冒頭、回想から。

12月初旬
(ユース・擬似ユース合宿期間中)

 
 
 
 
スポンサードリンク


 
 

武田
「どうでしたか山形 
先輩には会えました?」

ハイキュー233

試合開始約20分前

選手達はウォームアップしている

烏養
「いつもより高くなー!」

烏養の言葉を思い出す武田

烏養
「予選やった仙台市体育館は国際試合もやる結構デカい会場だったし、ある程度耐性はついてるだろうけど東京体育館は当然初めての場所だし更にデカい会場だ
距離感がちゃんと掴めるまで多少の時間がかかる事は覚悟しとかねえとな」

オーバーハンドでパス練する日向と成田

ハイキュー233

ミスしてしまう日向
「ア゛ッ」

成田
「オェーイ 丁寧にー!」

日向
「ア゛イ゛ッ」

スポンサードリンク

両手を擦り合わせる菅原
「うう~!やっぱ緊張すると手がなかなか暖まんねーんだよなー!」

影山
「手袋要りますか」

菅原
「いや大丈夫、お前は緊張とかしねえの!?」

影山
「します、今はしてません」

菅原
「なんだよ」

影山
「ここは通過点スから」

影山の尻を蹴る菅原
「クソ大物め!」

影山
「!?」

アタック練習をする烏野

烏養
「お前はシューズ来るまで止めとけ」

日向
「うぅぅ・・・ハイッ ボール拾いますっ」

スムーズにボール拾いをこなす日向を見て目を丸くする烏養

そして話は現在へ
(公式ウォームアップが終了、日向のシューズも無事到着)

整列する両校

ハイキュー233

武田
「正直、皆の緊張しすぎを懸念していましたが大分緩和されたようですね」

烏養
「主に日向な、ハプニングのお陰というか何というか・・・」

谷地
「そして清水さんのお陰ですね」

→次ページへ

スポンサードリンク