コウノドリ 169話 何もできないのがつらい

公開日:  最終更新日:2016/10/07

シリーズ<稽留流産> 編 第2話!

サクラの紹介で不育症のクリニックを受けてきたという後藤さん。
「鴻鳥先生・・・
不育症の原因がわかりました。」

スポンサードリンク

後藤
「・・・・
抗リン脂質抗体症候群という疾患で・・・
私は血液がかたまりやすい体質だったみたいです。」

コウノドリ169

サクラ
「抗リン脂質抗体は血栓を作りやすく、そのために赤ちゃんへの血流を阻害し、流し産の原因となります。」

後藤
「自分は健康だと思ってたから
最初はちょっとショックだったんです

コウノドリ169

サクラ
「後藤さん・・・すでに妊娠10週なんですね。」

後藤
「はい。
不育症のクリニックで血栓ができにくいように治療も始めています。
血液をサラサラにするアスピリンの内服と、ヘパリンの在宅注射も開始しているんです。
ヘパリンの注射は12時間ごとに自分で打つので、もう太ももが青あざだらけです。」

サクラ
「大変ですね」

後藤
「ぜんぜん平気ですよ
流産したときのほうがずっとつらかったですもん」

ナースステーション。

後藤さんのことについて皆で話している

ゴロー
「後藤さん、ヘパリンの在宅注射してるんですか・・・
でもそれってすごく費用がかかりますよね」

四宮
「ヘパリンの在宅自己注射は平成24年に不育症の治療ではなく、妊娠中の血栓症予防として保険適用になっている。」

看護師
「じゃあお金もそんなにかからないですね。」

サクラ
「そうだね。
ただ、保険適応の診断基準がきっちり決まっていて・・・全部が全部ってワケじゃないんだ。」

ゴロー
「後藤さんは不育症の検査を受けていろいろ良かったんですね。」

小松
「妊娠してよかったね。」

サクラ
「ええ・・・
後は薬の副作用が出てないか定期的な検査をして・・・
不育症のクリニックと連携して妊娠を見守っていきます」

小松
「じゃあ・・・気になるのは篠原さんか・・・」

サクラ
「そうですね。赤ちゃんの心拍が確認できるまでのこの2週間は・・・
とても長いでしょうね」

篠原さん宅

会社に出かける夫
「・・・今日は早く帰ってくるからさ。」

「・・・うん」


「家事とかオレが帰ったらやるからゆっくりしてなよ。」

「大丈夫・・・
動いてた方が気がまぎれるから」

夫、歩きながら
「大丈夫かな。
オレだって一人になったらいろいろ思い出すのに・・・
あいつは・・・

コウノドリ169

夫は会社でもずっと妻の心配で仕事は上の空。

同僚に心配されている。

スポンサードリンク

健診前日。


「・・・明日だな、健診」

「・・・うん」


「オレも一緒に行くから」

「うん」

妻にどう接すればいいかわからない夫。


「あ、オレ、コンビニ行ってくるけどアイスとかいる?」


「いらない」

コウノドリ169

コンビニの帰り・・・


「ハァ、・・・・

コウノドリ169

健診当日。

サクラ
「篠原さん、経膣エコーで見ますので内診台に上がってください。」

「はい・・・」

廊下で待つ夫、診察室の篠原さん。

コウノドリ169

(お願いします。)

エコーを終えて・・

サクラ
「・・・篠原さん。
ここに赤ちゃんの姿が見えます・・・

コウノドリ169

コウノドリ169

サクラ
「残念です」

篠原さん「・・・・」

サクラ
「もしも不育症の検査を希望される場合・・・
不育症専門のクリニックをご紹介します」

病院からの帰り道

コウノドリ169

篠原
「よしゆき
もう諦めようかな赤ちゃん・・・」


「お前がそうしたいならオレはそれでいいと思う
でも、本当にそれでいいの?
今・・・一番つらいのはお前だと思うけど・・・
オレもつらくて正直どうしていいのかわからない。
お前は怒るかもしれないけどさ・・・
最初の流産の時も、2度目の時も・・・・
そして今回も・・・
オレがつらいのは流産してしまったことじゃないんだ・・・

コウノドリ169


「最初に流産した時から
何をしてやったら・・・
何を言ってやったら・・・
お前が昔みたいに笑ってくれるのかずっと考えてる・・・
でも・・・・
オレにはできないかもしれない・・・

コウノドリ169

コウノドリ169

もしお前が本当に諦めていないなら
不育症の検査を受けてみないか?」

ペルソナの廊下を歩きながらサクラと小松が話をしている。

小松
「・・・私さ、篠原さんのエコー中ずっとお願いしてた
”神さま、篠原さんに赤ちゃんの心拍みせてあげて”って
無理だったけどさ・・・」

サクラ
「一緒ですよ・・・

コウノドリ169

–169話ここまで

次回 コウノドリ 170話へつづく

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑