七つの大罪 201話 共闘する者たち

公開日: 

羽が生えたエリザベスに驚くディアンヌとキング。

スポンサードリンク

ディアンヌ
「エリザベスが め・・・め・・・女神族・・・!?」

キング
「まさか・・・ありえない・・・そんなバカな・・・!」

エリザベス
「メリオダス、この前の話なんだけど」

メリオダス
「ん」

エリザベス
「あの・・・ね?」

メリオダス
「その話はまた後で。
今は仕事が最優先だろ」

エリザベス
「・・・うん」

メリオダス
「よし3人とも!!出発するぞ!!」

飛び立つ2人

七つの大罪201

七つの大罪201

キング
「ディアンヌ、ここは三千年前のブリタニアなのかもしれない」

ディアンヌ
「えぇ!?」

キング
「女神族がこうして目の前にいるなんてありえない事だよ 彼らは大戦で力を使い果たし、実体を失ったはずなんだ
・・・このブリタニアもそうさ オイラ達の知る景色がどこにもない

七つの大罪201

ディアンヌ
「あ・・・ でもさ、三千年前にエリザベスがいるのはどうして?」

キング
「た・・・確かにエリザベス様にそっくりだけど きっと他人の空似さ・・・」

ディアンヌ
「・・・ひとまずボクたち、巨人の王と妖精王として行動する方がいいかも・・・!」

キング
「・・・だね」

メリオダス
「森を抜ければ化石の谷だ!!準備はいいな!?」

ディアンヌ
「へ?じ・・・準備ってなんの・・・?」

メリオダス
「寝ぼけんなよ!谷にある人間の集落が襲撃を受けてるって情報を聞いて来たんだろ」

ディアンヌ
「あ・・・ああ そ・・・そうだったね」

ディアンヌ
「!!」

その集落に到着

七つの大罪201

七つの大罪201

キング
「な・・・なんておびただしい数だ・・・」

震えるディアンヌ
「ひどい・・・ひどいよこんなの」

キング
「一方的な虐さつだ!!」

目の前の魔神の群れにキングも震え出す
「この敵をどう相手にしろって・・・」

大剣を持った右腕に力を入れるメリオダス
「おおおおお」

七つの大罪201

ディアンヌ
「メリオダス す・・・すごい!!」

スポンサードリンク

キング
「ま・・・まいったな 
オイラ達じゃ完全に足手まといだよ・・・」

その時・・・

七つの大罪201

振り返る2人
「!?」

キング
「こ・・・この魔神は!?
魔力が桁違いに高いぞ!!」

ディアンヌ
「に・・・に・・・逃げようキング!!」

メリオダス
「〈十戒〉”背信” のカルマディオスだ!!
戒禁にかかりたくなけりゃそいつらから絶対に逃げるな!!」

ディアンヌ
「じっ・・・じじ十戒!?そんな~ 逃げるなって言われても」

七つの大罪201

ぶっ飛ばれてしまうディアンヌ
「ぎゃっ・・・」

キング
「ディアンヌー!!」

カルマディオスはキングに向けて口から攻撃を放つ

素早い動きで余裕でかわすキング

七つの大罪201

「オイラのディアンヌに・・・よくも!!うわあああっ」

向かってくるカルマディオスの体を貫くキング

七つの大罪201

キング
「・・・!!これが・・・妖精王、本来の魔力」

土煙の中から出てくるディアンヌ
「キ・・・キング~」

キング
「ディアンヌ!ぶ・・・無事なのっ!?」

七つの大罪201

拳に力が入るキング
「戦える・・・!!今のオイラ達ならいけるぞ!!」

七つの大罪201

–201話ここまで

次回 七つの大罪 202話へつづく

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑