フェアリーテイル 501話 マリーとランディ

公開日: 

最終決戦・・・一瞬一瞬が正念場!!

スポンサードリンク

ナインハルトを倒したたナツ、ブランディッシュに
「お前もオレ達の道を塞ぐつもりなら戦わなきゃならねえ」

ルーシィ
「お願い、退いてブランディッシュ」

ブランディッシュ、ボソッと
「めんどくさい・・・」

ナツの心臓がドクンとなる

フェアリーテイル501

ルーシィ
「ナツ!!」

ハッピー
「どうしたの急に・・・」

膝をつくナツ
「うう・・・ああああ 何だ・・・コレ・・・」

ルーシィ
「しっかりして!!ナツ」

倒れてしまうナツ
「うう・・・」

フェアリーテイル501

それを元に戻したの」

ルーシィ
「何でそんな事!!」

ブランディッシュ
「何で?そいつは私達の脅威だからよ」

ハッピー
「やめてよ!!
ナツを苦しめないで」

ブランディッシュ
「あなた達は敵」

ルーシィ
「敵じゃない!!あたし達は友達になれる!!」

ブランディッシュ
「それはあなたと私の母の話 私達は別の国で育ち、別々の目的をもって対峙している

確かにあなたにもう怨みはない けどこのままじゃ私はどうしたらいいのか分からないのよ!!」

ルーシィ
「・・・」

コートを脱ぐブランディッシュ
「めんどくさいから白黒つけたいの、ルーシィ」

フェアリーテイル501

ルーシィ
「あたしが勝ったらナツを治すって約束してくれる」

ブランディッシュ
「違うわよルーシィ 
白黒って私とあなたが戦う事じゃないわ 
私があなたをころして決別するの 
少し情に流された自分と」

ハッピー
(何だこの魔力・・・)

ブランディッシュ
「あなたに勝ち目なんか少しもある訳ないじゃない」

ブランディッシュにハイキックするルーシィ
「約束しなさいよ!!」

フェアリーテイル501

ハッピー
「ルーシィ!!」

ルーシィ
「開け!!天蠍宮の扉!!

フェアリーテイル501

行くぜルーシィ!!」

ルーシィ
「OK!!」

スコーピオン
「サンドバスター【改】!!」

スコーピオンが砂嵐を出してルーシィがその中を移動してブランディッシュに攻撃する

ブランディッシュ
「コマンドT縮小!!」

小さくされるルーシィ
「わっ」

スコーピオン
「ルーシィ!!」

フェアリーテイル501

ルーシィ
「うっ」

しかしルーシィはキャンサーフォームになり、掌の中から斬る

手を開く事に成功したルーシィはそのままブランディッシュの体を斬りまくる
「それっ」

指を鳴らすブランディッシュ
「うっとおしい!!元の大きさに戻れ!!」

スポンサードリンク

ルーシィを元の大きさに戻したブランディッシュだったが、目の前にルーシィの姿がない

ブランディッシュ
「! 消え・・・」

フェアリーテイル501

ハッピー
「すごい!!」

スコーピオン
「大地を波のようにうねらす魔法さ 
オレの彼女(アクエリアス)のな」

しかしルーシィの魔力を圧縮するブランディッシュ
「コマンドT “縮小” 」

ルーシィ
「あたしの魔力が圧縮された!?」

ブランディッシュ
「魔力の質が違いすぎる あなたと12(私)とでは コマンドT “拡大” !!」

吹き飛ばされるルーシィ

ナツ
「ル・・・」

ハッピー
「ナツ!!」

立とうとするが立てないナツ

ナツの体に触ったハッピー
(体が冷たい・・・!!ナツの炎が消えちゃう)

ルーシィ
「あたしよりあんたの方が強いのは認める でも負けられないのよっ!!

フェアリーテイル501

ブランディッシュ
「・・・」

そこに出てくるディマリア
「もういい 茶番はその辺にしておきな」

ブランディッシュ
「マリー」

泣きそうなハッピー
「また増えた・・・」

ルーシィ
「茶番って何よ!!」

ディマリア
「ランディはその男もお前もころすつもりはないって事だよ 最初からね」

ルーシィとハッピー
「!?」

ディマリア
「腫瘍を元に戻した?
アンタなら内臓を拡大して人体をぶち破ってころせる 
その女も小さくして踏み潰せば終わりだ 
なぜそれをしない
私が見てるのに気づいて “負けるフリ” をするつもりだったんだろ?」

ブランディッシュ
「・・・」

ルーシィ
「え・・・」

ディマリア
「お前はもうダメだランディ」

カチッと歯を鳴らすディマリア

ブランディッシュ
「やめ・・・て・・・」

フェアリーテイル501

ルーシィ
「いやぁあああっ!!」

ハッピー
(一瞬・・・で・・・)

ディマリア
「私のランディを壊したのはお前か」

ルーシィの頭を踏むディマリア

フェアリーテイル501

–501話ここまで

次回 フェアリーテイル 502話へつづく

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑