ワールドトリガー 156話 王子一彰

公開日: 

隊長・王子、強襲!!
格上相手に修は!?

修は通常弾(アステロイド)を放つ!

王子はシールドでガードする。

スポンサードリンク

一緒に走っている千佳は先を急ぐ!

ワールドトリガー156

ゾエ
「王子(オージ)はオッキーを追うかと思ったけど
一貫して玉狛狙いなんだね」

当真
「ここでチカ子が逃げ切るかどうかで
玉狛の生き死にが決まるな」

国近
「ほうほう と言うと?」

ゾエ
「一応もうすぐ空閑くんがワイヤー地帯に入るから
玉狛ガン不利って感じはしないけど」

当真
「罠(ワイヤー)と空閑だけ揃ってても意味ねーんだ
端から炸裂弾(メテオラ)で削ってきゃいいだけの話だからな

ワールドトリガー156

当真
「ここでチカ子が落とされたら
前回見せた玉狛の勝ちパターンはなくなる
メガネの踏ん張りどころだぜ」

場面は修と王子のもとへ。

ワールドトリガー156

つまりぼくに対してはほとんど左手しか使ってない
左手一本なら
止められる・・・・・・!)

王子
「片手間のぼくとなら
勝負できると思ったかい?」

見透かされたかのような王子の発言にハッとする修。


「・・・・・・!!」

王子
「侮るつもりはないけど
きみはそこまで強くない」

ドンッと踏み込んだ王子。
修を追い抜きざまに右腕を切り落とす。


「ぐっ・・・・・・!!」

(スラスター!!)

王子を追い越し前に回り込む修。

ワールドトリガー156

王子
「赤色の混ざったワイヤー・・・!」

(三浦(ミューラー)や若村(ジャクソン)を苦しめた技か
でも・・・・・・・・・)

孤月を振るう王子。
あっという間にワイヤーが斬られてしまう。

王子
「この程度の数なら あんまり意味はないね」

修(通常弾(アステロイド)!!)

バカ正直に真正面からアステロイドを放つ修。
当然のようにシールドで防がれ、むしろ煙で視界が悪くなってしまう。

煙の中から伸びた手が修の首を掴み、そのまま刃が貫く。

ワールドトリガー156

振り返る千佳
(・・・・・・修くん!)

『伝達系切断』


「・・・・・・・・・」

『緊急脱出(ベイルアウト)』

国近
「あーっと!
ここで三雲隊長がベイルアウト!」

頭を掻く当真
「あちゃーダメだったか」

ゾエ
「実力差的にはしょうがないよね」

国近
「そしてこれは
雨取隊員も逃げ切れなさそう!」

背をシールドで防御しながらの千佳に、ハウンドを放ち続けながら追いかける王子。

国近
「空閑隊員もこの距離では間に合わないか!」

当真
「まー仕方ねぇな
どうしたって空閑のいないとこが“穴”になる
それが玉狛の弱点だ」

背後を見ながら逃げる千佳は何かを思案している様子。

ワールドトリガー156

王子
「!!」


「!!」

戻った修もモニターの前で驚いている。

国近
「これは・・・・・・
鉛弾(レッドバレット)じゃない“素”の追尾弾(ハウンド)!?」

当真
「撃てんのか!?」

スポンサードリンク

実況班も驚いている様子。

自信満々の王子
「撃てないね」

(はったり(ブラフ)だ)

だが、千佳は躊躇せずハウンドを放っていく。

王子
「・・・・・・!!」

千佳の放った弾は王子の手前の地面に炸裂。
大きな爆発が王子の行く手を遮る。

国近
「これは・・・・・・
視線誘導で地面を撃った!?」

王子
「・・・・・・・・・・・・」

視界を遮る煙の中、感心している様子の王子。

王子
「やるじゃないか
アマトリチャーナ・・・・・・!」

千佳はワイヤー地帯に到着した様子。

千佳
「・・・・・・ワイヤーのところまで来ました!」


「よくやった千佳!」

宇佐美
「千佳ちゃんえらい!」

国近
「雨取隊員がワイヤー地帯に到着!
玉狛はギリギリで追手を捲いた!
そして・・・・・・
空閑隊員もワイヤー地帯に到着している!」

ゾエ
「ワイヤー陣いけそうだね」

当真
「メガネがムダじににならずにすんだな」

ワイヤー地帯を眺める生駒達。

生駒
「めっちゃワイヤー張ってるやん」

水上
「メガネ頑張ってますねー
たぶんもうしんだけど」

ユーマの背後の高層建物から光。

ワールドトリガー156

生駒
「来た これ隠れるとこなくなるやつやん」

水上
「隠岐~!」

隠岐
「はいはい」

隠岐が千佳を撃つも

ワールドトリガー156

隠岐
「楯(シールド)堅っった
弾撃つ瞬間狙わなあかんか」

国近
「玉狛のワイヤー陣が完成!
生駒隊と王子隊はどうする!?」

水上
「どうします?」

生駒
「行くに決まってるやろ うちまだ0点やで」

王子
「・・・・・・・・・・・・」

国近
「生駒隊はまだ1点も獲ってないから 勝つためには玉狛を攻略しなきゃね」

当真
「だな 玉狛は序盤強引に点獲ったのが効いてきてる」

ゾエ
「王子隊も2点リードあるけど難しいよね 一人だし

ワールドトリガー156

国近
「さあ 得点は0(生駒隊)対2(玉狛第二)対2(王子隊)!
B級ランク戦ROUNDO6

ワールドトリガー156

残り6人・・・勝負の行方は!?

–156話ここまで

次回 ワールドトリガー 157話へつづく

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑