コウノドリ 171話 ぶらり一人旅

公開日: 

新シリーズ開始!!

コウノドリ初のペルソナ病院外が舞台。

スポンサードリンク

洋上を1隻のフェリーが行く。

船の中にいるのは・・・

「4時間かよ・・・
俺フェリーなんて乗るの初めてなのに。

コウノドリ171

回想。

ペルソナ院長室。

ゴロー
「え・・・
離島ですか?」

院長
「うん。
今年からうちの産婦人科専攻医は1か月・・・
離島研修に行ってもらうことにしたんだよ。」

ゴロー
「1か月・・・
でもそれだと鴻鳥先生と四宮先生・・・倉崎先生だけで人手が足りなくなりますよ。」

「大丈夫大丈夫。
ゴロー先生がいない間は産科に2人初期研修が来るから頑張ってもらうよ。
島の病院の院長は私の古くからの友人だから良くしてくれるよ。
空気も美味いし、魚も美味いしね
カニが有名よ、松葉ガニ。
美味いよね。」

「オレ甲殻類アレルギーです。」

「・・・・まぁとにかくさ、今回が初めての試みだから後が続くように頑張って行って来てよ。」

ゴロー
「ったく・・・」

近くにいる老夫婦
「アンタどうしたの?
さっきから生あくびしてさぁ~

コウノドリ171

おじいさん
「フェリーくらいで酔うわけねェだろ。」

ペルソナナースステーション

小松
「・・・
それにしても院長は何を考えてんだろうねぇ~
いきなりゴロー先生が離島研修なんてさ。」

看護師
「まさか・・・・
島流しとか・・・」

小松
「かもね・・・」

サクラ
「院長も友達に頼まれて断れなかったんじゃないですか。
まあ・・・ゴローくんにはいい経験かもしれないし。」

四宮
「そのまま帰って来なくてもいいけどな。」

3人「・・・・」

小松
「はは・・・・
ゴロー先生今頃・・・
フェリーで船酔いしてたりして・・・」

船の甲板

ゴロー
「はあ~
離島の病院てどんな感じかな・・・
ボロボロだったりして・・・はは・・
う~波見てたら具合悪くなってきた。
中で寝てよ・・・」

その頃船室ではさっきの老夫婦が
「あんた・・・
本当に大丈夫?
顔色悪いよ。」

おじいさん
「大丈夫だ・・・
ちょっと甲板に出て風に当たれば平気・・・」

おじいさん、立ち上がろうとしたとき、倒れてしまった!!

おばあさん「え・・・」

ゴローちゃんが船室に戻ってきた
「はぁ・・まだ着かないのかなぁ・・・」

おばあさん
「ちょっとあんた・・・
どうしたの
大丈夫」

人が集まってきた。

ゴローが後ろからこえをかける
「どうしたんです?」

スポンサードリンク


「ジィさんが急に倒れたんだよ
意識もないみてぇだな・・・」

おばあさん
「あんた・・・」

客、ゴローに
「ちょっと兄ちゃん船員呼んできな。」

コウノドリ171

ゴローが診察を始める

まず、気道を確保して声をかける

「大丈夫ですか!?」

おじいさん「・・・・」

ゴロー
「聞こえてないか・・・」

スースーと息はしている

(脈も呼吸も心拍も安定してるな・・・)

客たち
「おい・・・
あんな若造で大丈夫なんか?」
「でも本人が医者だって言うんだからな・・・」

コウノドリ171

(瞳孔も左右差ないし、麻痺もなさそう・・・
脳は大丈夫そうかな・・・)

ゴローに声をかけた客が船員を連れてきた。
「AED持ってきました」

ゴロー
「AEDはいらないです」

船員
「え・・・
じゃあ・・・
どーぞ」

ボールペンを差し出す。

ゴロー
「何です、これ?」

船員
「ボールペンですよ、ボールペン」


「あ・・・おれ医療ドラマで見たことあるよ
こういう場面でさ・・・」

ドラマDr.パーカー

Dr.パーカー
「早く胸腔穿刺(きょうくうせんし)して胸に穴をあけないと命が・・・」

ボールペンを取り出す。

ガヤ「ちょっとあんたボールペンを折って何をする気なんだ」

Dr.パーカー
「時間がねえんだよ。」

コウノドリ171

そうこうしているうちに

おじいさん「う・・・」


「おい、意識が戻ったぞ」

ゴロー
「聞こえますか!?
痛いところはないですか?」

「ない・・・」

おばあさん
「よかった・・・」

ゴロー
「すみません
このかた・・・持病はありますか?」

おばあさん
「あ・・・長年糖尿病は患ってます」

「そうですか・・・
おそらく低血糖になったんだと思います。
なのでスポーツ飲料やコーラでもサイダーでもいいので糖類・・・
砂糖やブドウ糖の入ったものを飲ませてくあげて下さい。
島に着いたら念のため病院で診てもらってください」

「ありがとうございます」

客たち
「ジュース飲むだけか・・・」
「いいんだけどなんか地味だな・・・」

ゴロー、涙
「地味でよかったんだけどな・・・」

ゴローちゃんは再び甲板へ
「・・・・ハァ~
なんか寝そびれちゃったな」

隣の親子連れ
「パパ 島が見えた」
「本当だね」

コウノドリ171

コウノドリ171

(産科医かぁ・・・・)

–171話ここまで

次回 コウノドリ 172話へつづく

○感想

島の規模がわかりませんが松葉ガニが取れて離島だと隠岐の島がモデルなのかな。

ゴローちゃんの奮闘に期待します。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑