ブラッククローバー 74話 正しさの証明

公開日: 

戦いから一夜・・・
別れの時!!

スポンサードリンク

アスタ
「それじゃ いろいろありがとなっ!」

ブラッククローバー74

バネッサ
「チャーミー、捕まえた白夜のヤツらは大丈夫そう?」

綿の魔法で捕えて小さくして持っているチャーミー
「うーん 何か叫んでる・・・出てこれないみたいだし大丈夫そーです」

マグナ
「オイ、オマエそれ超すげー拘束魔法なんじゃねーのか?」

チャーミー
「そーなのですかね?」

アスタ
「キアト、カホノ 夢の為にめげんなよ!その足と喉を治せる魔法だってきっとある!!オレも両腕頑張って治すからさ!!」

大司祭が魔法で作った義足をつけているキアト
「オレはこの足でだって踊ってみせるさ!」

カホノ
「アスタ・・・ありがとう!私も絶対諦めないから!!」

フィンラルの空間魔法で黒の暴牛のアジトへと帰った一同

ブラッククローバー74

ラック
「僕達黒の暴牛みんなの功績だねっ!!」

マグナ
「オレ達も捨てたモンじゃねぇかもな!!」

ゴーシュ
「・・・オイ!アレ・・・」

隅っこでブツブツ言っているゴードン

ブラッククローバー74

ヤミ
「魔法帝に報告に行く 
チャミ公、捕虜持って付いて来い」

チャーミー
「オイシイもの出ますか!?」

ヤミ
「出ん フィンラル、空間頼む」

フィンラル
「美女いますか!?」

ヤミ
「おらん」

アスタ
「オ・・・オレも行きたいっスー!!」

ヤミ
「オマエ、マジで元気くんだな そういや任を受けた時オマエもいたな 来い来い」

フィンラルの空間魔法で王都に到着

アスタ
「相変わらずバカデカ広ぇぇぇ」

ヤミ
「うるせー はいお疲れフィンラルくん オレ達が戻るまで遊んでていーよ」

フィンラル
「ええ!?ヒドイ!!マジでアッシーくん」
(あ、でも王都の女のコ ナンパできる・・・)
「そいじゃ後ほどっ!」

すぐさま走っていくフィンラル

ヤミ
「・・・」

ヤミ達は魔法帝の部屋へ

ユリウス
「・・・なるほど・・・三つ目の眼・・・か・・・とりあえず遺体は解剖に回し、生きている白夜の連中は尋問にかけてみよう」

魔石を渡すヤミ
「うす ほいじゃコレ魔石」

ユリウス
「ご苦労だったね・・・聞いているだろうけど・・・ラクエで戦った騎士団員に多数のし傷者が出た・・・彼らも浮かばれるだろう・・・」

アスタ
「・・・」

スポンサードリンク

ユリウス
「君達黒の暴牛は1人のし者も出さずに今回の任務を全うした・・・素晴らしいことだ・・・!

(君自身もまた・・・強くなったようだねヤミ・・・)」

異人であるヤミを騎士団員に、そして団長にした時の事を思い返すユリウス


「例の異国の者を騎士団員にしたそうだ・・・」

**
「どうかしているなユリウス団長は・・・」

***
「このような者を魔法騎士団団長に・・・!?正気ですか!?魔法帝」

そして小さい頃のヤミを思い返すユリウス

昔のヤミ
「オッサン脳天気すぎじゃね?」

ユリウス
「本当に・・・立派な魔法騎士団団長になったね・・・ヤミ」

ヤミ
「・・・いや オレもう28なんで恥ずかしいからヤメて」

ユリウス
「あぁごめんごめん あははは」

ヤミ
「・・・ ”自分が正しいと言いたいならばそのやり方で進んだ先の実績で示せ” ユリウスのダンナ・・・アンタが言った言葉だ・・・
前にも言った通り・・・オレはただ証明しただけだ アンタは正しかったって
・・・そして・・・オレが間違ってなかったって事はコイツらが証明してくれた」

アスタの肩に力強く手を置くヤミ

アスタ
「あいたァァァ」

ユリウス
「・・・アスタくん・・・また1つ実績を積んだね 

ブラッククローバー74

アスタ
「は・・・ハイっっ!! あ・・・あのののの・・・魔法帝・・・! 1つおおおおお願いがありましててててて・・・!!」

ユリウス
「? 何だい?」

アスタ
「さっ・・・サインもらっていいですか!?」

ずっこけるユリウス

ヤミ
「よしオレが書いてやろう顔面に」

アスタ
「ぎゃあああヤメてぇぇぇ」

ヤミ
「テメーオレにもキンチョーしろよ」

チャーミーを抱え上げるユリウス
「ところでヤミ、この子は君の子供かい?いつの間にこんな大きな子を」

チャーミー
「なんかオイシイものおくれよ」

ヤミ
「違う」

そこにマルクスが通信が入る
「お取り込みのところ失礼します魔法帝・・・!!」

ユリウス
「どうした?マルクス君」

マルクス
「かねてよりダイヤモンド王国と小競り合いのあった国境付近の町キテンに、ダイヤモンドの一部隊が攻撃を仕掛けて来たようです!」

ヤミ
「・・・!!」

ユリウス
「この大変な時に・・・」

マルクス
「通信魔法で現場の映像を送ります!」

その映像を見たユリウス
「・・・これは・・・」

ブラッククローバー74

アスタ
「なっ・・・なんですかこの数はァァァ!!」

マルクス
「警護をしていた魔法騎士団員は・・・ほぼ壊滅してしまいました・・・!!」

ユリウス
「いつものちょっかいではないようだね・・・それに・・・この軍勢を率いている彼らは・・・ “八輝将” の3人だ・・・!!」

「時は来た・・・これより国の歴史が動く・・・!」

ブラッククローバー74

「エッエッエッ・・・久々の大戦じゃ 心躍るのォ~」

ブラッククローバー74

「ガッハッハッハッ!!軟弱なクローバー王国民共め、押し潰してくれる!!」

ブラッククローバー74

アスタ
「・・・!!何ですか!? “八輝将” って・・・!!」

ヤミ
「ダイヤモンド王国最強の8人だ クローバー王国での魔法騎士団団長みてーなもんだな」

アスタ
「え”ええ!?それって激ヤバじゃ・・・」

マルクス
「マズイ・・・!キテンは国境防衛の要!!ここを落とされるとダイヤモンドに一気に侵略されやすくなってしまう・・・!!・・・あっ・・・!?」

ヤミ
「何だァァ!?今度はどうしたキノコヘッド!!」

マルクス
「・・・ “また” ・・・ “彼らです” ・・・!!ここ数年・・・国の危機に逸早く駆けつけ、圧倒的な活躍で最強の団へと伸し上がった・・・金色の夜明け団!!」

ブラッククローバー74

ウィリアム
「さあみんな・・・野蛮なお客には帰ってもらおう」

アスタ
「ユ・・・ユノー!?」

チャーミー
「救食の王子!?」

–74話ここまで

次回 ブラッククローバー 75話へつづく

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑