ハイキュー!! 223話 刺刺(とげとげ)

公開日: 

影山、トスの体勢に入って
「西谷さん!邪魔っス!」

西谷
「あ゛あん!?」

スポンサードリンク

影山はレフトの田中にトス。

ハイキュー223

西谷、影山ににじり寄る
「なんだって?」

影山
「バック・アタックの助走の邪魔してます」

谷地
「? そ、そうでした・・・?」

潔子
「・・・どうだろ・・・皆バラバラに動いてるしわかんなかったけど・・・」

さっきのプレーを思い浮かべた西谷

ハイキュー223

ほっとする谷地

菅原
「全然気付かなかったなー」

縁下
「プレー中に気付く影山も、言われてすぐ思い当たる西谷も凄いですね」

山口
「・・・西谷さんにあんな風に言うのがスゴイ・・・」

田中
「にしても言い方ってモンがあんだろうが」

影山
「・・・他にどういう言い方がありますか」

ピキーンときた田中

ハイキュー223

影山を見る月島

木下
「普段の西谷にならともかく、プレー中の西谷に文句言うヤツは初めてだな」

成田
「さすが影山」

谷地
(・・・なんだろ いつもよりちょっとこわいな)

スポンサードリンク

試合は進み、烏野14ー16伊達工

月島のアタックは黄金川にワンタッチされる

ハイキュー223

相手のアタックを西谷が飛び込んでなんとか触る
「ふぬっ・・・!影山!」

ハイキュー223

そのプレーを見た黄金川
(コイツほんっと機械みてえ 余裕の無い体勢から高すぎず低すぎず近すぎず遠すぎないトス どんくらい練習したんだ なんか感動する)」

うるっとする黄金川

3枚ブロックにつかれた田中はクロスに打つもネットにかけてしまう

田中
「あ゛ーックソッ スマン!スンマセン!」

影山
「・・・」

烏養
「ブロック意識しすぎたかな」

その時・・・いつの間にか2階の通路にいた伊達工3年生の茂庭・笹谷・鎌先
「いーぞーいーぞーダーテーコー」

追分
「またアイツら・・・」

滑津
「ヒマなんでしょうか・・・?」

ハイキュー223

二口
「色んな方法で相手にプレッシャーかけんだよ!心折りに行くんだよ!主審に目をつけられない程度に!練習でできない事は本番でもできないぞ!」

固まる茂庭
「・・・」

笹谷
「二口がああなのはお前のせいじゃないよ 二口は最初からああだったよ」

鎌先
「イイぞ二口クソ野郎ー!!」

追分
「うるせえぞ鎌先!」

ビクビクしている谷地
「伊達工業さんは楽しそうで何より・・・」

アタックを2本止められてしまった東峰
「あーっ、スマンッ」

得点は烏野17ー20伊達工

スコア係の伊達工選手
「なんか烏野ビミョーじゃねえか?勝てちゃうよ」

影山
「・・・」

続いてのプレー

クイック・・・と読んで跳んだ月島
(! しまった 後ろか)

ハイキュー223

影山
「もう1回跳べよブロック 今のは二度跳びできただろ」

山口
「ああ~・・・多分言われなくてもわかってるやつ・・・」

笑顔で言う月島
「何をイライラしてんのさ 王様はゴキゲンナナメですか?」

影山
「あ゛?」

2人を引き離す澤村と田中

日向
「月島、他のヤツの言う事はもうちょい素直に聞くのに影山のはダメだな」

山口
「理屈じゃないからね 仲の悪さは」

烏養
「雰囲気悪ッ」

武田
「タイムアウト取りますか?」

烏養
「いいよ、大丈夫」

レフトの東峰にトスを上げる影山

東峰のアタックはブロックの上を越えていくが大きくアウト

ハイキュー223

また固まる一同

東峰
「・・・ああ うんスマン」

向かっていこうとする田中を止める澤村
「田中ステーイ」
(影山、今日はやけにピリピリしてるな)

月島
「わざわざユースの合宿に行った結果が “王様” に逆戻りだったりして」

–223話ここまで

次回、ハイキュー!! 224話へつづく

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑