

田所
「そ・・・そんなの気にしなくていいよぉー
えへへへぇ・・・私もね 薙切さんとこんなに仲良くなれるなんて思ってなかったから嬉しいんだー よかったらあの漫画の感想とか聞かせてほしいなっ」

えりな
「・・・えぇ」

そこに・・・

食戟のソーマ178

気になるメニューが多すぎて参っちまってよ」

タクミ
「夕食まだだろう?よかったらその店に一緒に来てくれないか!?品数多く頼んで4人でシェアしようじゃないか!」

田所
「う、うん いいよ・・・」

創真
「おし!そうと決まりゃ急ぐぜー!ほら薙切も!いくぞ!」

えりな
「え、えぇ」

3人を追いかけるえりな

田所
「あれ・・・薙切さんどうかした?もしかして他に食べたいものあった・・・?」

えりな
「・・・いえ 何でもないわ 行きましょうか」

食戟のソーマ178

(ほんとうに・・・今までは何も見ようとしていなかったわ こんなにきれいな街だったのね・・・此処は・・・)

数時間後・・・駅に到着した創真達4人

創真
「・・・あれ?他の反逆者達が見当たらねーなぁ」

タクミ
「先に乗っているようだな、オレ達も急ぐとしよう」

えりなに秘書子から電話がかかってくる

秘書子
「えりな様!今どちらにいらっしゃいますか?」

えりな
「緋沙子どうしたの そんなに焦って」

秘書子
「い、いえ・・・えりな様のお姿が見えず心配で・・・」

えりな
「心配は無用よ 私達も今から乗るところです」

秘書子
「え!?」

えりな
「・・・え?」

秘書子
「・・・それはおかしいです・・・!だって・・・列車は30分も前に出発しています・・・よね・・・!?」

田所
「な・・・なんで・・・!!」

そこに姿を現したのは・・・

竜胆
「別に驚く事じゃねーだろー?最初からわかってた事なんだからさ」

田所
「・・・!? 竜胆先輩!?」

竜胆
「よー、さみーな」

田所
「えっと・・・ど、どういう・・・」

竜胆
「言ったろ?ルートは分岐するって 三次試験からは移動ルートの分岐・合流が繰り返される
バラバラになったやつらとまた会えるのは・・・最悪、最終試験会場だ それまで生き残ってればだけどな
あ、そうそう ちなみに次からの試験について補足だけど」

食戟のソーマ178

アナウンス
「ドアが閉まります。
つきかげ4号車・・・発射いたします。」

竜胆
「楽しい旅にしよーぜ な?幸平」

憮然とした表情の創真。

–178話ここまで

次回、食戟のソーマ 179話へつづく

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑