コウノドリ 165話 ガールズトーク

公開日: 

シリーズ<子宮筋腫編> 第2話

子宮筋腫と告げられた矢部さん。
そのことを旦那に話すと、旦那は病院に行って直接説明を聞くと言い出した。

スポンサードリンク

矢部
「・・・
まだ9週だし、病院ついてこなくていいよ。
筋腫もすぐにどうこうってものでもないし・・・
ほとんど心配ないってネット見せたでしょ。」


「ネットなんか信用できねえよ。
膝と膝を突き合わせて初めて信頼が生まれるのが営業なんだよ。」

「妊婦健診は営業じゃないし。」

「一緒だよ一緒・・・
フェイストゥフェイス

コウノドリ165

サクラ
「・・・子宮筋腫は子宮の筋肉からできる、30-40代女性ではよくある良性の腫瘍です
女性ホルモンの影響を受け、少しづつ大きくなります。
出る症状としては、生理痛がひどくなったり、生理の量が増えたり、不正出血などです

コウノドリ165

営業の基本はほうれんそう」

矢部
「営業じゃねえし・・・」

サクラ
「・・・・
子宮筋腫は、もちろん大きくなると症状が出やすいですが、出来る場所によって違う症状が出ます。
子宮の前にできると膀胱を圧迫して頻尿になったり、後ろにできると直腸を圧迫して便秘になることもあります。」

コウノドリ165

コウノドリ165

サクラ
「子宮筋腫は出来る場所によって主に3種類に分かれます。

コウノドリ165

コウノドリ165

矢部
「で・・・私の筋腫は・・」

サクラ
「筋層内筋腫です」


「妊娠中はどうなるんですか?」

サクラ
「20%の妊婦さんの筋腫は大きくなると言われていますが・・・
問題なく経過する方がほとんどです。
ただ、気をつけなくてはならないのは、痛みが出ることがあるんです。
1~2週間で治まることが多いですが、かなりの痛みをともなうことがあるので・・・
その場合は連絡してください。」

ナースステーション。

ゴローちゃん
「・・・・矢部さんて、妊娠する前に筋腫の手術をしておけば、妊娠中のリスクは下がったんですかね?」

小松
「一概にはそう言えないじゃない
手術をして減るリスクもあれば
増えるリスクもあるから」

サクラ
「うん。
筋腫を取る手術で一度子宮にメスを入れれば・・・、
帝王切開の出産になることが多いし・・・
子宮破裂のリスクになる。
それに筋腫は早くに手術をしても再発するしね。
いつ、どんな治療をするのかは個人差があるから
それぞれで考えていかなきゃいけないよね」

看護師
「じゃあ、どんな場合手術した方がいいんですか?」

サクラ
「明らかに筋腫が不妊の原因の場合は妊娠前にしたほうがいいよね
あとは10cm以上になったら手術したほうがいい
まあ矢部さんの場合、手術はしておかなくてもいい症例だと思うけど・・・
それも赤ちゃんが無事に生まれなきゃそう言えないもんね。」

ゴロー
「結果次第か・・・」

看護師
「でも最近手術以外の治療をしてから妊娠に臨む人も増えてますよね。」

サクラ
「半年間生理を止めて筋腫を小さくするホルモン治療もあるけど・・・
治療というよりは時間稼ぎかな・・・
筋腫はまた大きくなるからね。

コウノドリ165

行っている施設はまだまだ少ないし、治療後の妊娠についても”問題ない”と言い切れるものじゃないんだよ。」

ゴロー
「それも結果次第ってことか・・・」

小松
「あ~、私は手術で取っちゃおうかな~」

サクラ
「小松さんはまだ5センチと4センチくらいの筋腫だし・・・
あまり考えずにそのままでいいと思いますよ。」

「・・・・うん。」

夜になり・・・

廊下でゴローが小松に声をかける
「小松さん・・・
今夜みんなで飲みに行きません?」

小松
「あっごめん。
今日は同期の助産婦の女子会があるんだわ。」

前を歩いていたサクラと四宮がビクッとなる。

小松
「研修医時代の鴻鳥先生と四宮先生を知ってる奴も多いから、昔の2人の失敗談でも仕入れてくるよ。」

ゴロー
「いいっすね。」

看護師
「ちょ~楽しみ~」

サクラ&四宮「・・・」

スポンサードリンク

女子会。

コウノドリ165

話に付いていけない小松は一人、外でタバコを吸っている。

そこに
「どぉした小松~」

と声をかけてきたのは同期の武田。
「なんだなんだ冴えない顔して~」

小松
「なんか、みんな結婚して助産婦やめて子供産んでさ・・・
私だけ変わらず毎日赤ちゃんとり上げてんだな~って思ったらなんとなくね。」

武田
「私だって結婚はしたけど助産婦は続けてるぞ~」

「あ・・・そだね。
悪い悪い。」

武田
「まぁ子供がいないからだけどね。」

小松「・・・」

コウノドリ165

小松
「二人とも頼もしい産科医になったよ。」

武田
「へえ~
お産のたびにオドオドしてた2人がねえ」

小松
「時間は流れているんですよ。」

「ねえ小松・・・」

「ん?」

コウノドリ165

武田
「子供を諦めたわけじゃないけど・・
私ももう40歳過ぎたしね
本当は・・・
ずいぶん悩んで旦那とも相談してさ・・
手術をしてからあとは自然の流れにまかせようってなったんだ
それで赤ちゃんが出来なかったらしょうがない・・・
そう決めたら気持ちもちょっとふっ切れた・・
女の人生・・・出産だけじゃないもんね。
・・・
あっ
鴻鳥先生と四宮先生に今度おごれって言っといてよ。
小松に泣かされた2人に私がさんざんカップ焼きそばとジャムパンおごったんだからね。」

「らじゃ~」

武田は中に戻っていき・・・

一人になった小松
「あ~あ~
気持ちが宙ぶらりんなのは・・・
私だけか~」

–165話ここまで

次回 コウノドリ 166話へつづく

○感想

矢部さんの夫の殴られた後の顔が・・・

もはや事件です!

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑