ゴール前の大柴、自分の所に来たボールはスルーさせて佐藤に渡す。

 
 
 
 
スポンサードリンク


 
 

そして佐藤によるミドル!

これは惜しくもバー直撃!

しかしまだボールは生きている!

デイズ180

上手い!
反転で入れ替わった!!

大柴
「ワハハ見たか女!
俺こそ反転王子!!」

大柴は試合開始前、生方から電話を受けていた。

生方
「大柴先輩、聞いてください。
実は大柴先輩にはあまり細かい指示はありません。
ただ、いつも以上に難しい試合になるのは確実です。
だからこそ、大柴先輩にとってこの試合は、大きな意味を持つと思います。」

大柴、真剣に聞いている
「・・・・」

シュートを放つ大柴。

しかしこれは志村が大きくクリア!

実況
「1枚はかわしたが、カバーに来た2枚目はかわせなかった!!」

「惜しい大柴!!」

大柴「・・・」

鈴木と佐藤が大柴に声をかける
「ドンマイ」
「マイボだ。
切り替えていこう。」

大柴
「栄樹、栄太」

デイズ180

大柴
「存分にやれ。」

大柴は走ってポジションに行った。

佐藤と鈴木、顔を見合わせる

佐藤
「名前で呼ばれたんだけど。」

鈴木
「うん・・・
目は普通だったから正常みだいだけど・・・」

スポンサードリンク

実況
「聖蹟スローイン。
開始直後は積極的に前へ行きましたがここは慎重です。」

病院の生方とユキはテレビに集中。

実況
「聖蹟後ろで回します。
梁山の守備はコンパクトですね。」

ボールを持っている新戸部
「ちっ」

甲斐
「なかなか縦パスを入れられないな。」

丸山
「ああ、簡単に取られたら逆に危険だからな。」

しかしここで中の大柴が
「新戸部!!
俺だ!俺によこせ!!」

新戸部は大柴にパス。

しかし大柴には瀬戸がぴったりついている。

厳しいマークに大柴も苦しそう。

大柴
「ちっ
モブのくせに!!」

デイズ180

新納
「対人に強い瀬戸を大柴のマンツーマン。」

大柴
「ザコめ!!」

大柴、瀬戸を抜いた!

新納
「仮に抜かれても・・・」

志村が来た!

新納
「カバーリング能力の高い志村がフォローに入る、二重の策。」

秋子監督
「甘いわね。」

デイズ180

秋子監督
「大柴喜一。
彼には今日沈黙してもらうわ。」

加藤が奪う!!

→次ページへ

スポンサードリンク