ワールドトリガー 155話 王子隊

公開日: 

揺れ動く戦局!!

千佳がビルからビルへ飛び移っている。

スポンサードリンク

しかし樫尾に見つかってしまう。

樫尾
「雨取さん確認!」

王子
「こっちもだ
オッキー確認」

隠岐
「おっとっとぉ?」

離れたビルの上にいる隠岐を肉眼で発見する王子。

国近
「浮いた駒を狙った王子隊!
隠岐隊員と雨取隊員を捉えたか!」

ゾエ
「機動力を使って守りが薄いところを狙う
A級だと草壁隊が得意としてる戦い方だよね」

当真
「だな
まともに付き合うと引きずりまわされるぜ」

隠岐
「王子先輩来ました やばいっすわ」

水上
『おまえグラスホッパーあるやろ 死ぬ気でこっち逃げて来いや』

隠岐
「短距離はともかく長距離は自信ないですよ」

水上
「気張れ 俺らもそっち向かってるし」

ワールドトリガー155


「空閑はそのまま北に向かってくれ!

ワールドトリガー155

オサム
『千佳はぼくが迎えに行く!』

ユーマ
「了解!」

国近
「隠岐隊員も雨取隊員も 味方との合流に向かう様子!」

ゾエ
「合流しないと浮いた駒をずっと狙われるからね」

国近
「さあ仲間のところまで逃げ切れるか!」

千佳も樫尾を発見し、どこかへ逃げていく。
それを追う樫尾に王子から通信が。

王子
『アマトリチャーナはクーガーとは合流しようとしてない
たぶん逃げる先にオッサムがいる
気をつけなよカシオ』

樫尾
「了解です!」

(三雲くんを見失ったのはおれの失敗(ミス)
二人ともおれが仕留める・・・!)

樫尾を振り返ることもなく、走り続ける千佳。
とそこで急に千佳の頭上に追尾鉛弾が発動、樫尾へと襲い掛かる。

ワールドトリガー155

樫尾
「追尾鉛弾(レッドバレット)・・・・・・!」

『アマトリチャーナはどういうわけか普通の弾を撃てないみたいだ』という王子の言葉を思い出す。

樫尾による回想。

王子隊作戦室での一コマ。

王子
「かわりに鉛弾(レッドバレット)を絡めた攻撃をしてくる
今のところ確認されてるのは狙撃と追尾弾(ハウンド)
これらを封じる方法を考えてみよう
狙撃のほうは柿崎隊のてるてるがやったように
物理的に防御するのがわかりやすい」

樫尾
「でも追尾弾(ハウンド)のほうは
弾数が多くて物理的な楯で防ぐのは難しいです」

王子
「そうだね
じゃあ発想を変えて
『防ぐ』んじゃなくて『撃たせないようにうる』っていうのはどうだろう?
鉛弾(レッドバレット)攻撃の特徴は メインとサブ両方のトリガーを使わなきゃいけないってとこだ」

スポンサードリンク

『つまり絶え間なく攻撃してむこうにシールドを使わせれば』

樫尾
「追尾弾(ハウンド)!」

『その間 鉛弾攻撃は飛んでこない』

シールドで防ぐ千佳。

国近
「雨取隊員ガードを固める!
シールド中は鉛弾で反撃はできない!

ワールドトリガー155

何かに気づき、孤月を構える樫尾。

国近
「おっと?
樫尾隊員が止まった!」

樫尾
(今の動きは・・・・・・!)

当真
「おもしれーなチカ子
ジャンプひとつでワイヤーを匂わせた」

周囲に孤月を振るう樫尾だが、手ごたえは無い。

樫尾
(ワイヤーはない・・・・・・
フェイクか・・・・・・!)
「くそっ! 逃がすか!」

慌てて千佳を追うが、また少し距離が開いてしまう。

ハウンドを起動するが、突然現れた修がシールドで防いでいく。

樫尾
「・・・・・・三雲くん!」

三雲に気を取られ、千佳の発動していた鉛弾に気づくのが一瞬遅れる樫尾。

樫尾(しまった!)

ワールドトリガー155

樫尾
「ぐっ!!」ズシ
そのまま隣の民家の屋根へ着地する樫尾。

追撃に向かう修
「スラスターON!」

樫尾
「追尾弾(ハウンド)!」

千佳
「シールド!」

樫尾の放ったハウンドは千佳が修へ発動したシールドで防御、そのまま修がスラスターで決めて樫尾ベイルアウト。

ワールドトリガー155

国近
「鉛弾からのスラスターぶった斬り!
樫尾隊員がここで落とされた!」

ゾエ
「カシオはあと一歩って感じだったけど 雨取ちゃんのはったり(ブラフ)に惑わされたね」

当真
「『罠があるって思わせとくだけで判断力の何割かは奪える』
うちの隊長がいつも言ってるぜ」

国近
「これで玉狛第二は2点目!
王子隊は二人が落ちて苦しくなった!」

【現時点でのポイント】
生駒隊:0pt
玉狛第二:2pt(修1pt ユーマ1pt)
王子隊:1p(樫尾1pt)

ゾエ
「一番戦況を読んでるっぽい王子隊が一番落とされてるの皮肉だね」

当真
「まあたまにはそういうこともあるわな カシオが落ちたのもギリギリだし」

場面はユーマvs生駒隊へ。

水上
「通常弾(アステロイド)!」

シールドで防ぐユーマだが、何故か弾が爆発していく。

遊真
「!」

(炸裂弾(メテオラ)か・・・・・・!)

爆煙のせいで、孤月を構える生駒に気づくのが一瞬遅れるユーマ。
生駒旋空が放たれるが、グラスホッパーでギリギリ躱していく。
がしかし、隠岐の狙いすまされた遠距離射撃が命中。

右腕を失うユーマ。

隠岐
「あらら 腕かい」

生駒
「隠岐ナイス
ていうか王子(オージ)は? 捲いたんか?」

隠岐
「振り切りました
ていうか途中で追って来なくなりました」

ユーマ
(チカ
オサム・・・・・・!)


「ワイヤー張ったところまで行こう! 空閑と合流だ!」

千佳
「うん!」

宇佐美
『警戒! 王子先輩がレーダーから消えてる!』

だがその通信が入ったのと時を同じくして、上空に現れる王子の姿。


「!!」

アステロイドを放ちつつ接近戦を仕掛ける王子。
ギリギリ修はシールドでガードする。

ワールドトリガー155

–155話ここまで

次回 ワールドトリガー 156話へつづく

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑