バトルスタディーズ 81話 電人GO!

公開日: 

森の中を門松が一人で戻って来たところに、狩野と丸井が出くわした。。

スポンサードリンク

狩野
「・・・門松、何で一人やねん・・・
モーリーは?」

門松、黙ったまま通り過ぎようとする。

狩野
「・・・おい、聞いてんのか!?モアイ。」。

門松
「帰った。」

「えっ!?」

バトルスタディーズ81

深夜0時50分
DL学園音の森。

「かなんな・・」

バトルスタディーズ81

花本
「でも何で門松は帰らへんかったんやろ?
毛利と一緒におったんちゃうん?」

丸井
「・・・わからへん。
”毛利は帰った”
それ以外門松は何も話してくれへん。
何かあったことは確かやと思う・・・」

狩野
「意味わからんホンマ・・・
私学大会であんだけ活躍して・・
2年後のレギュラー見えてたのに・・・
脱走する理由あれへんやん・・・」

花本
「寮生活がしんどかったとか?
仕事も遅かったし、限界来てたんかな?」

丸井
「オレも勢いで脱走した・・・
戻ってきてくれたらいいけど・・・」

同時刻、洗濯場。

門松が、鬼頭と会う。

鬼頭
「・・・あ・・・・」

額に血管が浮き出ている門松
「テメェ、ここで何してんだ?」

鬼頭、一瞬で言い訳を考える。
「ちゃうねん、門松さん~聞いてくださいよ~
脱走するとこ、寮監にばれたんすよ!
次のチャンス見て脱走するしかないっすね~
門松さん達も失敗っすか?
・・・・あれ?相方さんは?」

うつむいて、洗濯に行く門松。

鬼頭、舌打ち
( 毛利だけか・・・。
あと1人・・・ )

バトルスタディーズ81

6月4日、雨天練習場。

海宝
「兵安との決勝まであと3日や!
気合入っているか?」

バトルスタディーズ81

海宝
「攻撃陣はセンバツで12安打5得点。
好投手・平からよぉ打った。
でも次はもっととらなアカン。
金川が投げへん分、攻撃陣が投手陣助けたらなアカン。
さらなる”平攻略”が必要や。

バトルスタディーズ81

その課題さえクリアすればもっと点はとれる。
せやろ?」

「ハイ!」

「そこで今日は・・・
”仮想平”の秘密兵器を用意した
おい電人!準備えぇか?」

「ジュンビ、オーケーデス」

スポンサードリンク

金川
(ナメてんのか、あいつら!?
誰に口きいてんねん!
ころされんぞ!?)

烏丸
(・・・電人・?)

バトルスタディーズ81

二人の投球を見た3年の感想

バトルスタディーズ81

海宝
「どや?
一週間かけて密かにつくった。
電人Mと電人Yや!
ビシバシやろ!!」

バトルスタディーズ81

バトルスタディーズ81

ガンガン回っていいイメージ体にすりこめ!
分かったな!」

「ハイ!」

まず烏丸。
ストレートもチェンジアップもきっちり打ち返す。

海宝
「それやカラス。
ほかのもんもよぉ見とけ!」

打撃捕手・狩野
(やっぱすげーな烏丸さん・・・
海宝さんに言われたことすぐ実践してチームに背中見せる・・・
練習のときも誰よりも重圧背負ってやってはる・・・
これがDL学園のキャプテンか・・・)

バトルスタディーズ81

ブルペンでは、天津が投球練習。
(・・・正直、怪獣・早乙女対策はない。
とにかく低めに球集めて、長打されへんことしかいまはできん・・・

バトルスタディーズ81

同時刻 兵安高校野球場。

平が投球練習中。

キャッチャーミットがいい音を鳴らしている。

バチン

捕手
「く~、えぇ球や平ちゃん!
シビれるね~、バンバン行こ!」

しかし平は
「OKもういいです。
終わります。」

捕手
「えっ
まだ15球やぞ?」


「大丈夫っす。
数放りゃええいうもんちゃいます。
指の引っ掛かりも体重移動もバッチシ。
DL戦まであと3日。
考えるたんびにいろんな感情湧いてきて

バトルスタディーズ81

–81話ここまで

次回 バトルスタディーズ 82話へつづく

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑