ダイヤのA actⅡ 54話 通用するよ

公開日:  最終更新日:2016/10/26

紅白戦の続き。

スポンサードリンク

快音鳴りやまずーー!!

2回裏、2軍チームの攻撃

強烈な打球はショート最上へ

ショートバウンドをはじいてしまう

この回2つ目のエラー

上級生チーム8点目。
(この回2点)

1年達
(これが全国レベルのチーム)

最上は
(今のはイレギュラー、俺は悪くない)
と呪文のように繰り返している。

九鬼、野手に声をかける

ダイヤのAact2_54

野手
「お・・おう!
止めよう」
「こっちに打たせて来い」

瀬戸はベンチから
「バッター集中!!
内野近いところで!!」

浅田はブルペンから
「ツーアウト
頑張れ九鬼君」

落合コーチ
「めげないな・・・」

部長
「えぇ・・・
エラーも出ていますし2回で8失点ですからね・・・
精神的にかなりキツいはずなんですが」

東條、金丸、由井、将司も息をのんで見守っている。

ダイヤのAact2_54

マウンドの九鬼(シニアで金丸、東条の後輩)
(あの東条先輩が投手じゃなく外野を守ってるんだ・・・
青道のレベルの高さは十分わかっているつもりだった・・
これでベンチ入りできないって・・・
レギュラー陣どんだけだよ。
けど・・
全国の頂点を目指すチームはこうでなきゃいけねえ。
それでこそ挑戦しがいがあるーー)

九鬼、狩場に2球続けてストレート

ダイヤのAact2_54

狩場、当てるもファーストゴロ。
(くっ・・・
思ったより曲りが・・・)

これでスリーアウト。

浅田が万歳している。

ギャラリー
「おー、この回は2点で止めたか。
ベースカバーも早かったし段々良くなってきたな。」

落合コーチ
「メンタルは悪くない
あのスライダーをもう少し効果的に使っていければ・・・」

部長
「骨折でチームに合流するのも遅かったですし、これからの成長が楽しみな選手ですね」

九鬼、ベンチに戻って

瀬戸
「今のスライダー良かったじゃん!」

九鬼
「でも当てられるんだよな・・・
やっぱすげえわ先輩達」

由井
「九鬼洋平か。
やっぱり試合に出たいなぁ・・・」

東条の表情にも笑みが・・

マウンド上は3年の川島。

気合の入った投球を続けている。

ストライクバッターアウト!!

ギャラリー
「川島の奴、気合入ってるな。

ダイヤのAact2_54

「俺達にもアピールさせろ!!」
「ツーアウト」
「さー決めるぞ!!」

狩場
(アピールするチャンスをもらった俺たちはまだいい・・
この試合に出ることができない3年生もいるんだ・・・)

スポンサードリンク

回想。

午前中、監督が2軍の選手を集めて
「午後から2軍メンバーと新入生で試合をする」

それを聞いた渡辺、御幸と試合を見に行く約束が頭をよぎる

監督
「ただこれはチームの戦力となる選手を選ぶための試合だ。
3年生全員を出してやることはできない。」

3年生
「分かっています
塁審は僕たちで交替してやります
主力メンバーの自主練も手伝えますし」

渡辺
「俺も決勝戦しっかり観て来ようと思います
チームの夏のために。」

3年生
「ナベ・・・」

監督
「・・・・
ああ・・頼むな」

「はい!」

マウンドでは川島の力投が続く

バッター九鬼打った!

打球はショート深いところへ。

うまくさばいて際どいながらも1塁アウト。

スリーアウトチェンジ!!

3年生たち、ガッツポーズ

九鬼
「くそー、守備もかてーな・・」

落合コーチ
「やはり片岡さんに鍛えられた上級生
新入生よりまとまりがありますね
自分たちの役割をしっかりと理解できてる・・・」

主審の監督
「川島!
まだコースが甘いな
打ち損じに助けられてるぞ!!
もう1イニング行け!!」

「はい!!」

監督
「4回の守備からサードとファースト、レフトを交代」

「はい!」

監督
「1年!!
バッテリーと守備を入れ替えるぞ!!
ピッチャー浅田!マウンドへ」

ダイヤのAact2_54

セカンド瀬戸」

「おーしいこうっ」

九鬼
「頑張れよ浅田!」

瀬戸
「かてーぞ表情が」

浅田
(え・・・もう?
まだ心の準備が・・)

奥村、浅田に
「通用するよ
その長身でサウスポー
あの角度から曲がって来られると先輩達も面食らうと思う
食堂居残り組の意地・・・
先輩達に見せつけてやろう」

ダイヤのAact2_54

ダイヤのAact2_54

浅田
「お・・・奥村君・・・
奥村君の期待に応えられるかわからないけど・・・
精一杯投げるから・・・」

この時なぜか物陰から様子を伺っている沢村

ダイヤのAact2_54

倉持
「向こうからでもバレバレだぞ」

「試合見るんやったら堂々と見てやろうや」

沢村、少し赤面・・・

期待と不安が入り混じる中、1年浅田、いざマウンドへ!!

–54話ここまで

次回 ダイヤのA actⅡ 55話へつづく

○感想

沢村は浅田が心配でしょうがないのか・・・

同じ部屋で一緒に寝起きしてると情が移るのかな。

身体も精神的にも線が細いしね。

でも、意外と浅田はこれから活躍していくのかな

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑