ワンピース 846話 タマゴの警備

公開日: 

スイートシティの外れ・・・
容赦なく襲い掛かる怒りの軍団・・・!!

スポンサードリンク

ルフィ
「ナミィ!!」

ガレット
「・・・油断したわ・・・まさかこんな小娘が

ワンピース846

ナミ
「ウ・・・ 私にはあんな大きな雷雲作れないけど・・・!!ビッグ・マムの雷雲を利用する事はできる・・・!!」

キングバームに乗っている刀を持った女・アマンド
「名刀 “白魚” 」

キングバーム
「違うんジュ、わしらは裏切ったわけじゃ・・・アマンド様ァ!!」

ワンピース846

ひど思い”に”・・・!!」

アマンド
「一瞬で斬り捨てるなんてころす意味がない・・・!!1番痛く苦しい速度で私は斬る・・・!!」

羽ばたいている本の上に乗っているモンドール
「マジかよ麦わら!!とても一晩中クラッカーの兄貴と戦ってたとは思えねェ!!
チェス戎兵も弱かねェぞ!?ゴミみてェに潰しやがって!!」

首の長い?2人が笑っている
「ハハハハハ!!」

ナミ
「ルフィ!!」

ルフィ
「ゼェ・・・ゼェ・・・」

生クリームで攻撃してくるオペラ

ワンピース846

それに触れたルフィ
「うわああああ!!痛ェ!!」

オペラ
「それが生クリームの・・・!! “甘い” という力ファ!!ファファファ!!甘いクリームがスイートすれば」

巨大化した腕に武装色をまとって突っ込んでいくルフィ
「・・・!? この・・・!!」

オペラ
「やがて体中が焦げ落ちるファ!!」

次の瞬間・・・

目の前の光景が別世界のように変わる

ワンピース846

ルフィ
「・・・ここどこだ!?ハァハァ・・・」

すると・・・

ボッボッ・・・

燃えるように窓に穴が開き・・・

そこから出てくる銃を構えたモンドール
「ここは・・・ “本” の世界!!」

ワンピース846

本は閉じ、元の世界に戻ったルフィ
「?」

しかしルフィは攻撃態勢に入った巨漢2人に挟まれていて・・・

「クリ~ム!!パンチ!!」

武装色をまとった前後からのパンチをもろにくらって倒れるルフィ

ナミ
「ルフィ~!!」

縦真っ二つにされたキングバーム

ナミ
「キングバーム!!」

ワンピース846

「あ!!」

ビッグ・マムのビブルカードを手に取るアマンド

ガレット
「ホーミーズであるチェス戎兵達がまともに戦えなかったのも・・・あんた達が迷いの森から出てこれた理由も!!

やっとわかった なぜあんたがママの “ビブルカード” を持ってんの!?」

アマンド
「 “ローラ” と書いてあるわ」

モンドール
「ローラ!?・・・あいつから奪ったのか!?」

ボビン
「何てこった、ころされたのか あの家出娘!!」

首の長い2人
「ローラ」
「最期の言葉は!?」

ナミ
「違う!!友達よ!!貰ったの!!」

ガレット
「・・・どうだか・・・!!」

アマンド
「ママに話すんだな・・・残念ながら指令はお前達の生け捕りだ・・・行くぞ」

モンドール
「あー何てこった ほとんど戎兵をやられちまった」

巨漢の男に掴まれて連れていかれようとするルフィだったが・・・

地面を掴むルフィ
「・・・おれ”は」

巨漢の男
「ん?」

ルフィ
「ここで・・・!!」

ルフィを踏み潰す巨漢の男

場面はホールケーキ城・・・

ビッグ・マム
「いいよ」

サンジ
「!? え・・・!?ホントか!?」

ビッグ・マム
「ああ~・・・ホントだよ 筋道さえ通ってりゃ、おれァ話のわかる女なんだ!! “現” お前の仲間 “麦わらの一味” を全員生きてこの島から出す
約束しようじゃないか!!お前に逃げる気がなくなり、大人しく結婚するなら色んな事に目をつぶろう・・・!!」

サンジ
「ありがてェ!!・・・おれァ必ずプリンちゃんを幸せにするよ」

ビッグ・マム
「ハ~ハハハ おー随分、娘にホレてくれたね 何よりだ!
言っとくがね・・・麦わら達がこのおれにした事は・・・ “本来” 許される事じゃねェぞ!?
“迷いの森” を破壊し・・・ウチの “将星” を1人消し・・・さらに!!魚人島ではおれの菓子を食ったあげく、おれに喧嘩を売った!!」

サンジ
「・・・」

ビッグ・マム
「・・・だが今はお前達の結婚だけが最優先!!うまくいけば明日の今頃は・・・ “ジェルマ” の軍事力を得て・・・
みんなでお~いしい~ウェディングケ~キを食ってる頃さ~お前が逃げなきゃ全てが丸く収まるんだ、サンジ~」

サンジ
「・・・ああ」

スポンサードリンク

ホールケーキ城内・・・ “宝物の間”

そこには沢山の兵達と数人の幹部?・・・そして3将星の1人・スムージー

タマゴ
「・・・全世界において!!数百年もの間、決して砕ける事のなかった碑石のテキスト “ポーネグリフ” は約30個存在すると言われているのだボン!!

ワンピース846

タマゴ
「・・・しかし最後の島ラフテルに行く為には赤い石 “ロードポーネグリフ” が4つ必要!!」

ワンピース846

女性
「スムージー様!!」

タマゴ
「先日、ジンベエがもたらした石1つを含め」

搾られる女性
「スムージーさ・・・ま~」

タマゴ
「我がビッグ・マム海賊団は “ポーネグリフ” を2つと・・・ “ロードポーネグリフ” を1つ!!計3つの石を有しているブプレ」

しわしわに干涸びた女性
「ああああ~~」

ジュース大臣でスイート3将星の1人・14女のスムージー(懸賞金9億3200万ベリー)
「大切なのはわかっているが・・・なぜ今、急に警備を強化したのだタマゴ・・・!!

ワンピース846

タマゴ
「・・・ええ、恩にきるでルネサンス ・・・5年程前、この島に現れた元海賊船長 ミンク族の “ポーネグリフ” 泥棒がどうやら今・・・再びこの島に潜入してスフレ・・・
・・・当時、ペコムズの嘆願で命を拾った男が・・・なぜまた挑むのか、ペドロ!!
・・・とかく赤い石 “ロードポーネグリフ” は言わば “海賊王” への道っ!! “四皇” 同士が奪い合うレベルの代物なのだボン
我々はママの為、命を賭してこの “切り札” を守りきるでショコラ!!」

抜け出した魂で宝物の間に入り、その話を聞いていたブルック
「・・・」

宝物の間のそば “酒貯蔵庫” の体へと戻ってきたブルック

ペドロ
「増えた!?」

ブルック
「ショーセイと呼ばれてました」

ペドロ
「将星!?大幹部の事だ・・・!!絶望的だ、いよいよもって完璧な警備・・・!!夜間にも一瞬のスキもない・・・!!

タマゴにおれの存在がバレた時点で望みは消えたのか!?・・・ルフィ達も難航している時に・・・我々くらいスムーズに任務を終えたい所・・・」

ブルック
「・・・私、先日ペドロさんの話感動しました ルフィさんが海賊王になる為には “ロードポーネグリフ” はいつか必ず必要になる石
・・・しかしまたここへ来るのはきっと至難の業です・・・!!・・・むしろ本気で来ようとする程、正面から戦う事になり・・・とてもみんなでここへ辿り着く事はできない・・・!!
・・・今は類いまれなるチャンスなのかも知れない」

ペドロ
「・・・だが切り込めば2人共しぬ・・・!!」

ブルック
「タマゴ男爵の狙いは?」

ペドロ
「・・・おれだな」

ブルック
「ペドロさん、囮になってくれませんか?」

ペドロ
「・・・おれもちょうどそれを考えてた」

–846話ここまで

次回 ワンピース 847話へつづく

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Comment

  1. Ю39 より:

    ルフィとナミが大ピンチに・・・シンベエはジンベエはどうなった!?

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑