食戟のソーマ 189話 第2ラウンド

公開日: 

宗衛
「ソースを付けての審査が残っている」

シーラ
「・・・そ、そっか危なかったね・・・」

ベルタ
「もう少しで完食しちゃう所だったよ 美味しすぎて」

スポンサードリンク

葉山
「自信喪失でノックアウト・・・かと思ったが しつこさだけはあるみてぇだな」

創真
「しつこいじゃなくてタフって言ってくれてもいーぜ こっからが審査の本番だろ」

反撃、開始ーー!!

食戟のソーマ189

ベルタ
(熊のフォンにジュニエーヴルの香りを豪華にちりばめたソース・・・これだけでも昇天しそうな味だったのに)

ソースを付けて食べる審査員の3人

食戟のソーマ189

中華研部員達
「出たー!!薙切の一族が連綿と受け継ぐおはだけの亜種!!精神力による衣の爆発四散!通称・・・ “おはじけ” !!」

がっつくベルタとシーラ
「あぁああっ こんなのまるで味の連続爆撃だよぉ~!!」

宗衛
「恐怖すら覚えるな・・・なんという完成度だ」
(ジュニエーヴルとケイジャンスパイス!刺激とまろやかさ!スパイシーさと甘さ!全ての風味が相対的に熊肉を後押ししている
おそらく葉山アキラの脳内には素材を手にしたその瞬間から、熊肉を活かす完璧な黄金比・・・トータルバランスが立体的に浮かび上がっていたのだろう
これは彼が香りと美味しさの関係性を科学的に理論づけて追求していた成果でもある
例えるならば鉄壁の完成度を誇るオールラウンダースタイル!難攻不落の城塞に等しい一皿であった!!)

部員達
「そんな品に対抗しなくてはならないだと・・・」
「幸平殿・・・追いつける算段はあるのか!?」

葉山
(追いつける訳ねぇだろう なぜならこのやり方は俺の超嗅覚がなければ不可能だからだ
もし同じ事を他の料理人がやろうとすれば香りと味のバランスは間違いなく崩壊する 幸平・・・お前じゃ絶対にこの境地までは届かねぇ・・・!)

宗衛
「・・・では続いて幸平創真のメンチカツをソースで頂く」

食戟のソーマ189

創真の鍋をちらっと見て気づいた久我
(なるほど・・・葉山のジュニエーヴルに対して幸平ちんは “アレ” をソースの主役にしたって訳か・・・!)

ベルタ
「じゃあ・・・あーんっ」

食べる3人

ビクンッ・・・とするシーラ
(・・・え!?なに!?メンチカツの味の表情がガラリと変わった・・・!い・・・一体どうやってこんな美味しさを・・・!?)

ソースを指で舐めてみるベルタ
(何なのこのソースは!? ・・・っ・・・!この後に引く香ばしさ!ねっとりとしてるようでスッと伸びてく・・・
どうやってこんな風味を生み出せたの!?熊肉の甘い風味がより鋭く吹き抜けていくみたい・・・!!)

シーラ
(もしかしてこれ・・・ソースの扱いでは創真さんの方が・・・上を・・・いってるんじゃあ・・・)

味に浸って目をつぶっていた2人が目を開けると・・・

2人
「!?」

二人は下着姿に!
「きゃあああ
何これ・・いつの間にか・・・
はだけちゃってたよぉ」

堂島
「出たようだな・・・」

部員達
「堂島シェフ!?これは・・・?」

堂島
「これは先ほど出た “おはじけ” の上位にあたる技なのだ!!」

部員達
「!?」

スポンサードリンク

堂島
「おはだけするに相応しい真のハーモニーに満ちた皿を味わった時、薙切のちに流れる精神力が波動となり空気中に放たれる!
そうする事で薙切の家の者以外にも一時的に “おはだけ” を波及させ伝え “授ける” 現象・・・
その名も・・・ “おさずけ” !!」

部員達
「お・・・おさずけだとぉ!?」
「つまり・・・幸平殿がそれほどの品を出せたという事か!一体どんな調理をやったのだ!?幸平殿ー!」

宗衛
「美味しさの秘密は “ハチミツ” と “バルサミコ酢” だな?」

創真
「その通りっす!ほのかな甘さがソースに深いコクを!そして酸味が風味をぎゅっと絞ってキレを与えてくれるんすよ!!
猟師のおっちゃんから北海道の熊も蜂蜜は大好物って聞いてたんでなんとか料理に組み込めないか色々模索したんすよね!」

部員達
「それで “おさずけ” が起こるほどのコクとキレが・・・!」
「さすが幸平殿だ!」

葉山
(だが腑に落ちねぇ それだけで強い後味まで生まれるとは考えられない・・・まだ何か隠された要素が?)

ハッとして気付いた葉山
「そうか・・・!そういう事か!!蜂蜜を “キャラメリゼ” している・・・!!」

食戟のソーマ189

熊肉メンチカツの持ち味を加速させる極上ソースの出来上がりだ!!」

久我
「ほほー!俺がのんびりチャイ飲んでる間にそんなアイディアに辿り着いたんだねぇ 頑張ったじゃん幸平ちん!ね!」

部員達
「そ・・・そうですね・・・」

堂島
(更に熊肉と蜂蜜の相性の良さは言うまでもない・・・高級食材 “熊の手” が美味なのは
熊が蜂蜜を手で舐めとる事でまろやかさが染み込むからという俗説まで語られた程その結びつきは深い)
「素晴らしい発想だ・・・熊肉を蜂蜜という素材で引き立て バルサミコ酢とキャラメリゼによって “引き算” と “強調” を行ったわけだ」

その言葉にハッとする葉山

“引き算” と “強調” ・・・それは秋の選抜決勝で葉山が見せた事

にかっ・・・と笑う創真
「へへ・・・わりーな!選抜決勝ん時の意趣返しをさせてもらったぜ!!葉山!!」

葉山
「・・・」

久我
「はっはぁ!勝負に関してはほんとにねちっこいなぁ幸平ちんは ま・・・そういうトコ嫌いじゃないけどねん」

宗衛
「葉山アキラのフライドベア・・・優美さすら備えた絶品だった 揚げ物単体では圧倒的な凄みをみせたと言える!

だがソースの仕上がりでは・・・幸平創真に軍配を上げてしかるべきである!!」

部員達
「お・・・おぉおおっ・・・!」
「うぉおお!!追い上げたぞぉおおー!!」
「で、では・・・勝敗は・・・!?」

堂島
「これより判定に入る!!薙切宗衛殿・ベルタ殿・シーラ殿・・・各自1票ずつ投じて頂く
揚げ物とソース・・・全てを総合的に評価した時、熊肉を最高に美味しく味わわせたのはどちらの皿か!?」

悩むベルタとシーラ
「・・・決めたよ・・・!私はこっち!!」

シーラは創真、ベルタは葉山の札を上げる

部員達
「わ・・・割れた!!」
「ほとんど互角・・・だというのか!?」
「では最後の1票は・・・どちらに投じる!?薙切宗衛殿ぉ!!」
(間隙なき美味さ!!
完全無欠の要塞と風味を一点突破で撃ち込む攻城兵器!!
勝つのはどちらだ!?)

食戟のソーマ189

宗衛
「・・・では申し述べる この闘いの勝者は・・・」

–189話ここまで

次回、食戟のソーマ 190話へつづく

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑