七つの大罪 188話 友を救う その剣 その魂

公開日: 

城内にフラウドリンが現れた

スポンサードリンク

七つの大罪188

エスカノールとかいう化け物はちと気になるけど奴が戻るまでは私達も待機だ・・・というわけで できたよ、感想のほどは?」

デリエリ
「ん」

モンスピート
「・・・それは良かった」

じーっとデリエリの顔を見ているモンスピート

デリエリ
「何見てんだよモンスピート」

モンスピート
「おお・・・そうだ♪
 コレコレ、

七つの大罪188

ゴスッ

デリエリ
「ふざけっとコンボるぞ」

頭にたんこぶのモンスピート
「冗談冗談・・・ ・・・ではないよ でもすまなかった ついね、つい・・・」

その時、一体の魔神がやってくる

ピクッとするモンスピート
「これは・・・感じるかいデリエリ?」

デリエリ
「ん・・・」

どんどこどんどこどんどんどんっ

ホークママが地面から出てきて走る

エリザベス
「父上・・・姉様たち どうか皆、無事で」

七つの大罪188

ザラトラス
「エリザベス様・・・やはりあなたをみすみす危険の真っ只中にお連れするのは反対です」

エリザベス
「なんと言われても私は参ります!!」

ザラトラス
「エリザベス様・・・」

エリザベス
「約束したんです・・・たとえあの人に何があろうと 私は王国と人々を守る為に戦い続けるって・・・」

ホーク
「まあ安心しなエリザベスちゃん 俺がいれば百豚力だぜ」

エリザベス
「うふっ」

ザラトラス
「しかし〈十戒〉は一切の油断を許さぬ相手・・・化け物中の化け物です!まず正面からの正攻法で勝てる相手ではありません」

ホーク
「いや!!俺なら正面からグーパン一発で勝つけどな」

ザラトラス
「そ・・・それは心強い・・・」

七つの大罪188

ザラトラス
「・・・まさかもう気付かれたか!!エリザベス様お退がり下さい・・・!!」

ホーク
「普通気付くわな・・・こんだけ目立ちゃ」

魔神の一撃を盾で防御するザラトラス

そしてすぐさまその腕を蹴って跳び上がり、魔神の眉間に剣を突き刺すザラトラス

「 “浄化(パージ)” 」

倒れる魔神

ホーク
「やるなぁザラちん!!」

スポンサードリンク

ザラトラス
「まだです子豚殿!!・・・目の前をご覧なさい!!」

ホーク
「んげっ!!やべえっ 団体のおでましだ!!」

目の前には5体の魔神

そして一斉に口から放とうとしている

ザラトラス
「母豚殿!!急旋回!!このままだと弾幕に突っ込む!!」

ホーク
「おっ母・・・回避ー!!」

しかしホークママはそのまま突っ込み、魔神達をバラバラにする

七つの大罪188

ザラトラス
「なんというパワー!!」

ホーク
「ヒョー!!すっげーぜっ んがっ」

喜びで跳び回っているホークの口にバラバラになった魔神の一部が入ってくる

飲み込んでしまうホーク
「んぐぅ!?おごえええ?!!」

エリザベス
「ホークちゃん ま・・・まさか」

変身(トランスポーク)するホーク
「プキャキャキャ!!」

ザラトラス
「子豚殿?この姿は一体・・・!?」

エリザベス
「ホークちゃんは魔力を持った生き物を食べると・・・その変身しちゃうんです!!ホークちゃん、ほらココに “ぺっ” して!!」

ホーク
「プキャ?」

エリザベス
「ホークちゃんしっかり?っ」

その時、背後から聞こえる声

モンスピート
「翔けつけて来てみれば これは珍妙な集団だねぇ」

ゾクッとして振り返るエリザベスとザラトラス

エリザベスの顔を見たデリエリ
「!!」

モンスピート
「デリエリ?どうした」

七つの大罪188

エリザベス
「? だ・・・誰と勘違いしてるの・・・?」

剣に手をかけるザラトラス
「まずい・・・」

しかし背後にはいつの間にかモンスピート
「無駄な試みはやめるが賢明」

ザラトラス
「(なんという強大無比の圧・・・これが〈十戒〉!!)

フッフッ ハッ うおおおおお?っ!!」

盾を前にして突っ込んでいったザラトラスだったが・・・

デリエリ
「邪魔」

“連撃星(コンボスター)” 一撃で盾は砕かれ、ダメージを負う

エリザベス
「ザラトラス様ーっ!!」

ザラトラスの目の前に移動しているデリエリ
「二撃」

しかし振りかぶったデリエリの右手が聖櫃(アーク)で止められる

モンスピート
「 “アーク” ・・・!」

デリエリ
「・・・お前か」

エリザベス
「どうして・・・どうしてあなた達は簡単に他人の命を奪えるの・・・?」

デリエリの右手が弾け飛ぶ

モンスピート
「デリエリ・・・!!」

デリエリ
「間違いねぇ・・・やっぱりお前か・・・」

左腕を振りかぶるデリエリ

ザラトラス
「やめ・・・ろ・・・!」

七つの大罪188

エリザベスに腕を振ったデリエリだったが・・・

腹にパンチをくらっているデリエリ
「は・・・」

エリザベス
「キャッ」

ヨロついてホークママから落ちていくデリエリ

助けに飛び降りるモンスピート
「デリエリ!!」

エリザベスを抱きかかえているメリオダス
「さてさてさーて・・・久しぶりに目醒めてみれば・・・だいぶひでぇ事になってるみてえだ 豚野郎は豚野郎で何やってんだか」

ホーク
「プキャキャ」

メリオダス
「エリザベス 随分待たせちまったな」

七つの大罪188

七つの大罪188

–189話ここまで

次回 七つの大罪 190話へつづく

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑