フェアリーテイル 499話 グレイとジュビア

公開日: 

グレイとジュビアが氷の鎖に繋がれてしまった!

スポンサードリンク

フェアリーテイル499

インベル
「さあどうぞ ころし合うのです」

グレイ
(意識が薄れていく・・・)

ジュビア
(やだ・・・グレイ様をキズつけたくない・・・!!
キズつけたくないのに・・・)

グレイ
(ダメだ・・・!!何も考えられねえ・・・!!)

フェアリーテイル499

グレイ
「ぐあっ」

ジュビア
「ああ」

ジュビアを殴るグレイ

ジュビアは蹴りを放つがガードするグレイ

そしてその足を掴んでジュビアを倒す

フェアリーテイル499

グレイ
「おおお」

インベル
(やはり計算通り 勝つのはグレイ)

ジュビアに打撃を浴びせ続けるグレイ

インベル
(自らの手で仲間をころした罪は 君を闇に染め上げる ENDを倒す究極の戦士へと)

回想。

インベル
「陛下・・・いつも首から下げてるそのペンダント」

ゼレフ
「ああ・・・これかい?」

フェアリーテイル499

インベル
(陛下はアクノロギアを倒し、この世界の全てを手に入れる方 それにはENDは邪魔すぎるのです)

ジュビア
(何でジュビアはグレイ様をキズつけて・・・ありえない!!ありえない!!
ジュビアがグレイ様をキズつけるなんて・・・グレイ様の手で早くジュビアを・・・それもダメ!!
グレイ様はきっと自分を責める 
だったらどうすればいいか決まってるでしょ
そう・・・自ら命を絶つ 
この意識がなくなる前にジュビアは・・・ 大丈夫、勇気を出して)

インベル
「無駄な抵抗を・・・アイスロックは “心” を閉じ込める魔法 あなた達の思考は失われ、どちらかがしぬまで鎖は外れない」

右腕を上げるジュビア
「この想いを閉じ込めておくにはジュビアの体は狭すぎるんです!!」

インベル
「!!」

ジュビア
「出会えてよかったです グレイ様」

フェアリーテイル499

目を見開いているグレイ

インベル
「バカな・・・自らの命を・・・」

しかしグレイも・・

フェアリーテイル499

ジュビア
「え!?」

インベル
「!!」
(2人同時に自らを・・・)

グレイ
「何で・・・だよ・・・」

ジュビア
「グレイ様・・・そんな・・・」

グレイ
「仲間を・・・いや・・・お前をキズつけたくない・・・だからこうしたのに・・・」

ジュビア
「あぁ・・・」

グレイ
「お前を・・・守りたかった・・・のに・・・オレは・・・」

ジュビア
「いいえ・・・嬉しいです・・・グレイ様」

インベル
(な・・・何なんだコイツ等・・・こんな事は・・・)

グレイ
(くそ・・・!!こんなハズじゃなかった・・・頼む・・・ナツ・・・オレ達の仇を・・・)

倒れる2人

インベル
(互いに自らの命を絶っただと・・・?なぜ・・・そんな事ができる・・・計算外・・・です・・・)

消えていく鎖

去っていくインベル
(こうなったら私自らの手でENDを始末するしかありませんか・・・)

辺り一帯を包んでいた吹雪が止む

ピクっと動くグレイ
(あれ・・・?生きてる・・・のか・・・!?いや・・・オレは確かに・・・)

グレイの心臓が鼓動する

グレイ
(この感じ・・・オレの中にジュビアのちが・・・!?)

ジュビアを見るグレイ
「!!」

ジュビアの腕からグレイの腕に管が繋がっている

ジュビア
(ウォーターメイク “ブラッド” グレイ様にもしもの事があった時に備えて ひっそりと覚えた輸血の魔法・・・)

震えるグレイ
「・・・」

ジュビア
(ジュビアはグレイ様の中で生きています だから悲しくはありません)

涙を流すグレイ
「あ・・・あぁ そんな・・・ジュビア・・・」

フェアリーテイル499

ジュビアを抱えて泣き叫ぶグレイ

グレイ
「ジュビア・・・お前の事もっと真剣に考えるから・・・

フェアリーテイル499

インベル
「ブランディッシュは確かこっちの方へ」

その時、ぞわっ・・・として振り返るインベル

そこには

フェアリーテイル499

–499話ここまで

次回 フェアリーテイル 500話へつづく

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑