僕たちがやりました 79話 バックトゥザフューチャーズ

公開日:  最終更新日:2016/11/14

今回はトビオ、27歳の誕生日の話。

スポンサードリンク

週刊ヤングマンボ編集部。

売り出し中のアイドルユニットが編集者に挨拶している。

「上目遣いと左利き♪
セクシー担当、岸本現実(リア)です。」

「おバカすぎて赤信号!
だけどリーダー♪渡辺羅真々(らまま)です。」

「みんなの警備担当!
霊長類最可愛♪
良田佐オリです。」

「世の中知ってる事だらけ!
初耳なんてない♪
今出紫与です。」

全員
「4人合わせてホバーボードアイドル!!

僕たちがやりました79

編集
「・・・はぁーい、ありがとうございます。
お座りくださぁい。
えー・・・
なるほど。
あと何かあります?
マネージャーの、えっと・・・

僕たちがやりました79

トビオ
ホバーボードを使ったパフォーマンスアイドル!
”ホバドル”として若いこの間でジワジワキテまして!
その層とこちらの雑誌の読者層もマッチしてると思うんですよ!

僕たちがやりました79

ウチも今この子達推してますんで!
売り出すためならなんでもやります!
バックトゥザフューチャーズ!」

編集
「あー、じゃあ・・・
水着とかは?」

トビオ
「そりゃもうぜひ!
よろしくお願いします!!」

編集室を出てエレベーターに乗ったトビオたち。

今出
「・・・息臭くなかったあの編集さん。」

岸本
「わかるー、めっちゃおっぱい見て来たー。」

僕たちがやりました79

トビオ
「いま完全に売れかけてるんだから!
謙虚にいかないとここで終わるよ!?」

今出
「じゃあもっとすごいプロデューサーとかに会わせてよー。」

渡辺
「やすたか的な?」

岸本
「そーそー売れる♪」

今出
「トビオちゃんチョコとか持ってない?」

スポンサードリンク

事務所に戻ったトビオ。

僕たちがやりました79

トビオ
「厳しいっすねー。
さすがにあの子らにヤング誌のグラビアは早かったかなって感じっす。」

上司
「まぁなー。

僕たちがやりました79

トビオ
「わかってんすけどね・・・」

上司
「そこをなんとかコントロールするのがマネージャーの仕事!
タレントのモチベーション上げて!
売り込んで仕事取ってくる!
オレがビーベックスいた時はなぁ・・・」

トビオ
「あー、すいません、俺今日そろそろ帰ります。」

上司
「なんで?」

トビオ
「誕生日なんで。」

「彼女が?」

「俺が。」

「・・・まぁ、お前も大事な時期だかんなぁ!
そーいや結婚式場とか決まったの?」

「まさにそれ探してるとこっす!」

「面倒くせえぞー。
その後の式のプランとか諸々!
帰れ帰れ!
売れ方100個考えて来いよー!!」

「101個考えてきまーす!」

トビオは彼女にラインで”今から帰る”とメッセージ入れて事務所を出る。

家につき、玄関開けて中に入る。
「ただいまー。」

返事はないし、電気が消えている。
「あれ?
おーい。」

電気をつけるとテーブルの上にバースデーカードが置いてある。

彼女が後ろから抱きつく。
「おかえり♪」

僕たちがやりました79

トビオ、彼女を抱きしめて
「ただいまぁ
夏っちゃーん。」

ちゅーをして、彼女はキッチンへ。
「今日はトビくんのご要望通り!
カレーライスでございまぁす。」

僕たちがやりました79

「ダメだって
ごはん先でしょ?」

「夏っちゃーん。」

テレビのニュース
「・・・今日未明、建設工事現場で銅線が盗まれる事件がありました。」

食べ終わって・・・

トビオ
「ごちそーさまでしたー。」

「・・・トビくん。
何かあったでしょ。」

「んー、まあ仕事キッツいよう。」

「やっぱりね。
トビくんのことなら私全部わかるよ。
いまはおっぱい触りたいと思ってるでしょ。」

僕たちがやりました79

彼女、ブラにチケット2枚挟んでいる。

トビオ
「!
何これ?」

「バースデープレゼント♪
トビくんの好きなサッカーのレアルのチケットなり。
新婚旅行、スペインとかどうですか?」

「夏っちゃん・・・
愛してるぅ。」

「私もだよ、トビくん。」

二人がいちゃついている間、トビオの携帯には公衆電話からの着信が・・・

–79話ここまで

次回 僕たちがやりました 80話へつづく

○感想

なんか彼女が今宵ちゃんっぽい。

レンコとはどうなったんでしょうか。

現場泥棒は伊佐美かマルの仕業?

気になることだらけ。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑