僕たちがやりました 77話 あなたが一生逢いたくなくても

公開日:  最終更新日:2016/10/31

人も車も”最高の自首”も
ひっくり返った池袋の交差点

スポンサードリンク

玲夢が血まみれで絶命。

やじうま
「きゃああああ」
「まじか・・・えっ!?えっ!?」
写メ撮ってる若者も
「ヤッベ!ヤッベ!」

黒服
「坊ちゃん・・・レイム・・坊ちゃん・・
レイム・・・!!
レーイム!!」

僕たちがやりました77

トビオ
「パイ・・・セン・・・」

パイセン、笑顔で
「脚しびれたの、治ったわ。」

警官三人がパイセンに駆け寄り、一人が腕をねじり上げ、一人が警棒でナイフを叩き落す。

そして最後の1人が

僕たちがやりました77

トビオ
「パイセン・・・
パイセン・・・
何やってんだよぉ!?
何で人ごろしなんだよ!?
バカかよ!?」

僕たちがやりました77

「パイセン!!
パイセン!!」

パイセンはパトカーにのせられる。

トビオの顔は涙でぐしょぐしょ
「パイセン!!!
なんか言えよぉ!?」

スポンサードリンク

遠くからパイセンの乗せられたパトカーを見ているしかないトビオ。

その時
「トビオ!!」

声の方には

僕たちがやりました77

トビオ
「レンコ・・・・」

トビオは続けて何か言おうとするが

僕たちがやりました77

あっけにとられるレンコ。

トビオはこれまでのことを思い出す。

”てゆーかさあ

僕たちがやりました77

”トビオと一緒だったらどこでも楽しい”
”トビオぉ 好きぃ”

僕たちがやりました77

僕たちがやりました77

トビオはパトカーにのせられるとき、少し笑みを浮かべている。

そこにレンコが駆け寄り、

僕たちがやりました77

僕たちがやりました77

警官に後ろから引き離されるレンコ

そしてトビオの目を見ながら
「待ってる」

–77話ここまで

次回 僕たちがやりました 78話へつづく

○感想

そっか・・・

レンコはずっとこういうヤツでしたからね・・・

ちょっとグッときました。

トビオの刑はどうなるのかな?

警察の爆破事件の扱いが問題です。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑