豚の帽子亭、デリエリに壊されて臨時休業中です。

 
 
 
 
スポンサードリンク


 
 


「新〈豚の帽子〉亭~!?」

メリオダス、にしと笑って
「うむ!バルトラにも特別に費用を出してもらえてな!
そこで店のリニューアルに伴い、みんなの案を募集したいと思う!」

七つの大罪番外編

エリザベス
「じゃん!!たくさんのリボンがついた帽子なんてどうかしら!?リボンはキング様のクッションのようなふわふわ素材で空も飛べちゃうの!!」

七つの大罪番外編

ホーク
「あれ(神器)ってキングの魔力で浮かんでるんじゃ」

メリオダス
「だまりんさい」

ゴウセル
「全く機能的じゃないな」

ガーンとくるエリザベス

ゴウセル
「俺の提案は大安定のハット型酒場!!全ての階が同じ面積!!どうだ団長?」

メリオダス
「確かにこれなら客席数もドーンと増えるな」

七つの大罪番外編

ゴウセル
「・・・いや これで1番不当な扱いを受けていた俺もみんなと同じ広さの部屋に住める あくまで店は1階だ」

ホーク
「上全部、従業員の部屋かよ!!」

エスカノール
「僕の提案ですが、インパクト重視の兜型なんてどうでしょうかね?」

スポンサードリンク

ホーク
「〈豚の兜〉亭になっちまうだろ!!」

ズズン・・・と落ち込むエスカノール
「 “我が脳裏に浮かぶは塵芥のごときつまらぬ考えにすぎず・・・ああ・・・” 」

ホーク
「ポエムり始めやがった 面倒臭っ」

七つの大罪番外編

酔っているバン
「どーせならよぉ、呑み屋街を作っちまおうぜ~」

メリオダス
「バン、お前天才だな」

バン
「そんでな団ちょ?店ごとに地域性を出してよ~♪ 毎日ブリタニア中の酒が呑み放題♪」

エリザベス
「完全に従業員不足ですけど・・・」

エスカノール
「ですね」

七つの大罪番外編

ホーク
「俺は外見よりも中身で勝負かな!!店の床が擂り鉢状で、その下に俺の部屋を作るんだ!!

するとア~ラ不思議!床に落ちた残飯が全部俺の元に流れてくるって寸法よ!!うひょー」

七つの大罪番外編

一同
「・・・」

–おしまい

スポンサードリンク