ハレ婚 102話 危険な女

公開日: 

地に堕ちた薔薇は、拒否の証。
龍の渾身の告白、実らず!

スポンサードリンク


「こっ・・・これは!?
棄権・・・!?・・とゆーことでよろしいのでしょーか!?
つまり・・・フッ・・・フラれたぁー!!?」

ゆず
「・・・・ウソ」


「なんという展開・・・こんな事あるのかー!?」

龍之介
「・・・・・・・・・・・なんで?」

美鈴は龍之介に頭を下げて一礼した後

ハレ婚102

龍之介
「!!う゛・・・・っ」


「!?どーしましたっ!?」

龍之介、腹をおさえて
「ふ・・・古傷が・・・」

ハレ婚102

未来、立ち止まって
「・・・ご、ごめんなさい・・

ハレ婚102

未来、走り去る
「おさわがせしましたっ」

ゆずと小春はお互い目を見合わせて・・・

ゆず
「・・・あたしが追うわ!」

小春
「!」

ゆず
「小春は龍ちゃんを」

ゆずは走って行き、小春が龍之介を見ると

ハレ婚102

ゆず
「美鈴さん!!」

ハレ婚102

タクシーは走り去ってしまう。

美鈴
「・・・ごめんね。やっぱりダメだわ。
あの人たちを見て思ったの。
ママ、ハレ婚なんて絶対無理」

美鈴
「未来も頑張ったのに・・・また元に戻っちゃうわね」

未来、ニコッとして
「・・・いいよ、ぜんぜん」

スポンサードリンク

一方、会場では龍之介のぼやきが止まらない。

龍之介
「なんで?

ハレ婚102

小春(怖えぇ)

小春
「まぁ・・・あたしもゆずと仲直りできたしさ!
色々勉強になったし・・
なんだかんだで結果オーライ。
良かったんじゃない!?」

龍之介、ぼそっと
「・・・・・・全然よくないし」

小春
「・・・よしっ!!!
次こそはあたし、受け入れますっ!!!
今度 龍が本気で結婚したいって人が現れたら応援する!!」

龍之介
「またそんな出来もしない事を軽々と・・・」

小春
「出来る!!」

龍之介
「ウソだね」

小春
「ホントに!!」

龍之介
「・・・・ほう?

ハレ婚102

うらら
「龍さん!いらっしゃいませ!」

龍之介
「やあ、うららちゃん。今日もクソ可愛いね」

うらら
「えっ・・・!?そ、そんな・・・」

龍之介
「実は前からうららちゃんをお嫁さんにしたいと思ってたんだ。
僕と結婚してくれない?
コレ(ハレコング)あげるから」

ハレ婚102

ハレ婚102

龍之介、ショックで膝をついてしまう。

うらら
「え・・・っ?」

小春
「龍!!?」

ゆず(あーあ・・・これはまた再起するまで時間がかかりそうねえ・・・

ハレ婚102

第2回ハレ婚祭、結婚した女性・・・25人

–102話ここまで

次回 ハレ婚 103話へつづく

○感想

ホントに行っちゃいましたね、美鈴さん。

未来ちゃんも家族になって楽しくなりそうだったのに。

ホントにもうこれっきりなのでしょうか。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑