ワンピース 845話 怒りの軍団

公開日: 

サンジとの決闘の後、ルフィは地面に寝転がっている

スポンサードリンク

ナミ
「ルフィ ホントに待つ気?・・・ここは敵地のど真ん中」

ルフィ
「ゼェ、ゼェ・・・まつ」

ナミ
「パウンドが言ってた・・・将星を討ち取った者の末路 嵐と共に押し寄せるビッグ・マムの復讐の軍団に瞬く間に抹消される」

ルフィ
「・・・」

ナミ
「敵なら来るけど・・・サンジ君は・・・」

ルフィ
「サンジは来る”・・・おれはここで待づ・・・!!」

その時、ぞくっとするナミ
「えっ」

見上げると・・・

ナミ
「急に暗雲が・・・!!」

ガタガタと震え出すキングバーム
「・・・!! ああ・・・」

ナミ
「! どうしたの!?キングバーム!!」

キングバーム
「あの山はママの住むホールケーキ城・・・!!ママが怒ってるジュ・・・!!」

ワンピース845

スイートシティの住人達も空を見上げている

「プロメテウス様と・・・ゼウス様が暴れてる・・・!!」
「ママがお怒りに・・・!!」

そこに大軍がやってくる

「クラッカー様の仇討ちの軍隊が編成された!!道を開けろォ!!怒りの軍団が通るぞ!!」

ジェルマ66の猫車とすれ違う

ニジ
「どうやら麦わらを捜して討ち取りに行く様だな・・・!!」

サンジ
「・・・!!」

ヨンジ
「あの場所でお前を待つと言ってたな・・・!!

ワンピース845

ルフィの言葉
“おれはここで待ってるからな!!”
がよぎるサンジ
「・・・」

ヨンジ
「まァ、あの大軍を見て逃げねェ程 あの船長もバカじゃなかろうが・・・!!ハハ・・・」

雨が降ってくる・・・

ナミ
「雨だ・・・ 違う・・・コレ・・・水あめ!」

仰向けに寝転がっていたルフィは俯せになる

ナミ
「?」

ワンピース845

場面はホールケーキ城

昼食の場へと向かって歩いているビッグ・マム

スポンサードリンク

そこにぬいぐるみを持った小さい女の子がやってくる
「ママ!!」

ビッグ・マム
「ん?」

女の子
「ママママ!!料理長が包丁を貸してくれないのよ、ぬいぐるみを切りたいのに」

ビッグ・マム
「そりゃ困ったねェ ドルチェ、ドラジェ 借りてきてやんな!!」

風船で浮かんでいるドルチェとドラジェ
「イヤだよママ!!アナナに包丁を渡すとおれ達の風船も割るんだぜ!!」
「そうだ!!あいつは悪い奴だ、いつかころしてやる!!」

柱に隠れている子供?
「そういう悪い言葉は使っちゃダメよねママ」

ビッグ・マム
「ハハハ・・・誰にだってころしたい人間の100や200はいるもんだ!!仲良くやんな、我が子達

明日はプリンお姉ちゃんの結婚式だよ♪ さァ、対面だ!!婿の家族に!!」

昼食の場に集まったビッグ・マムとプリン、ヴィンスモーク家

ビッグ・マム
「ハ~ハハハマママママ!!よく来たね “ジェルマ66” !!遅れて悪い、少々問題が起きてね!もう大丈夫

ワンピース845

明日は良き式に・・・!!」

ビッグ・マム
「ああ、そうしよう!!」

ワンピース845

他にもパンケーキなど、用意された食べ物達が陽気に歌っている
「食べてー♪」
「食べてー♪」
「おーれーかーらー食べて~」

ワンピース845

構わずパンケーキを食べるヨンジ
「騒がしい食卓だ・・・!!」

パンケーキ
「ギャ~ウ♪いーかが~う~まい~?」

サンジに紙きれを渡すプリン
「・・・サ・・・サンジさん」

サンジ
「! ・・・」

そこには “あとで2人きりでお話を” の文字

場面はルフィ達へ

キングバーム
「お~・・・マズイジュ マズイ・・・」

ナミ
「ルフィ!!お願い、隠れるだけでいいから!!少しくらい離れたっていいでしょ!?ここを」

立ち上がったルフィ
「ダメだ・・・!!
その間にサンジが来るかも知れねェ・・・!!
お前ら少し離れてろ!!」

ワンピース845

ホールケーキ城内・・・プリンの部屋

プリン
「ごめんなさい・・・!!ルフィ君達との約束を守れず 私のせいで彼らを危険な目に・・・」

サンジ
「・・・そうか どうやって監視だらけの海を抜けて来れたのか不思議だったんだ・・・だがどの道おれは・・・海岸へは行かなかった・・・」

プリン
「!? 招待状の件なら・・・!!娘の私が罪を被れば何とかなると・・・!!とにかく式に出ては終わりよ!!

政略結婚に慣れたママは・・・逃げ出しそうな結婚相手にブレスレットをはめるの・・・!!それをつけられて島を出ようとすれば」

袖をまくって錠を見せるサンジ
「・・・爆発するんだろ?」

プリン
「!? あ・・・」

サンジ
「鍵はキミのママが持ってる 奪いたきゃ・・・ “ビッグ・マム海賊団” を倒すしかない」

プリン
「・・・まさか・・・もうママの手が・・・!?」

サンジ
「そうだな・・・手も回ってるし・・・!!そもそもおれの周りには味方なんか1人もいねェのさ」

プリン
「え!?」

顔のパックを剥いでボコボコにされた顔を見せるサンジ
「・・・ちは繋がってても・・・このザマだ・・・」

プリン
「!! その傷・・・!!」

サンジ
「おれの存在はあいつらにとって “落ちこぼれ” で許せねェらしい・・・!!
王族に生まれて幸せだと思った事は一度もない!!だから海へ出たんだ あるかねェかもわからねェ場所を目指して・・・
だがこの結婚に抵抗すればおれも仲間も全滅だ 更にはイーストブルーにいるおれの本当の親同然の “大恩人” の命も取られちまう
右を見ても左を見ても逃げ道なんかない・・・だから抵抗をやめると決めた
・・・それを条件に・・・!!ビッグ・マムに仲間達を見逃して欲しいんだ 今まさにルフィ達が狙われてる・・・!!」

プリン
「・・・!!ごめんなさいっ!!私の母が・・・あなたをこんなにも追い込んで」

サンジ
「やめろ!!プリンちゃんが謝る事じゃない!!
13年前まで・・・おれは地獄にいたんだ・・・またそこに帰って来ただけの事・・・むしろ13年の間、地獄を離れられて幸せだった・・・
言わば出会った全員が恩人だ・・・誰も傷つけず消えたい」

プリン
「・・・」

サンジ
「おれの冒険は これで終わりだ・・・!!」

プリン
「う・・・」

サンジ
「! おい・・・泣かないでくれよ おれがみじめだろ・・・!!」

プリン
「わ・・・!!私は・・・!!ザンジさん・・・!!」

サンジ
「!?」

ワンピース845

固まるサンジ

プリン
「あ!!ごめんなさい私・・・!!何言ってるんだろ!!あなたが深刻に悩んでるのに!!したくない結婚だって地獄に決まってますよね!!
人の悩みに割り込んで!!恥ずかしい!!ごめんなさい!!」

サンジ
「・・・ ・・・!!」

ルフィは大軍と真っ向から戦っている

プリン
「昨日今日会ったばかりの私に・・・あなたの心の穴を埋められるわけもないのに!!それに第一・・・
結婚するなんてサンジさん、一言も口にしてないのに私・・・!!」

雷鳴が轟く・・・

プリンの腰に手を回して抱き寄せるサンジ
「君は・・・ “救い” だ」

プリン
「!」

サンジ
「・・・もし・・・おれでよければ」

プリン
「サンジさん!」

ワンピース845

–845話ここまで

次回 ワンピース 846話へつづく

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑