バトルスタディーズ 88話 俺の出番や

公開日: 

ピッチャーの平にソロホームランを打たれて4-0
(4回表)

スポンサードリンク

天津
(負ける・・・・
嫌や・・・・)

バトルスタディーズ88

DL応援席も沈黙。

烏丸と古谷。

バトルスタディーズ88

ベンチに戻った平
「この1点はデカい。
もういけるっしょ!」

薬師寺
「おい、平
気ぃ抜くなよ。
まだ4回やろ。」


「ハイハイ
もっとバッチバチいって、二度と立てんようにしたりましょ!
王様は俺らや!」

アナウンス
「8番ライト源クン」

スタンドから大きな声で
「お前コラ18番!

バトルスタディーズ88

黄金期はこない無様な試合せんかったけどなぁ~
OBが泣くぞ。」

海宝コーチもじっと聞いている。

野次の続き
「ユニフォーム脱げや。
お前らにそれ着る資格あれへん!
野球以外何もできひんくせに

試合くらいちゃんとせーや。
決勝やぞアホンダラ!」

バトルスタディーズ88

海宝コーチの後ろに立っているのは

バトルスタディーズ88

金川、帽子を取る。

長野
「・・・金川さん!?」

マリオ
「!?」

部長
「・・・おい、金川何してる!
投げないって言っただろ。
座っとけ。」

海宝コーチは無言。

マウンド上の天津、フォアボールで歩かせてしまう。

観客
「おいおい、投手替えろよDL
試合捨てる気かぁ?」

ここでタイム。

スポンサードリンク

観客
「4回表4点差で1塁か・・・
こりゃ厳しいぞ
DLはまだ平からノーヒットやし・・・
DL・・・
夏出れるんか?」

平が天津に
「おい、ピッチャーのオレに打たれて心折れたか?
来年心配やのぉ?天津。」

うつむいている天津。

薬師寺
「平!いらんこと言うな。」

「ハイハ~イ」

早乙女は笑っている。

薬師寺
「アイツはホンマ・・・」

DLベンチ。

金川はずっと海宝コーチの後ろに無言で立っている。

部長
「金川っ!
いい加減にしろ!!
我慢だ、チームの為だ!
座れ!」

しかし

バトルスタディーズ88

バトルスタディーズ88

バトルスタディーズ88

部長
「!?
何!?」

バトルスタディーズ88

部長
「金川待て!
おい、善一止めろ!!
善一!!」

海宝
「指導者として、これ以上教え子に生き恥かかせるわけにはいかんでしょう」

部長
「夏に響いたらどうするんだ!?」

海宝
「こいつらは今を生きてます。」

部長
「そのときの感情で動くのは・・・

海宝
「金川の穏やかな目を見たでしょ。
ここで出さなかったら・・・
金川の名誉を傷つけることになります。
後悔させたくない。」

金川がブルペンに向かう。

部長「・・・・」

長野とマリオ
「っしゃー!!
きたーー!!」

「天津!もうちょっと頑張れ!!」
「大丈夫や!」

天津「?」

キャッチャー八雲
「騒がしい」

烏丸「!?」

古谷「まさか・・・」

長野達
「今金川さん肩作られてるから辛抱せえ!」
「ガンバレ!」
「金川さんに繋げ!」

バトルスタディーズ88

–88話ここまで

次回 バトルスタディーズ 89話へつづく

○感想

金川、満足に練習もできてなかったと思いますが・・・

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑