風夏 125話 一番好きな曲!

公開日: 

三隈
「それじゃ、お疲れさん・・・今日はありがとう」

青葉
「いえ!
こちらこそどうもありがとうございました!」

スポンサードリンク

鈴屋
「ライブは2デイズなんだけどね。
約束通り対バンは初日だけだ」

三隅
「軽く打ち上げっぽいことやるんだけど、君らも来なよ・・・
時間あるだろ?」

青葉
「え?あ、ハイ・・・
あの、あの手羽先とかありますか!?」


「すみません。ちょっと話したいことがあるので、今回はご遠慮させていただきます」

三隅
「え、そうかぁ・・・じゃあ、仕方ないな」

青葉
「えーー行きましょうよ榛名さァん!!」


「それじゃ、失礼します」

青葉
「榛名さァん!!」

メンバーは去っていき・・・

鈴谷
「今回は・・・か・・・残念だけど・・・もう会うこともないだろ・・・・彼らとは・・・」

風夏125

那智
「・・・・みんなそう思ってたよ。
口にはしねぇけどな。
それが・・・お前の言ってた違和感と何か関係あんのか?」


「・・・はい・・・

風夏125

全くと言っていいほど、BlueWellsの曲についてコメントがありませんでした」

風夏
「・・・・」


「つまり、僕の作った曲がダメなんだと思います」

沙羅
「そんなことありません!
私はいい曲だと思います。
実際間宮さんだって褒めてくれたじゃないですか!」

三笠
「・・・じゃあ、どうしてこんなことに?」

やっさん
「初期衝動が無くなった?」

たま
「ああ、このアルバムからはそれが全く感じられないよ。

風夏125

たま
「悪くはないよ・・・
ただ知識を身につけ、平均点を超えられるようになったことで、無知による奇跡の120点がなくなったってだけのことさ」

やっさん
「じゃあ、どうしろってんだ・・・上手くなるなって事か?」

ニコ
「狙って120点出せばいいだけだ・・・簡単だろ」

やっさん
「むちゃくちゃ言うな」

たま
「・・・・ってゆーか・・・
何か理由でもあるのかね・・・」

「え?」

「いや、何でもない。」

那智
「だけどよぉ・・・曲が悪いって言ったって、どうにもならねぇじゃん」

青葉
「・・・ですよねぇ・・・
今から新曲作って練習する時間なんてありませんし・・・」

ずっと何か考えていた風夏
「・・・・
ねぇ、ちょっといい?
実はみんなにずっと言いたいコトがあったの」

スポンサードリンク

居酒屋で鈴谷と三隅が飲んでいる。

鈴谷
「まァ・・・これではっきりしたじゃん。
アイツラのライブ見て確信したよ」

三隅
「え?何がだ?」

鈴谷
「天谷早織の目は節穴だったってことだよ。
やっぱり俺たちはあの事務所を辞めて正解だったんだ・・・」

三隅
「・・・鈴谷」

鈴谷
「何がヘッジホッグスを超えられる”逸材”だよ・・・
俺たちにそんな才能あるわけ・・・」

そこに優と風夏が入って来る。


「ちょっとマズイよ風夏!
いくらなんでもそんなこと・・・」

風夏
「聞いてみなきゃわかんないでしょ・・・あ、いた!」

風夏、鈴谷達に向かって

風夏125

鈴谷
「は?」

翌日、ライブ会場。

最上
「全くバカバカしい。
どうして俺がカナリアのライブを観なきゃならんのだ」

最上とルバードがボトムラインに来ている。

「いいじゃないっすか。
どうせ今日は休みなんですから。」

風夏125

入ってみると・・

風夏
「どうもー初めましてーー!!
Blue Wellsでーーす!!」

これにはルバートのメンバーもびっくり。
「はぁ!?

風夏125

三隅
「どういうつもりだ?
あいつらの事は見限ったんじゃなかったのかよ」

鈴谷
「・・・たかだか前座だ・・・
そこまでやりたいなら一曲くらいやらせてやるよ」

風夏
「えーっと、私たちは今日はオープニングアクトなので一曲だけなんですが、一生懸命やるのでよかったら聞いてください!」

ステージ上のメンバーは皆いい表情をしている。

その訳は・・・

回想、昨晩。

那智
「The Fallen Moonの曲がやりたい・・・?」

風夏
「みんなが私に気を使ってくれてるのも・・・
だから優くんが全部新曲にしてくれたのもわかってた。
だけど、私はThe Fallen Moonの曲が大好き!
それを同じバンドでやりたいって思ったの!
バンド名が替わったからって、あの頃の気持ちまで捨てることないじゃない!
お願いだからもう一度歌わせてほしい。
優くんが大好きな人のために作った、私の・・・一番好きな曲を」

風夏
「for you」

風夏125

鈴谷「!」

風夏125

鈴谷
「なっ・・・・なんだコイツら・・・!!」

–125話ここまで

次回 風夏 126話へつづく

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑