ハレ婚 99話 戦火の女

公開日:  最終更新日:2016/09/27

龍の指令のもと、美鈴の正体を掴むべく、小春が動く!

スポンサードリンク

ハレ婚祭会場の託児所。

未来が遊んでいるところに小春が声をかける。
「みーくーちゃん!
おはよ!

ハレ婚99

小春
「アタシは小春!
今日一日未来ちゃん専用スタッフなの。
市長権限で・・
ねえ、良かったらさ・・・!」

小春、未来と手を繋いで会場内を散策。

未来、ヨーヨー釣りにチャレンジ。

ヨーヨーゲットして

ハレ婚99

小春
「あたしのパパお祭り好きだったんだ。

ハレ婚99

未来
「ふーん・・・」

小春
「今日・・・
もしかしたら、

ハレ婚99

ハレ婚99

未来、走って行ってしまう。

小春は昨日の作戦会議を思い出す。

回想、昨日の夜。

龍之介
「問題は未来ちゃんだ。
あの子の気持ちが大事になってくる。」

小春
「なんで?」

龍之介「なんでも」

「は?」

ハレ婚99

龍之介
「明日一日未来ちゃんとデートするんだ。
彼女のしたい事に付き合ってやればいい・・
小春ちゃんがまぁ・・・
ちょっとウザいけどそんなに悪い奴じゃないってコトは伝わるだろう。」

「なんだよ」

ハレ婚99

ゆずは気乗りしない様子。
「べつに逆らうワケじゃないんだけどぉ・・・
なんで彼女なのぉ?
もっといい人いるんじゃない?」

龍之介
「彼女は今の伊達家に必要な人だよ。」

ゆず
「えー?なんでぇ?」

「勘」

小春「勘かい」

スポンサードリンク

小春、我に返り、
(勘の意味は不明だけど・・・
それより今は!)
「保護者代理として見失う訳にはいかねえ!!」

小春、未来を追いかける「待てー!!」

ハレ婚99

ゆずのミッションは・・・

ハレ婚99

男たちが振り返る
「あんな人いたっけ」
「さあ・・・美しい・・」

美鈴、ゆずに気づき「ゆずさん」

ハレ婚99

ゆず
「こちらこそ来てくれてありがと。
今日はすごくキレイなのね。
わからなかったわ。」

美鈴
「少しはちゃんとしなきゃと思って・・・・
あの・・・
龍さんと小春さんは一緒では・・?」

ハレ婚99

「ええ・・」

ハレ婚99

ゆず
「すっごいでしょ?
5年に一度の御船祭で町を練り歩くの。」

美鈴
「大きい・・・
見て見たいわ・・・お祭り。」

ゆず
「見れるわよ

ハレ婚99

ゆず
「困ったわ。
ぶっちゃけあたしは誰でもいいし、嫁は多い方がラクだけど。
それはあくまで伊達家に害のない女の場合。

ハレ婚99

あなたはどっちかしら。
美鈴さん。」

–99話ここまで

次回 ハレ婚 100話へつづく

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑