サンジはプリンの邪悪な顔を見てしまった。

 
 
 
 
スポンサードリンク


 
 

プリン
「アハハハ!!ヴィンスモーク家の6人が明日、蜂の巣に!!会場は真っ赤に染まるわ!!
しぬ時も気をつけてよね?ウェディングケーキがちまみれになったら、ママが怒って会場がバラバラになっちゃう!!」

レイジュを撃つプリン

ワンピース851

プリン
「パーカッションロック式36口径 “ウォーカー” 弾丸は通称 “キャンディジャケット”
盾を構えた装甲兵を背中まで撃ち抜く威力・・・!!申し分 “なかった” でしょ? 

ワンピース851

プリン
「ふふふ、明日が楽しみハート 信じてた私に銃口を向けられるサンジの顔ハート

ゼリーのニトロ
「ギャハハハそりゃ楽しみ!!」

ジュウタンのラビヤン
「あいつ、お前ホレられてると信じ込んでるからな!!」

プリン
「ふふ・・・見物よね・・・

ワンピース851

プリン
「ねぇどうしたの、そっぽむいて あんたの弟の事よ?アハハハ プロポーズの言葉知りたい?・・・これが最高なの!!パックをはがすと見るも無惨なその顔!!」

サンジ
「・・・」

プリン
「涙を見せたら楽勝よ、男ってバカハート

花束と弁当を落とすサンジ・・・

プリン
「・・・そこでぐっと私を抱きよせ 絞り出す様にこう言ったの」

シュッシュ

サンジは煙草に火をつけようとするがライターの火が点かない

ワンピース851

ニトロ
「ギャハハハそっくりそっくり!!」

プリン
「ケッコンしよ~」

ラビヤン
「ガハハハハ!!」

スポンサードリンク

目を閉じているレイジュ
「・・・」

プリン

「こんな不細工な求婚ある??はーおかしい、誰が結婚するかってのよ!!お前みたいな “落ちこぼれ” と!!」
何度も火をつけようとするがライターに火は灯らない・・・

プリン
「せめてちゃんとした王子連れて来いってのよ!!」

ワンピース851

場面は宝物の間へ

ビッグ・マム
「なぜ立つんだ!! “ソウルキング” !!お前はサンジじゃなく、そんなに “石” の写しが欲しいのかい!?」

よろつきながらも立ち上がるブルック
「ええ・・・!!サンジさんはね・・・優しいんです」

ビッグ・マム
「!?」

ブルック
「・・・だから私、彼はもう帰って来ないと思った・・・お前達がどんな罠を仕掛けたか知らないが!!
彼は度を超えて優しいから!!誰かの為に犠牲になると決めたらもう動かない!!

ワンピース851

・・・私達はこの旅で大きな物を得たと言える様に!!
いただきます!! “ロードポーネグリフ” !!」

ビッグ・マム
「ママママ!!・・・お前の “最悪” はずいぶん程度が低いね!!サンジが戻らない!?それが最悪!?誰1人しなねェのかい!?みんなしぬかもしれない!!」

ブルック
「しぬ事を計画に入れるバカがどこにいますか、お嬢さん」

場面はミロワールド

脇をくすぐられるブリュレ
「ウィ~ッフィッフィッやめてー!!ウィッウィッフィ~!!や・べ・て・・・
くすぐらないれーっ!!言うー!!言うがら~っ!!」

チョッパー
「よしストップ、キャロット」

キャロット
「早く答えて、お城の鏡は!?」

ブリュレ
「フィ~ヒー・・・おぼえてろ・・・ゼーゼー いちいち覚えちゃいないよ!!鏡に聞けばいいだろ!!」

チョッパー
「! 聞く??」

ブリュレ
「鏡達は皆、自分に何が映ってるか分かってんのさ!!」

早速呼びかける2人
「鏡よ鏡!!お城の鏡はだーれ!?」

ワンピース851

チョッパー
「ルフィとナミとブルックとペドロとサンジを映してる奴はいるか!?捜してるんだ!!」


「誰?」
「どんな奴だ?」
「サンジ様はさっき通ったわ」

チョッパー
「う」

キャロット
「任せてチョニキ!私、似顔絵得意!!」

場面はプリン達のところへ戻る

プリン
「さて、お姉様・・・ハート 出けつ多量でしなれちゃ大変・・・それに」

レイジュ
「・・・」

プリン
「今見た私のはしたない姿を暴露されても大変!」

レイジュの頭に手をずぼっと入れるプリン

レイジュ
「え!?何!?」

プリン
「じっとしてて、すぐ終わる」

フィルムの様な物を抜かれるレイジュ
「う!!」

ワンピース851

ここに “流れ弾” に当たった兵士の記憶を貼って・・・ “編集(エディット)” はい終了」

ガクッ・・・と気を失ったようになっているレイジュ

プリン
「ふふふ、私との今の思い出・・・ “カット” ね 明日は楽しい結婚式にしましょハート 兵士を呼んで!医療室へ」

ニトロかラビヤン
「へい」

花束を置いて去っているサンジ・・・

→次ページへ

スポンサードリンク