フェアリーテイル 511話 空腹地獄

公開日: 

スティング
「アンタ何者なんだ 何でナツさんと同じ匂いが」

スポンサードリンク

レクター
「その人も “ドラグニル” の姓を持ってるんです」

ユキノ
「正確にはナツ様はゼレフの弟であり・・・目の前の方はゼレフの息子だと・・・」

フェアリーテイル511

スティング
「いや・・・今の話が本当だとしたら こいつがナツさんと同じ匂いなのはおかしい
ゼレフと同じ匂いならわかる。
けど実際にはナツさんとゼレフは別の匂いだ」

カグラ
「・・・」

スティング
「人の匂いってのは兄弟でも親子でも違う 
けどコイツはナツさんと “同じ” 匂いなんだ」

ラーケイド
「それはある意味、ナツもゼレフの子だからね」

攻撃するラーケイド

しかしスティングは全部食べちゃう!

フェアリーテイル511

スティング
「言ったろ?オレに “光” や “白い” ものは効かねえ、ホーリーレイ!!」

フェアリーテイル511

ラーケイド
「くっ」

攻撃を放った後すぐにラーケイドの目の前まで間合いを詰めたスティング
「ホーリーノヴァ!!」

フェアリーテイル511

しかし余裕の表情のラーケイド
「なかなかやっかいな相手だ だが・・・

フェアリーテイル511

ぐうううぅぅぎゅるるるる

腹が鳴るスティング
「うお・・・」

ユキノ
「スティング様!」

ラーケイド
「この空腹感には耐えられない」

スティング
「ああ あ・・・力が・・・出ねえ・・・」

背中の十字架をスティングに投げるラーケイド

もろにくらって吹き飛ばされるスティング
「ぐああっ」

レクター
「スティングくーん!!」

スティング
「レクター・・・」

レクター
「スティング君!!スティング君!!」

スティングの視界がぼやけていき・・・

フェアリーテイル511

レクター
「スティング君しっかりー!!」

フェアリーテイル511

ラーケイド
「さあ召し上がれ」

レクターにかじりつくスティング

レクター
「スティング君やめて!!ボクですよ、レクターですよ!!」

スティング
「肉だ!!これは肉だ!!」

カグラ
「目を覚ませ!!」

しかし・・・

ユキノがカグラの肩にかじりつく

カグラ
「ユキノ!!」

ユキノ
「私・・・おなかが空いて・・・おなかが空いて・・・」

カグラ
「ユキ・・・ノ」

今度はカグラがユキノにかじりつく

レクターもかじられながらスティングにかじりついている

ラーケイド
「人の世は 欲に満ちている 共に食らいながら滅するがいい」

お腹を鳴らしながらも1人その場に立っているフロッシュ

ラーケイド
「・・・」

フェアリーテイル511

スティング
「!! くああっ」

フロッシュの言葉を聞いたスティングはレクターから口を離す

レクター
「ボクもおなか空いてるけど・・・スティング君になら・・・」

レクターを殴るスティング
「スマンレクター!!」

レクター
「がぷ」

他の皆も殴るスティング
「ユキノもカグラもスマン!!フロッシュも!!」

フロッシュ
「あう」

スティング
「ハア ハア ハア」

皆を気絶させたスティング
「空腹をこらえるにはこうするしかねえ」

ラーケイド
「へえ でもアナタの空腹はどうするつもりで」

スティング
「お前を喰う!!」

殴りかかるが簡単にかわされて、勢いのまま前に倒れてしまうスティング

スポンサードリンク

ラーケイド
「空腹では力が出ないでしょう」

スティング
「それでもオレは・・・」

立ち上がり向かってくるスティングの脇腹を抉るラーケイド
「無駄な事を」

スティング
「ぐはっ」

しかし倒れないスティング
「セイバートゥースのマスターだからな!!」

ラーケイド
「聞いた事もないギルドだ」

飛んできた十字架がスティングの右肩に突き刺さる・・・

フェアリーテイル511

ラーケイド
「フェアリーテイルでもないのに でしゃばるのはやめてもらいたいな」

スティング
「フェアリーテイルの為だからでしゃばってるんだよ」

刺さった十字架を抜き捨てるスティング
「オレ達を変えてくれたギルドだから ナツさんの為だから!!」

ラーケイド
「安心するがいい、そのナツの魂もすぐに自由になるでしょう この私が必ずころすと決めているからね」

その時・・・

倒れていたユキノが消え・・・そこにローグが現れる

スティング
「ローグ!?お嬢のテリトリーか!!」

ローグ
「悪いがオレにも力が残ってない お嬢の “デリバリー” だ、オレを喰え!!」

ラーケイド
「!」

スティング
「ローグ・・・お前」

フェアリーテイル511

スティング
「違う属性の魔法なんか喰える訳・・・ ・・・!! 喰うしかねえ!!」

ローグ
「人間には3つの欲がある 性欲・・・食欲・・・そして睡眠欲」

食べ続けるスティング

フェアリーテイル511

ラーケイド
「私の与える最後の欲は睡眠欲 
しかしそれは永遠の眠りを意味する」

スティング
「ごちゃごちゃうるせえ!!」

その場に倒れ込むローグ

スティング
「アンタの匂いマジで気に入らねえ」

ラーケイド
「私はあなたのようなザコが息をしている事が気に入らない」

フェアリーテイル511

ローグ
「行け、白影竜」

スティング
「燃えてきたぜ」

ラーケイド
「見せてやろう、抗えぬ欲の魔 “R・I・P(レスト・イン・ピース)” を・・・」

–511話ここまで

次回 フェアリーテイル 512話へつづく

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑