七つの大罪 198話 巨人と妖精

公開日: 

キングとディアンヌが裸でご対面。

スポンサードリンク

キング
「ご・・・ごめんよディアンヌ・・・
その・・・オイラ全然気がつかなくって・・・!」

ディアンヌ
「わ・・・悪いのはキングじゃないよ!!
ボクの方こそちゃんと確かめなかったから・・・」

真っ赤な2人
(見ちゃった~!)

ディアンヌ
「全くボクってば・・・踊りなんて踊ってる場合じゃないのにね」

キング
「ううん、オイラこそ妖精王としてもっとしっかりしなくちゃいけないのに 少しも生えてくる気配がないんだから」

七つの大罪198

ディアンヌ
「こっちってどっち・・・」

ふたりはまたまたご対面

ディアンヌ
「ニ゛ャー!!」

キング
「ぐほーっ!!」

ヘルブラム
「・・・アホだ」

服を着た2人

2人は少し暗い顔で話す

ディアンヌ
「リオネスに残ったみんなは今頃どうしているかな・・・?」

キング
「・・・彼がしんで以来、ブリタニアには魔神族がはびこりつつあるらしい・・・リオネスも襲撃を受けている可能性は高いだろうね・・・」

ディアンヌ
「メリオダス・・・いい子だったのに・・・あんなころされ方あんまりだよ・・・」

七つの大罪198

ディアンヌ
「ねえ・・・ここ(妖精王の森)が魔神の攻撃を受けないのはどうしてなの?」

キング
「妖精王の森が結界を張って選別しているのさ 森に入っていい存在か否かを・・・ね さしもの〈十戒〉にも感知される事はない」

ディアンヌ
「へぇ~すごいね!マトローナや家族のみんなも入れてもらえて感謝してるって」

キング
「ただ気がかりはあるんだ・・・魔神族ならいざしらず、妖精王や巨人の王なら感知できてもおかしくはない・・・」

ディアンヌ
「グロキシニアと・・・ドロール?」

キング
「うん・・・ところがメリオダスがころされたあの日以来、目立った動きがないんだ・・・正直不気味でさ・・・」

ディアンヌ
「決して警戒は怠らないようにしよ!今のボクたちじゃ万が一にも勝ち目はないもんね・・・!!」

マトローナ達の所へ戻った2人

マトローナ
「ディアンヌ、戻ったか」

ディアンヌ
「マトローナも水浴びしてきたらどお?ザルパと」

照れた様子で答えるマトローナ
「そ・・・そうだな」

ゾルとデラはオスローと妖精達と追いかけっこをしている

ゾル
「アハハ こっちだ!!」

ゾルを捕まえて舐めまくるオスロー

ゾル
「やめろよオスロ~」

スポンサードリンク

そんな光景を見て笑みがこぼれるディアンヌ
「アハッ」

キング
「呑気なもんだ」

七つの大罪198

キング
「視線ってどんな?」

ゲラード
「詳しくはなんとも・・・ いえ・・・気のせいかもしれません」

キング
「・・・それにしてもなんだかみんな楽しそうだな」

ディアンヌ
「ねぇキング、みんなで一緒に踊ろうよ~」

楽しくみんなで踊りだす・・・

七つの大罪198

最初は突っ立って見ていたゲラードも踊り始め・・・

ゲラードの手をとったのは・・・

グロキシニア

微笑み合う2人・・・

そしてくるっとゲラードが回った時・・・

七つの大罪198

キョロキョロしてざわつく一同

マトローナ
「・・・私たちは今・・・何をしていた?」

ガウェイン妖精
「な・・・なんだべ 急に楽しい気分になって・・・みんなして踊ってたみてぇだげっちょ」

オスロー
「バフォ?バフォー!!」

ガウェイン妖精
「プオーッ!?」

マトローナ
「ど・・・どうした?」

七つの大罪198

マトローナ
「い・・・一体どこへ!?さっきまで確かに2人はここにいた ゲラード殿!!おぬしは何か気付いたか!?」

無言のゲラード

マトローナ
「ゲラード殿・・・?どうした・・・?」

七つの大罪198

“生きていてくれたんスね”

ゲラード
「あの声は・・・そんな・・・」

場所は変わって・・・

「さあ2人とも 目を醒ませ」

キング
「ディ・・・ディアンヌ!?」

ディアンヌ
「キ・・・キング!! こ・・・ここはどこ?さっきまでボクたち妖精王の森に・・・」

ヘルブラム
「ハーレクイン・・・最悪の展開だ!!」

キング
「ヘルブラ・・・」

七つの大罪198

キング
「いつの間に・・・謀られた・・・!!
2人で逃げるのは不可能だ・・・ここはオイラが!!」

ディアンヌ
「ボクも逃げない!!最期がキミと一緒でよかった・・・」

七つの大罪198

不敵な表情で待ち受けるグロキシニアとドロール

–198話ここまで

次回 七つの大罪 199話へつづく

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑