小春
「あのー、まさかとは思うんだけど・・・
4人で寝るとか言わないよね?」

 
 
 
 
スポンサードリンク


 
 

ゆず
「まさか・・・
絶対やだしそんなの。」

小春
「あ、そーなんだ、だよねー。」

ゆず
「今までは交代制だったけど、これからはローテーションにするって。」

「なにが?」

「龍ちゃんがそれぞれの部屋で寝るの。
昨日はあたし、明日はあんた!」

「は・・はぁ~!!??」

ハレ婚12

龍之介
「じゃーお先。
二人共ご苦労様~。」

ゆず
「はいはいごゆっくりー。」

小春
「ちょっまさかお風呂も一緒に入るわけッ!?」

ゆず
「お風呂は義務じゃないけど、入りたければ入れば?」

「イヤイヤイヤイヤ
無理だからホント!!」

小春
「だってこんな・・・
回転寿司じゃあるまいし!!
嫌じゃないの?
あんたはなんとも思わないわけ!?」

ハレ婚12

 
 
 
 
スポンサードリンク


 
 

まどかの部屋。

まどか
「あっちに行きたいですよね。」

ハレ婚12

まどか
「・・・ずっと思い続けて、やっと手に入れた人なんでしょう・・?
あの人・・・」

龍之介
「・・・・」

まどか
「今夜は・・・・」

ハレ婚12

龍之介
「そーいうこと言われるとねえ。
僕も痛いんだよ。」

「・・・ごめんなさい。」

龍之介
「うんうん。
そーいうときはね、”ほかの女なんて忘れちゃうくらい・・・
気持ちイイことしてあげるわ”
って言うといいよ。
さあ、言ってごらん。
せーのっ」

ハレ婚12

だっダメです・・・
言えない・・
他のにしてください・・・」

「まどか・・・
燃えてきた。」

「え・・・!?」

→次ページへ

スポンサードリンク