フェアリーテイル 506話 壊れた絆を

公開日: 

マカロフが生まれた時のこと。
母親に
「マスター、この子の名付け親になってもらえますか?」

メイビス
「わ・・・私がですか?」

スポンサードリンク

フェアリーテイル506

みんな泣いている。

ラクサスがメイビスの肩に手を置く
「立ち上がってくれ初代・・・敵はまだ残ってる アンタの作戦がなきゃ勝てねえ」

ギルドのメンバーたち
「ラクサス・・・」
「うう・・・」

ラクサス
「じじいの為にもな」

フェアリーテイル506

崖の上のギルド。

ゼレフ
「何人やられたんだい?」

アイリーン
「7~8割の兵力を削られたかと」

ゼレフ
「さすが・・・と言っておこうか、みくびっていたよ 
僕がメイビスに教え、メイビスがマカロフに伝えた魔法」

アイリーン
「しかし残存12に被害はありませんわ 
戦局はさほど変わらないでしょう」

スポンサードリンク

ナツとグレイは依然として戦っている

グレイの氷を破壊してぶっとばすナツ

しかしその氷の破片がナツへと飛んでいく

かわすナツだったが氷はナツを目がけて追い続ける

フェアリーテイル506

右足を凍らされ、グレイに吹き飛ばされるナツ

転がったナツは地面に腕を突っ込んで炎を噴き上げて攻撃するがグレイは全て凍らせていく

続いてナツは凄まじい咆哮を放ち、自身も突っ込んでいく

グレイは素早く氷の壁を作り、勢いのままにぶつかるナツ

ナツはすぐさま氷の壁の横から攻めようとするが、そこにも氷の壁を作って防ぐグレイ

更に沢山の氷の壁をナツを囲うように作るグレイ
「オレが止めてやるよ、ナツ」

フェアリーテイル506

しかしナツは破壊して飛び出てくる

ナツ
「グレイィィィ」

グレイ
「ナツゥゥゥ」

足から炎を噴射して物凄いスピードで突っ込んでいくナツ

真っ向から拳でぶつかり合う2人

フェアリーテイル506

更に2人は拳を振りかぶる
「ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛」

フェアリーテイル506

エルザ、涙
「・・・何をやっているんだ お前たちは・・・」

ナツ
「エルザ・・・」

グレイ
「涙・・・」

–506話ここまで

次回 フェアリーテイル 507話へつづく

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑