僕のヒーローアカデミア 113話 試験その後に

公開日: 

轟の炎と夜嵐の風の合体技でギャングオルカを閉じ込めた!!

スポンサードリンク

ギャングオルカ
(身体は動かせずとも・・・!
威力・精度は減退しているがマヒの効きが充分でなかった 
辛うじて個性をコントロールできている
一方で完全に動けない轟は炎をくべる事で夜嵐の威力をカバー・・・
先程までの愚行が消えるわけではない・・・だが・・・いいじゃないか)

「フフ・・・!!」

僕のヒーローアカデミア113

ヴィラン役達
「おい後ろ!後ろ見ろ!」
「シャチョーが炎の渦で閉じ込められた!」
「マズくないか!?」
「シャチっぽいシャチョーは乾燥に滅法弱い!!」
「風(夜嵐)はいい!炎(轟)を止めろ!!」

セメント弾を撃つヴィラン役達

しかし轟は氷で防御と攻撃をする

ヴィラン役達
「!?」
「いっけね・・・こいつ・・・!轟・・・!!左右で2つの・・・!」

左右同時発動は動きが鈍る・・・練習はまだまだ足りない轟だったが
(動けねえなら・・・関係ねえや・・・)

ヴィラン役達
「ヘルプに戻るか」
「いや待て!」

僕のヒーローアカデミア113

セメント弾で対抗するヴィラン役達だったが・・・

ヴィラン役の腕を尻尾で掴む尾白
「借りる!」

そして同士撃ちにさせる尾白

デク
「尾白くん!」

尾白
「怪我人の避難済んだって!すぐに何人か加勢くるぞ!」

目良
(スタンバイしたHUCの救出・・・それ自体はあと3名程で全て完了・・・その時点でこの試験を終わらせます 最後の一踏ん張り頑張って!もうすぐ寝れる)

常闇
「尾白!緑谷!

僕のヒーローアカデミア113

傑物学園の生徒達もやってきて真堂を避難させ、ヴィランに立ち向かう
「あとは怪我人の安全確保・・・!こいつらの排除だ!」

ヴィラン役達
「ゾロゾロと・・・!!」
「一斉掃射だ、全員かためたれ!!」

しかし足元に潜んでいた蛙吹がヴィラン役達を倒す

デク
「あすっっゆちゃん!!
いつの間にそこに!?」

僕のヒーローアカデミア113

士傑のモサモサが辺りのヴィラン役達をそのモサモサで捕える


「士傑高校!見た目すげェ!!」

モサモサ
「イナサを向かわせたハズだが・・・まだこんなに残っているとは 士傑の名折れよ!!」

肉倉がちらっと映る・・・

受験者達
「強え・・・士傑強ェ・・・」
「ここに集まってくるって事は救助が済みつつあるのか・・・!?」

常闇
「俺達も続くぞ!!」

ギャングオルカ
「炎と風の熱風牢獄か・・・良いアイデアだ・・・並のヴィランであれば諦め・・・泣いて許しを乞うだろう
ただ・・・そうでなかった場合は?撃った時には既に・・・次の手を講じておくものだ」

ペットボトルの水を自分にかけて乾燥を防いでいるギャングオルカ


(くっ・・・)

夜嵐
(う”う”~・・・!)

痺れてまだ動けない2人

炎と風を吹き飛ばすギャングオルカ
「で?次は?」


「(ねェよ)」

そこに・・・

跳んできた勢いのままに蹴りを放つデク

僕のヒーローアカデミア113

ガードするギャングオルカ
(緑谷・・・!)


(お前は・・・どこまでも・・・!!)

しかし次の瞬間・・・

ビーーーー

デク
「!!」

目良
「えー、只今をもちまして配置された全てのHUCが危険区域より救助されました 
誠に勝手ではございますがこれにて仮免試験、全行程終了となります!!」

スポンサードリンク

デク
「終わった!?」

目良
「集計の後、この場で合否の発表を行います 怪我をされた方は医務室へ・・・他の方々は着替えてしばし待機でお願いします」

突然の終了にあたふたするデク

ヴィラン役達
「シャチョーすみません 仕事できませんでした・・・」
「やっぱ “拘束用プロテクター” は動き辛いですね・・・」

ギャングオルカ
(いや・・・プロテクターがなかったとしても・・・あの炎の渦はそれ程に見事だった
そして乾燥によるダメージからのやつ(緑谷)の奇襲・・・試験が長引いていればあるいは・・・)
「フフ・・・」

着替えて集まった受験者達は合否発表を前にざわついている

耳郎
「こういう時間いっちばんヤダ」

麗日
「わかる」

八百万
「わかります 人事を尽くしたならきっと大丈夫ですわ」

そして合否発表・・・

目良
「皆さん、長いことお疲れ様でした これより発表を行いますが・・・その前に一言 採点方式についてです
我々ヒーロー公安委員会とHUCの皆さんによる二重の減点方式であなた方を見させてもらいました
つまり・・・危機的状況でどれだけ間違いのない行動をとれたかを審査しています
とりあえず合格点の方は五十音順で名前が載っています 今の言葉を踏まえた上でご確認下さい・・・」

受験者達
「結構受かってるな!!」
「あ!私あったァ、やったァ!!」

自分の名前を探す爆豪
「ばッ!!」

デク
「み み・・・み・・・み・・・」

峰田
「みみみみみみみ」

デク自分の名前を発見した。

夜嵐と轟は・・・

僕のヒーローアカデミア113

–113話ここまで

次回 僕のヒーローアカデミア 114話へつづく

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑